【決定版】おすすめアニメ120選

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

るろうに剣心

『るろうに剣心』は和月伸宏先生により週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画作品であり、現在もジャンプSQで続編となる『北海道編』が連載中です。

少年ジャンプで連載された無印版の頃からCDドラマ化やテレビアニメ化を始め、OVAや劇場版、さらにゲーム化も果たしましたが、2023年7月からリメイク版となる新作アニメも放送中です。

本記事では高荷恵の過去と生い立ち、前作(無印版)で迎えた結末を紹介。
また、続編である北海道編での再登場に加えて、本編とは全く違う性格や立ち位置として登場していた点にも迫ります。

本作品の人物相関図は「るろうに剣心の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

るろうに剣心の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

高荷恵(たかに めぐみ)とは

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心 第3巻 和月信宏/集英社)

高荷恵は、武田観柳の手下や蒼紫率いる御庭番衆から逃げる中で駆け込んだ賭場で剣心や左之助と出会いました。
剣心たちとはまた違う形や内容による“悲しい過去”の持ち主であることが、観柳編の中で明かされました。

緋村剣心(人斬り抜刀斎)の過去と本名や結婚、十字傷や不殺の理由は「緋村剣心(人斬り抜刀斎)の過去と本名・結婚 | 十字傷や不殺の理由」の記事を参照ください。

 

緋村剣心(人斬り抜刀斎)の過去と本名・結婚 | 十字傷や不殺の理由
...

 

スポンサーリンク

高荷恵のプロフィール | 会津の医者の家系で生まれた美人女医

生年月日 安政4年12月
年齢 22歳→27歳(北海道編)
身長 166cm
体重 45kg
出身地 会津(福島県)
特技 医療、料理
アメリア
アメリア

新作アニメでは恵の誕生日が「9月12日」に変更されました。

恵は会津の出身で、何代も続く有名な医者の家系である高荷家の長女として誕生しました。
高荷家は日本全国でも有名かつ理想とされる医者の家系であり、当時では珍しく“女・子供も進んで医学を学ぶ一族”とされています。

また、恵の父親”高荷隆生”がその極みであり、蘭学の存在を知った途端、脱藩までして一家揃って長崎県にまで旅立ちながら学びに行っていた程です。
しかし一家揃って帰郷してきた時と同じタイミングで起きた会津戦争の中で父親(隆盛)と死別した上、母親や2人の兄も行方不明となり、残された恵はまだ少女期の頃から“独りぼっち”の身とされてしまいました。

 

スポンサーリンク

剣心たちの仲間になると同時に改めて医者を目指す

家族と離れ離れとされた恵は上京した先で出会った“医師の助手”として生計を立てられるようになります。
しかし、自分が助手として働く医師が悪徳商人の武田観柳と組んでいたことが災いし、恵自身も観柳に追われながら新型阿片(蜘蛛乃巣)を作らせていました。

観柳の手下たちから逃げ続ける中、剣心たちに救われたことがキッカケで神谷道場かかりつけの病院(小國診療所)で「玄斎先生の助手」として働き始めます。

武田観柳の能力と北海道編での再登場、実写版については「【るろうに剣心】武田観柳の能力・北海道編で再登場した理由 | 実写映画や舞台(宝塚)が与えた影響」の記事を参照ください。

 

【るろうに剣心】武田観柳の能力・北海道編で再登場した理由 | 実写映画や舞台(宝塚)が与えた影響
...

東京編の内容は「【るろうに剣心】東京編と第零幕のネタバレ解説 | 実写映画との違いも紹介」の記事をご覧ください。

 

【るろうに剣心】東京編と第零幕のネタバレ解説 | 実写映画との違いも紹介
...

 

スポンサーリンク

故郷(会津)へ帰った後からも剣心たちの頼れる医師であり続ける

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心 第28巻 和月信宏/集英社)

玄斎先生の助手として働き始めてからも雷十太編での由太郎を始め、京都編や人謀編でも剣心や左之助の怪我を何度も治療してくれる“頼れる縁の下の力持ち”のような立ち位置として活躍してきましたが…
その恵も雪代縁による復讐や決闘が終わって落ちついた後には、皆の前から旅立つ形で故郷の会津へと帰っていきました。

それでも京都の巻町操や四乃森蒼紫と同じく、剣心やとも時折り会っていたのです。
前作(無印版)の後日談として描かれた『春に桜』ではお花見で集まる中、恵も訪れていた上にOVA『星霜編』でも、わざわざ神谷道場に駆けつけては剣心の病気(梅毒)に感染して倒れた薫看病までしてくれました。

緋村剣心(人斬り抜刀斎)の死因や死亡時の年齢、北海道編で迎える結末については「緋村剣心(人斬り抜刀斎)の死因・梅毒にかかった理由 | 北海道編で迎える結末とは?」の記事を参照ください。

 

緋村剣心(人斬り抜刀斎)の死因・梅毒にかかった理由 | 北海道編で迎える結末とは?
...

 

スポンサーリンク

高荷恵の声は声優「大西沙織さん」が担当

新作アニメで高荷恵の声を担当している声優さんは「アイムエンタープライズ」に所属する大西沙織さんです。

大西さんは小学生の頃から声優という仕事を意識され始め、高校生の頃に学業と養成所通いを並行されていました。
そして卒業後、2012年に放送された『AKB0048』や『恋と選挙とチョコレート』で声優デビューを果たされました。

大西沙織さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『冴えない彼女の育てかた』澤村・スペンサー・英梨々役
  2. 『ダンまち』アイズ役
  3. 『可愛いだけじゃない式守さん』式守さん役
  4. 『スターオーシャン:アナムネシス』ジャンヌ役
アメリア
アメリア

旧作アニメでは土井美加さんが、実写映画では蒼井優さんが恵役を担当されていました。

 

高荷恵のもう1つの立ち位置と性格について

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心 第3巻 和月信宏/集英社)

恵といえば“蓮っ葉な口調”と大人の女性としての性格が特徴的でしたが…
本編よりも先に発表された読切作品『るろうに』では、全く正反対な性格や口調をしていました。

 

スポンサーリンク

読切版では「薫や弥彦の姉」として登場していた

読切版での恵は“神谷越路郎の長女”および「薫や弥彦のという設定や立ち位置で登場していました。

越路郎の弟子として信頼されていた”西脇”という男の策略により神谷道場を奪われたため、弥彦と一緒に貧乏長屋に移り住んでいたところを流浪人(剣心)と出会ったのです。

明神弥彦の強さや奥義、燕との結婚や子供については「【るろうに剣心】明神弥彦こそ主人公? | 強さと奥義・燕との結婚や子供」の記事を参照ください。

 

【るろうに剣心】明神弥彦こそ主人公? | 強さと奥義・燕との結婚や子供
...

 

スポンサーリンク

本編とは真逆にお淑やかな性格だった

読切版での恵は「病弱でお淑やかな女性」という設定により、本編とは完全に真逆な性格や話し方をしていました。
(そのため、本編のような”蓮っ葉な話し方”もしていません)
しかし本編で登場させるにあたり、読切版のままの性格では「キャラクターとしての印象が薄れてしまうこと」を危惧されたこともあり、本編では「読切版とは真逆な性格」変更されたようです。

本編では剣心たちが御庭番衆の癋見(べしみ)や火男(ひょっとこ)と戦ってくれる中でも自分だけ逃げようとしたり、薫や左之助をからかって遊んだりと「したたかで小悪魔的な一面」も加わりましたが、こちらの方が”高荷恵”としての存在感やキャラクター性も立っていますよね。

 

スポンサーリンク

武田観柳との因縁は読切版の頃から始まっていた

先に触れた西脇こそが「武田観柳の原案とされた人物」であり、読切版での恵は”西脇(観柳)の妻”にされる策略によって道場ごと奪われてしまったのです。
ちなみに本編での”西脇”という苗字は比留間伍兵衛の部下の男性に使われており、第1話で登場しました。

結果的には恵も道場も流浪人(剣心)が西脇や手下たちを倒してくれたおかげで救われましたが…
本作品を読むと「恵と観柳の因縁関係は読切版から始まっていた」とも解釈できますね。

読切版では西脇から何を言われても涙を流すばかりで何の抵抗もしませんでしたが…
本編では隠し持っていた短刀で観柳の腕を傷つけることにより、一矢報いました。

読切版『るろうに』での恵は原作コミック3巻に収録されています。

 

高荷恵の恋愛事情 | 剣心や左之助、蒼紫との関係性について

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心 第3巻 和月信宏/集英社)

剣劇による戦闘シーンが多い本作品の中で、恵は何気に複数の男性キャラたちとの恋愛的な関係や描写が多かった女性でもあります。
ここでは、本編で見せてきた恵の恋愛模様を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

恵が本命の剣心から身を引いたのは理由は薫のため?

観柳編での登場から剣心が京都へ旅立つ前までは色々な言い分や方法で剣心に迫って押し続けた恵ですが…
剣心の旅立ちを機に、恋愛的な面では自ら身を引いています。

京都へ旅立つ時の剣心から直接お別れを告げられた人物が”だけ”であり「剣心にとって薫との別れが一番名残惜しいこと」と理解し、自分には脈がないことを悟った上で薫を叱咤しながら追いかけさせたわけです。

さらに京都編エピローグの中でも、薫こそが「剣心に生きる意思を強く持たせられる存在であること」を厳しく、そして優しく告げた上で自分の剣心への想い決着をつけさせたのです。

それでも剣心が自分に示してくれた「医者として多くの人々を助ける人生」は貫き通しており、そのような信念が恵を強くさせてきたものと思われます。

神谷薫の強さや奥義、結婚、北海道編で迎える結末については「【るろうに剣心】神谷薫の結婚と息子・死亡説 | 強さと奥義・北海道編での結末とは」の記事を参照ください。

 

【るろうに剣心】神谷薫の結婚と息子・死亡説 | 強さと奥義・北海道編での結末とは
...

 

スポンサーリンク

左之助とも恋人同士に近い関係性に進展

恵にとって剣心以外に最も親しい関係性となった男性キャラが左之助です。

剣心とは違って左之助とは事あるごとに口喧嘩も絶えない間柄でしたが、彼が”二重の極み”で右手の重傷を頻繁に負うようになってからは何度も”無料”で診てくれるようになりました。
そのような左之助の行動も相まって、恵はからは「世話のかかる弟」のように見えていたかもしれません。

それでも左之助が剣心から「強く信頼されていること」や「剣心の唯一の親友」であることは恵も理解しており、ストーリー進行と比例するかのようにお互いを認め合うようになりました。
ただ、前作の終盤で自身が故郷(会津)へ帰ったことと左之助が1人きりで世界へと旅立ってしまったことで離れ離れとなり、剣心と薫のケースと違って結婚などで結ばれることはありませんでした。

続編(北海道編)で左之助が5年ぶりに帰国してきたとはいえ、恵の方も今さら左之助にアプローチすることもないでしょうし…
この2人が正式な夫婦や恋人同士になる可能性は北海道編でも極めて低いと思われます。

相楽左之助の強さと必殺技、過去や家族、恋愛事情については「【るろうに剣心】相楽左之助の強さと必殺技・過去や家族 | 恵たちとの恋愛事情」の記事を参照ください。

 

【るろうに剣心】相楽左之助の強さと必殺技・過去や家族 | 恵たちとの恋愛事情
...

 

スポンサーリンク

観柳編までは蒼紫と結ばれる可能性もあった?

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心 第24巻 和月信宏/集英社)

掲載誌(少年ジャンプ)で観柳編を連載していた頃までは「恵と蒼紫がお似合い」という声も多くの読者たちから届いていたそうです。
ただ、蒼紫の場合は剣心や左之助と大きく違い「あくまでも絵的に似合う”美男美女カップル”」という見られ方が強かったためです。
さらに京都編に入ってからは蒼紫を強く想い続ける少女・巻町操が登場したことにより、この時点で恵が蒼紫を結ばれる可能性は完全に“ゼロ”となったわけです。

さらに観柳から解放された後も、恵は蒼紫に対して「剣さん(剣心)を殺すことしか考えない危険人物」と完全に警戒し続けていました。
後の人謀編では操や弥彦と共に行動しますが”薫の死亡の真相”などを巡り、怒りながら蒼紫のことを「冷血男!」とまで言い放っていましたからね。

これらの関係性を見る限り、仮に操が本編に登場しなかった場合でも恵が蒼紫に惹かれることはなく、この2人が結ばれる展開や結果もなかったと思います。

 

高荷恵も北海道編での再登場が確定した理由

【るろうに剣心】高荷恵の過去と出生 | 左之助たちとの恋愛関係・北海道編での再登場について

(るろうに剣心-北海道編- 第3巻 和月信宏/集英社)

最後は正当な続編として連載中の『北海道編』での“恵の再登場”について、簡単に予想および考察してみます。

 

スポンサーリンク

高荷恵の再登場も序章(プロローグ)の時点で確定していた

高荷恵の再登場も、北海道編のプロローグとして描かれた序幕「明日郎前科アリ」の時点で明かされています。

この序幕の最後の場面にて前作の終盤で剣心や薫と別れていた斎藤や左之助、宗次郎たちと一緒に恵の姿も入っていました。
このような場面や描写は人謀編でも使われており、志々雄一派との戦いを終えて一度は剣心と別れていた操や蒼紫、斎藤の再登場へと繋がっていたのです。

和月先生から読者に送られた“さりげないヒント”と捉えられますね。

 

スポンサーリンク

剣客兵器との激闘中こそ恵の医療が必要なため

本人以外では恵が「剣心の身体の衰えや異変」に最も早く気づいており、志々雄一派をも上回る大部隊である剣客兵器との激闘中にこそ、恵の優れた医療技術や能力必要となります。

前作でも”弥彦の解毒治療”を皮切りに、深い洞察力や迅速な判断力を活かしながらのテキパキした行動で、強敵たちの戦いで深手を追い続けた剣心や左之助を助けてくれました。
さらに今後の戦いでは安慈や宗次郎など、剣心たちと共闘する十本刀も剣客兵器との戦いで傷を負うことは目に見えており、前線から退いて待機中の1人だけでは対応しきれないはずです。

恵もまた、左之助の提案による呼び出しを受けて、既に北海道へ向かっている最中と思われます。
そうした面もふまえて戦闘後の治療をこなせる「恵の早い段階での到着と合流」こそ、蒼紫や比古師匠の到着以上求められるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は高荷恵の過去と生い立ち、恋愛模様、そして本編での展開を辿りながら前作(無印版)で迎えた結末について解説しました。

また、読切版での本編とは真逆な性格や話し方に対して驚いたファンも多く、この辺においては好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれません。
それでも読切版での登場があったからこそ、本編では「頼れる医者としての高荷恵」が作られたわけですね。

北海道編での剣客兵器との戦いがますます激化して、剣心たちがこれまで以上に重傷化させられる可能性が高い現状だからこそ、恵の優れた医療技術や能力も必要不可欠となっていけはずです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
るろうに剣心
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント