【決定版】おすすめアニメ120選

<script>” title=”<script>


<script>

【東京リベンジャーズ】原作の全巻ネタバレ解説 | 1巻から最新刊までの内容を解説

東京リベンジャーズ

『東京リベンジャーズ(東京卍リベンジャーズ)(東リベ)』は、元ヤンの底辺フリーターがタイムリープして恋人・親友・仲間を救うために過去をリベンジする、胸アツストーリーで話題沸騰の大人気コミックです。

タイムリープして過去改変することでその後の未来も大きく変化するため、不良漫画でありながら複雑なストーリーも魅力だといえるでしょう。

今回は、『東京リベンジャーズ』の原作全巻を包み隠さずネタバレ解説していきます。

スポンサーリンク

【東京リベンジャーズ】8・3抗争(1巻)~三天抗争(24巻)のネタバレ

1巻 タケミチが12年前にタイムリープ
2巻 愛美愛主との抗争が勃発
3巻 東京卍會の内部抗争勃発
4巻 8・3抗争でドラケン生存
5巻 タケミチが東京卍會に加わる
6巻 タケミチと千冬が相棒になる
7巻 血のハロウィンで東京卍會と芭流覇羅が衝突
8巻 タケミチが東京卍會壱番隊隊長になる
9巻 現代のタケミチは東京卍會最高幹部
10巻 タケミチが千冬にタイムリーパーだと打ち明ける
11巻 聖夜決戦で黒龍にカチコミ
12巻 聖夜決戦で東京卍會が勝利
13巻 愛美愛主との抗争が勃発
14巻 最悪の現代でタケミチの目の前でマイキーが死亡
15巻 現代でタケミチとナオトが殺害される
16巻 タケミチが黒龍11代目総長になる
17巻 関東事変当日に佐野エマが殺害される
18巻 東京卍會は総長・副総長不在で関東事変を迎える
19巻 関東事変にマイキーとドラケンが駆け付ける
20巻 関東事変は黒川イザナ死亡で東京卍會の勝利
21巻 追い詰められた稀咲鉄太がタイムリーパーではないと判明
22巻 現代ではマイキー以外がしあわせになっていた
22巻 マイキーをトリガーにタケミチがタイムリープ
22巻 タケミチが三天の梵と六波羅単代にスカウトされる

『東京リベンジャーズ』の1巻から24巻、物語の出来事では8・3抗争から関東事変、そして三天抗争までネタバレしていきます。

現在『東京リベンジャーズ』では、三天抗争が終結。

関東卍會・六波羅単代・梵の三つ巴の均衡が崩れ去り、今後、都内の暴走族の勢力図がどのように変化していくのか注目です。

スポンサーリンク

【1~4巻のネタバレ】8・3抗争

『東京リベンジャーズ』の1~4巻では、現代のタケミチのタイムリープから東卍の内部抗争で死ぬはずだったドラケンを助ける「8・3抗争」までの内容となっています。

ドラケンが生き延びたことで、4巻以降では過去も現代も大幅に変わるところに注目です。

【1巻のネタバレ】タケミチが12年前にタイムリープ

レンタルビデオショップでアルバイトをしているフリーターの花垣武道(タケミチ)は、中学生時代に付き合っていた橘日向(ヒナタ)が弟の橘直人(ナオト)と、反社会組織の東京卍會に殺害されたことをニュースで知ります。

数日後、ホームから何者かに突き落とされたタケミチは、電車にひかれる間際、12年前の2005年にタイムリープ。

カツアゲされていたナオトを助けたとき12年後にナオトとヒナタが殺害されることを伝えたことで、未来では刑事になったナオトが電車にひかれる寸前にタケミチを助けてくれました。

再度タイムリープしたタケミチは東京卍會のキヨマサの喧嘩賭博でキヨマサとタイマンを張り、半殺しにされながらも立ち続けたのです。

この喧嘩賭博がきっかけで東京卍會総長・佐野万次郎(マイキー)に気に入られ、以来、交流を持つようになります。
ちなみに、マイキーはタケミチと出会ったときに、「タケミっち」とあだ名を付けています。

【2巻のネタバレ】 愛美愛主との抗争が勃発

意図せず過去から現代にタイムリープしたタケミチは、東京卍會の幹部となっている千堂敦(アッくん)に会いに行きました。

ホームからタケミチを突き落としたことを打ち明けたアッくんは、タケミチの目の前で自らビルの屋上から飛び降りて自殺したのです。

東京卍會の内部抗争で死亡した副総長の龍宮寺堅(ドラケン)を救えば、ヒナタだけでなくマイキーもアッくんも助けることができると、新たな目的のためにタケミチはタイムリープ。

しかし、タイムリープしてみると、東京卍會では内部抗争ではなく愛美愛主との抗争を控えていました。

ドラケンが東京卍會の内部抗争で死ぬのか、それとも愛美愛主との抗争で死ぬのか…手がかりを探るため、過去から現代にタイムリープしたタケミチは愛美愛主の元総長に聞き込みすることに。
すると、何者かが愛美愛主の抗争をきっかけに、東京卍會の内部抗争を企てていることが判明します。

【3巻のネタバレ】東京卍會の内部抗争勃発

現代でドラケンの死の手がかりをつかんだタケミチが過去にタイムリープすると、状況は一変。

東京卍會参番隊隊長の林田春樹(パーちん)が、愛美愛主総長の長内を刺傷して少年院に送致されてしまうのです。

さらに、この出来事がきっかけで、マイキーとドラケンの内部抗争につながりかねない状況になってしまいます。

意図せず、マイキーとドラケンの仲直りに一役買ったタケミチがほっとしたのもつかの間。東京卍會は、仮総長の半間修二率いる愛美愛主と抗争することになります。

【4巻のネタバレ】8・3抗争でドラケン生存

ドラケンはキヨマサに腹部を刺されてしまいます。しかし、タケミチがドラケンを助けたことで、ドラケンは九死に一生を得て、過去を変えることに成功したのです。

血のハロウィン後の現代では、タケミチとは別れているものの、ヒナタは教師に、アッくんは美容師の見習いになっていました。

しかし、再会を果たしたのもつかの間…ヒナタの乗っている車にアッくんがトラックで突っ込み、タケミチの目の前でふたりは死んでしまったのです。

タケミチはヒナタを抱きしめて、ヒナタを助けるまでリベンジし続けることを誓います。

スポンサーリンク

【5~8巻のネタバレ】血のハロウィン

【5~8巻のネタバレ】血のハロウィン

出典:Twitter

『東京リベンジャーズ』の5~8巻では、8・3抗争後から血のハロウィンまでが描かれます。

血のハロウィンによって東京卍會でのタケミチの立場が変わり、その後の現代に大きな影響を与えました。

【5巻のネタバレ】タケミチが東京卍會に加わる

8・3抗争後、東京卍會に迎えられたタケミチは、新参番隊隊長となった仇敵の稀咲鉄太を殴り飛ばします。続けざまに、壱番隊隊長で東京卍會を裏切り芭流覇羅に加わることを宣言した場地圭介に殴られて気絶します。

しかし、芭流覇羅から場地を取り戻したら東卍から稀咲を追い出すとマイキーと約束することに成功。マイキーとの口約束に頭を悩ますタケミチを、芭流覇羅のナンバー3である羽宮一虎が訪ねてきます。芭流覇羅のアジトでは、腹心の東京卍會壱番隊副隊長を場地がリンチしていたのです。

この「踏み絵」の証人としてタケミチは呼ばれたことがわかります。

【6巻のネタバレ】タケミチと千冬が相棒になる

芭流覇羅のアジトでは、東京卍會創設メンバーである場地と一虎から、過去にふたりがバイクショップで窃盗しようとしたこと、そのとき経営者を一虎が殺害したこと、そしてその経営者がマイキーの実兄である佐野真一郎だったことを聞きます。

少年院に収監された一虎の出所を、場地はずっと待っていたというのです。

芭流覇羅から場地を連れ戻せなかったタケミチに声をかけたのが、東京卍會壱番隊副隊長の松野千冬です。芭流覇羅から場地を取り戻したいタケミチと場地の役に立ちたい千冬は、相棒として行動することになります。

元愛美愛主総長・長内にふたりで聞き込みをするものの疑問点が増えたため、過去から現代に戻り一旦情報収集することに。

そして、死刑囚となっているドラケンから、血のハロウィンで一虎が場地を殺害すること、そして一虎をマイキーが殺害することを聞き出したのです。

タケミチは一虎が場地を殺さないよう、一虎をマイキーが殺さないよう、過去を変えることを決意。過去ではいよいよ血のハロウィン当日を迎えます。

【7巻のネタバレ】血のハロウィンで東京卍會と芭流覇羅が衝突

血のハロウィンでは、マイキーと一虎、ドラケンと半間のタイマンと同時に乱闘が始まります。本物の不良との喧嘩にビビってるタケミチも奮闘。

その一方、タイマンとは名ばかりに一方的にマイキーを追い詰めた一虎ですが、本気のマイキーに蹴り飛ばされます。

しかし、マイキーの危機的な状況は変わりません。そこに、マイキーを助けるべく現れたのが稀咲です。

すると、今度は、場地が稀咲を急襲。
さらに、一虎が場地をナイフで刺します。

しかし、「カスリ傷だ」といい、ひとりで稀咲を追い詰めた場地があと一歩のところで倒れます。カスリ傷などではなく、致命傷だったのです。

兄を殺した敵である一虎に、幼馴染の場地まで殺されたマイキーが激高、一虎を一方的に殴ります。

【8巻のネタバレ】タケミチが東京卍會壱番隊隊長になる

瀕死の状態ながら意識を取り戻した場地は、自らの腹部にナイフを刺して自決しました。マイキーが一虎を殺さないようにするためです。

そして、タケミチに稀咲が敵であることを伝えて東卍を託した場地は、腹心であり親友でもある千冬に「ありがとうな」と言い残して息を引き取りました。

結果的に、血のハロウィンでは場地が死亡、さらに現場にひとり残った一虎が逮捕されて幕を閉じたのです。

血のハロウィン後、東京卍會の血のハロウィンの総決算の集会で、壱番隊副隊長の千冬から後任の壱番隊隊長を指名されたタケミチは、壱番隊隊長を引き受けることを決意します。

東京卍會の幹部となったタケミチの未来は、これまでの底辺フリーター人生とは大きく変わっていたのです。

スポンサーリンク

【9~14巻のネタバレ】聖夜決戦

『東京リベンジャーズ』の9~14巻では、現代では東京卍會の最高幹部となっていたタケミチが、自ら殺害したヒナタ、アッくん、そして目の前で殺害された千冬を救うために再びタイムリープします。

鬼滅の刃 漫画 全巻無料 呪術廻戦 漫画 全巻無料
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
東京リベンジャーズ
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

タイトルとURLをコピーしました