【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鶴蝶の強さは?天竺最強の喧嘩屋のイザナとタケミチの関係を考察

東京リベンジャーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『東京リベンジャーズ(東リベ)』は、不良漫画としてもSF漫画としても楽しめるのはもちろん、不良たちの絆も見どころのひとつだといえるのではないでしょうか。

特に、関東事変のラストでは、喧嘩屋の鶴蝶(カクチョー)と天竺総長の黒川イザナの絆に、鶴蝶の幼馴染のタケミチだけでなく読者も涙したに違いありません。

そこで今回は、天竺最強の喧嘩屋・鶴蝶の強さと、イザナやタケミチとの人間関係について考察していきます。

スポンサーリンク

鶴蝶(カクチョー)とは

聖夜決戦後、東京卍會は横浜天竺に急襲されます。
タケミチたち壱番隊も例外ではありません。

そして、壱番隊のタケミチと千冬、肆番隊のスマイリーとアングリーは、天竺四天王の鶴蝶に誘き出され、鶴蝶対スマイリーのタイマンになります。

実はタケミチの幼馴染である鶴蝶は、タケミチとサシで話をするためにわざと東京卍會肆番隊隊長のスマイリーに負けたのです。天竺の総長である黒川イザナのためでしたが…関東事変では鶴蝶もタケミチも想像できない、衝撃的な結末を迎えます。

鶴蝶のプロフィール

天竺の四天王であり不良たちには「喧嘩屋」として知られている鶴蝶は、平成3年生の中学校二年生で、東京卍會のタケミチ、千冬、八戒と同い年です。天竺の四天王となる以前の、喧嘩屋としての実績についてはまだ判明していません。

頭頂部だけを坊主にして側面をがっつりと刈り上げた髪型が特徴的。しかし、現代ではセンターパーツのミディアムヘアになり、おとなっぽいと話題になっています。

右後頭部から左耳までとても目立つ傷があります。
さらに、傷のある左目は黒色の右目と違い白色となっており、カラーイラストではオッドアイであることがはっきりとわかります。ただし、左目が見えているのか見えていないのかは明らかになっていません。

関東事変後の現代では、イザナのピアスの絵柄を左胸に刺青として彫っています。

スポンサーリンク

鶴蝶のケンカの強さ

鶴蝶の喧嘩の強さ

出典:Twitter

『東京リベンジャーズ』では、天竺最強とイザナに認められた鶴蝶。小学校低学年の頃、喧嘩に負ける度に悔しがっていたのが信じられないほど強くなりました。

実際、スマイリーに「わざと」負けたといってもタケミチはまったく信じようとしていませんでした。

ここでは、関東事変で明らかとなった、喧嘩屋・鶴蝶の強さについて、作中のエピソードをもとに解説します。

天竺最強の喧嘩屋

天竺最強の喧嘩屋

出典:Twitter

不良のあいだでは『喧嘩屋』として知られている鶴蝶について、「鶴蝶の強さからしたら、他の四天王などゴミ。やはり天竺の主力は鶴蝶ひとり」とイザナがいうほど喧嘩に強いです。

ただし、イザナが天竺を旗揚げしてから、天竺のひとりとして喧嘩屋といわれるようになったのか、天竺旗揚げ以前から喧嘩屋といわれていたのかはわかりません。

黒龍八代目総長を引退した黒川イザナは、程なく不良の第一線から退いています。そのため、小学校高学年から中学校一年生までの鶴蝶は、イザナのもとで喧嘩をしていたとは考えにくいです。

スマイリーにわざと負けた

スマイリーにわざと負けた

出典:Twitter

関東事変前、鶴蝶とスマイリーはタイマンしています。体格では鶴蝶が上回りますが、年齢はスマイリーが2歳年上です。

このとき、最初は互角にやりあっていたものの、スマイリーに動きを見切られた鶴蝶が惜しくも負けるところまで見事に演じてみせました。

もちろん、わざと負けたわけですが…わざとではなかったとしても東京卍會肆番隊隊長と互角に渡り合えるくらいには強いといえます。

アングリー、イヌピー、千冬を瞬殺

アングリー、イヌピー、千冬を瞬殺

出典:Twitter

関東事変の中盤では、覚醒したアングリーが灰谷兄弟を瞬殺。そのアングリーでさえ、鶴蝶の敵ではありません。

それどころか、身長はあるものの比較的細身の鶴蝶は、アングリーだけでなく千冬とイヌピーまで、まとめて殴り飛ばしてしまうほどの腕力を見せつけたのです。

足技ではマイキーやイザナに軍配が上がりますが、投技だけなら鶴蝶は作中トップクラスの部類であることに間違いありません。

タケミチには「気持ち」で負けた

関東事変前、黒川イザナのために関東事変を阻止しようとしていた鶴蝶は、関東事変に乗り気ではありませんでした。

現代では殺害されている、恋人、親友、仲間の未来を変えようとしているタケミチとは覚悟が違いました。明らかに格上の鶴蝶相手に、タケミチは気持ちだけで立ち続けたのです。

結果、勝てなくても負けなかったタケミチは、駆け付けたマイキーにバトンを渡せました。タケミチの気持ちが東京卍會の勝機につながったのです。

最強の鶴蝶をもってしても、覚悟のない鶴蝶はタケミチに気持ちで負けてしまいました。

スポンサーリンク

鶴蝶とイザナの関係

鶴蝶とイザナの関係

出典:Twitter

両親を交通事故で亡くした鶴蝶は、児童養護施設でイザナに出会いました。

引き取られたばかりだった鶴蝶は、その日に死のうとしていました。「すげぇキズだな」と声をかけたのはイザナです。「オレがオマエに生きる価値をやる。今日からオレが王でオマエは下僕。オレの下僕として生きろ」とイザナが鶴蝶に言います。

この日から、王と下僕、そして兄と弟のようなふたりの関係が始まりました。

それ以来、どれだけイザナの思想が歪んでいようとも「イザナのためならよろこんで死んでやる」と鶴蝶は付き従っています。

しかし、関東事変ではマイキーに銃を向けるイザナに「オマエの情けねぇ姿を見たくねぇんだよ!」と、最初で最後に反発しました。

スポンサーリンク

鶴蝶とタケミチの関係

鶴蝶とタケミチの関係

出典:Twitter

幼稚園の頃からなのか、それとも小学生になってからなのか、ふたりがいつ頃から親しくしていたのかはわかりませんが、鶴蝶とタケミチは幼馴染です。小学校二年生のときに鶴蝶が引っ越すまで、ふたりは仲良くしていました。

当時、喧嘩に負けてばかりだった鶴蝶は、「悔しいぞタケミチ!」と大の字になって声を上げていました。そのたびに、タケミチは鶴蝶の仕返しをしていたようです。そのため、当時の鶴蝶にとってタケミチは「ヒーロー」のような存在だったそう。

関東事変前に再会したとき、当時のように「悔しいぞタケミチ!」と鶴蝶が叫んだとき、「カクちゃん!」とタケミチも思い出しました。「やーっと思い出したか、バカミチ」と鶴蝶が言っていることからも、とても気心の知れた関係だったことがうかがえます。

ちなみに、幼馴染の「カクちゃん」のことはよく覚えていたタケミチですが、「鶴蝶(カクチョー)」といわれても「カクちゃん」とは結び付いていないようだったので、もしかしたら「鶴蝶(カクチョー)」は本名ではないのかもしれません。

スポンサーリンク

鶴蝶の過去・現代

聖夜決戦後、東京卍會から追放された稀咲がイザナを利用しようとしたことで、イザナに付き従う鶴蝶の運命も大きく変わります。

ここでは、鶴蝶の過去と現代についてまとめます。

鶴蝶の過去

鶴蝶の過去

出典:Twitter

小学校低学年を幼馴染のタケミチと過ごした鶴蝶は、小学校二年生で引っ越して程なく交通事故で両親を亡くし、児童養護施設に引き取られました。そして、児童養護施設でイザナと出会います。

関東事変を阻止するため、東京卍會壱番隊隊長となっていたタケミチに「黒川イザナを救ってくれ」と頼みます。

しかし、関東事変は回避できず、東京卍會と天竺の抗争が勃発。総長同士のタイマンでマイキーに追い込まれたイザナは、マイキーに銃を向けるものの鶴蝶が阻止します。

マイキーが使えなくなりイザナを利用するしかない稀咲は、邪魔をする鶴蝶を銃で撃ちます。しかし、致命傷ではありません。確実に鶴蝶を殺そうとする稀咲の前に立ちはだかったのは、「体が勝手に動いちまった」というイザナです。

イザナは鶴蝶を庇って銃弾を浴び、倒れました。
「オマエしかいないから」と鶴蝶に笑いかけたイザナは、程なくして息を引き取ります。

関東事変後、ふたりが初めて出会った場所に土を盛った鶴蝶は、イザナのピアスを埋めて別れを告げたのです。

関東事変から2年後、関東卍會、六波羅単代、梵が衝突した三天抗争では、サウスの強引なスカウトによって六波羅単代に所属していた鶴蝶は、黒い衝動に駆り立てられるマイキーに追い込まれています。

鶴蝶の現在

鶴蝶の現在

出典:Twitter

聖夜決戦後の現代では、東京卍會の実質的なトップのイザナに付き従っている鶴蝶は、イザナの命令でタケミチを銃で撃ちます。

しかし、関東事変後の現代では反社会組織・梵天の幹部となっており、過去ではマイキーとの接点はありません。ただ、現代ではタイムカプセルを掘り出す日にマイキーを気にかける様子がみられます。

また、マイキーがタケミチを撃ち殺して自殺を図り、マイキーとタケミチがビルから転落してからの鶴蝶については不明です。

スポンサーリンク

まとめ

『東京リベンジャーズ(東リベ)』の鶴蝶は、関東事変では天竺、三天抗争では六波羅単代、そして、現代では梵天の幹部となっており、今後、物語の中心人物となっていくことは間違いありません。

三天抗争終了後、六波羅単代はどうなるのか、鶴蝶はどうするのか、そしてどのようにマイキーと関わっていくのか、気になるところではないでしょうか。

今後の鶴蝶の活躍を期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
東京リベンジャーズ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク