【決定版】おすすめアニメ120選

<script>” title=”<script>


<script>

橘直人がカッコいい!過去・現代やタイムリープ能力と記憶の上書きについて解説

東京リベンジャーズ

『東京リベンジャーズ(東リベ)』は、主人公の花垣武道(タケミチ)が恋人の橘日向(ヒナタ)のため、現代から過去にタイムリープするSF要素満載の漫画です。

タイムリープの「鍵」となるのが、橘日向の弟である橘直人(ナオト)です。

冷静沈着な犯罪組織課の刑事ですが、姉の葬式で泣き崩れたり、くじけそうになっているタケミチを激励したり、熱い一面を持ち合わせている、そんなギャップもカッコいいキャラクターではないでしょうか。

今回は、橘直人の過去と現代、そしてタイムリープの能力と記憶の上書きについて解説します。

アメリア
アメリア

単行本24巻までネタバレしてるよ!

スポンサーリンク

橘直人(ナオト)とは

『東京リベンジャーズ』では、恋人のため、親友のため、仲間のため、タイムリープを繰り返す花垣武道(タケミチ)にとって、恋人・橘日向(ヒナタ)の弟でもあり、理解者でもあるのが橘直人(ナオト)です。

また、タイムリープのトリガーであるため、タケミチはナオトがいないとタイムリープできません。

過去ではタイムリープしたタケミチと出会ったことで、現代では犯罪組織課の刑事になり、東京卍會を追い詰めようとしています。

泣いてばかりのタケミチとは対照的に、冷静沈着な性格のナオトですが、意外にも中学時代はオカルトマニアだったという以外な一面が明らかになっています。

アメリア
アメリア

初対面のタケミチのいう未来のできごとを信じたのは、「ボクはあの頃たまたまオカルト的なことにハマってたから信じただけです。普通は信じません」といっているよね!

橘直人のプロフィール

職業 刑事
生年月日 1992年4月12日
身長 175cm
体重 61kg
血液型 A型

平成三年生まれのヒナタと平成四年生まれのナオトは、いわゆる「年子」の姉弟です。2005年時点では13歳、2017年時点では25歳になっています。

東京リベンジャーズでは数少ない、暴走族でも不良でもない普通の男子中学生です。父親が警察官というのも関係しているかもしれませんね。

また、姉弟であるナオトとヒナタは、姉弟というわりに似ていません。ナオトは黒髪ですがヒナタは明るい茶髪ですし、ナオトは切れ上がりの目元ですが、ヒナタはぱっちりとした目元をしています。ナオトは父親似、ヒナタは母親似だからです。

過去のナオトとヒナタの父親は、現代のナオトにそっくりでしたね。

過去改変されたどの現代でもナオトは一貫して刑事になっています。過去のタケミチの言葉がきっかけで刑事となっているので、過去改変前の現代でどのような職業をしていたのかはわかっていません。

しかし、トリガーのナオトはこれまでの記憶を維持していることから、本人は刑事にならなかった自分のことも覚えているのではないかと思われます。

橘直人の声優は逢坂良太さん

『東京リベンジャーズ』の橘直人を演じているのは、若手人気声優の逢坂良太さんです。

『進撃の巨人』のマルコ・ボット役、『ハイキュー!!』の赤葦京治役、『ダイヤのA』の沢村栄純役など、少年漫画原作のアニメで活躍していますね。

スポンサーリンク

橘直人のタイムリープ能力について

『東京リベンジャーズ』ではタイムリーパーとして過去と現在を行き来するタケミチですが、自由自在にタイムリープ能力を発動させられるわけではありません。

タイムリーパーのタケミチは、トリガーのナオトと握手しなければ、タイムリープすることができないのです。つまり、厳密にいうとナオトはタケミチのタイムリープ能力の一部だということ。

ここからは、タイムリーパーのトリガーとしての、ナオトの能力についてまとめていきます。

タイムリーパーのトリガー

タイムリーパーがタイムリープするためには、トリガーと握手しなければいけません。現代から過去にタイムリープするときも、過去から現代にタイムリープするときも、タイムリーパーは現在と過去、それぞれのトリガーと握手しなければならないのです。

そのため、タイムリープしているタケミチは、現代に戻ろうとするとき、わざわざナオトに会いに行っています。

『東京リベンジャーズ』のタイムリープについては、タイムリープの当事者であり、状況を把握しているナオトが分析しています。

ナオトの推測ではあるものの、トリガーの条件は、タイムリーパー同様、どうしても過去に戻って未来を変えたいという意思を持っていなければならないということです。

タケミチもナオトもヒナタを救いたいという共通の目的を持っていました。

そのため、関東事変後はミッションコンプリートしており、マイキーのためにタイムリープしたいタケミチと、ヒナタが生きているので過去を変える理由がないナオトが握手してもタイムリープはできませんでした。

アメリア
アメリア

トリガーのナオトがタイムリープできるわけではないんだよ!

過去改変後も過去改変前の記憶の上書きと維持ができる

過去改変後も過去改変前の記憶の上書きと維持ができる

出典:Twitter

タイムリープしたタケミチが過去改変すると、その後の未来が変わります。そして、現代では改変前の記憶が残ることはありません。

ですが、トリガーであるナオトは例外です。
未来が変わるたび、ナオトの記憶は上書きされるだけでなく、これまでの記憶も引き継がれています。

「タケミチ君が帰ってきた瞬間に僕の記憶が上書きされた」「君が現代に帰ってきた瞬間、ボクの世界も一瞬にして変わった」とナオトはいっています。また「ボクの記憶が上書きされたということは、君が帰ってきたということです」ともいっており、現代に帰ってきたタケミチに会うため、アパートを訪ねたこともありますね。

実際に記憶が上書きされているシーンはありませんが、これまでのナオトの言葉から、記憶が上書きされるだけでなく、これまでの記憶を維持できることは間違いなさそうです。

アメリア
アメリア

変わる前の未来と変わった後の未来をどちらも記憶しているから、ふたつの未来を比較して、状況整理することもできたよね!

スポンサーリンク

橘直人の過去と現代

『東京リベンジャーズ』では、タイムリーパーのタケミチの「バディ」ともいえる橘直人は、タイムリープの過去改変によって、過去と現代が大幅に変化しています。

ここでは、ナオトの過去と現代についてまとめてみます。

橘直人の過去

過去のナオトは、警察官である父親のことが嫌いだったといいます。

ヒナタいわく「ウチのパパ忙しくて、あまり家に帰ってこなくてさ。ナオトはそんなパパが嫌いだったくせに、この前”お父さんみたいになる”って急に言い出して」とのことです。

それは、タイムリープしたタケミチから、12年後、ナオトとヒナタが死ぬことを知らされたからです。

ナオトはヒナタを守るために、警察官になることを中学一年生のときに決意しました。その後は、現代で犯罪組織課の刑事となっていることから、おそらくですが、真面目に勉強していたと思われます。

アメリア
アメリア

過去のタケミチとナオトは、最初は距離感があったけど、タケミチとヒナタが親密になるにつれて、ナオトとも親しくなってるよね!

橘直人の現代

タイムリープの過去改変により、現代のナオトは生き延びることができました。そして、電車にひかれて死ぬはずだったタケミチを助け出すことに成功。それ以来、犯罪組織課の刑事という立場を利用して、タイムリープするタケミチのサポートをしています。

血のハロウィン後の現代では状況が一変。
東京卍會に殺害されたヒナタの敵を取るため、刑事のナオトは東京卍會の幹部である松野千冬と、その協力者である羽宮一虎と手を組んでいます。

東京卍會幹部のタケミチの逮捕に踏み切ったのは、取り調べでふたりきりになったときを見計らいタケミチをタイムリープさせるためです。聖夜決戦後の現代は「これまでで最悪です」とナオトはいっています。

東京卍會の幹部をことごとく殺害したマイキーは、フィリピンに逃亡していました。フィリピンのマイキーから手紙を受け取ったタケミチとともにナオトもフィリピンに向かいます。

そして、マイキーに銃で撃たれそうになっているタケミチを助けるためナオトはマイキーを銃殺。フィリピンから帰国後は、タイムリープに備えて作戦会議を繰り返し、タケミチを見送っています。

関東事変前、現代で情報収集するために過去から戻ってきたタケミチと、現代の柴大寿に聞き込みをしていたところを東京卍會に襲撃され、ナオトはタケミチを庇って稀咲に撃たれました。

タイムリープしたタケミチがナオトと握手してもタイムリープできなかったことから、現代のナオトは死亡しているとみて間違いありません。関東事変の過去改変により、ナオトもヒナタも生き延びることができました。

アメリア
アメリア

「これが最後の握手です」といって、ナオトがタケミチに手を差し出すシーンは、本当に胸が熱くなったよね…。

スポンサーリンク

まとめ

『東京リベンジャーズ(東リベ)』では、タイムリーパーのトリガーとして、重要な役割を担っている橘直人。

関東事変後の現代では、トリガーとしての役割を果たし終え、トリガーではなくなりましたが、今後、刑事としてどのようにタケミチたちと関わってくるのかが注目されます。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料 呪術廻戦 漫画 全巻無料
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
東京リベンジャーズ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました