【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【チェンソーマン】第1部の最終回までネタバレで徹底解説 | 最後の結末・悪魔の正体・目的など

【チェンソーマン】第1部の最終回までネタバレで徹底解説 | 最後の結末・悪魔の正体・目的など チェンソーマン

週刊少年ジャンプで連載された「チェンソーマン」は2020年12月に第1部が完結。ジャンプ+で第2部が連載されることも決定しています。

アニメ化も決定し、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」に続く大ヒット作になるのは間違いなしです。

そんな「チェンソーマン」の魅力の全てがこの記事だけで分かっちゃいます

藤本タツキ先生の圧倒的な画力に酔いしれるもよし、設定の裏側にある深い世界観やテーマを深掘りするもよし。

チェンソーマンのディープな世界にどっぷりはまってください。

 

▼ TV‌ア‌ニ‌メ‌『チェ‌ン‌ソー‌マ‌ン』‌ティ‌ザー‌PV‌ ▼ 

 

\無料登録は1分でサクッと終わります/

 

チェンソーマンとは

漫画「チェンソーマン」は、週刊少年ジャンプに2019年1号から2020年12月14日まで約2年間連載され第1部が終了。ジャンプ+での第2部の連載も決定しており、アニメ化が制作中で、「呪術廻戦」を手がけたMAPPAが制作です。

2020年このマンガがすごい!オトコ編で1位を獲得。2021年第66回小学館漫画賞少年向け部門で受賞しています。

父親の残した借金を抱え臓器まで売っている極貧の少年デンジが、雇い主に裏切られ死亡、相棒だった悪魔ポチタを心臓にしてチェンソーマンとして蘇ります。

そこから壮絶な悪魔とのバトルが展開していきますが、その先には思いもしない罠が待ち構えていました。

 

チェンソーマンの魅力

「チェンソーマン」の登場は、ジャンプ読者にも衝撃でした。

そのバトル、世界観、キャラクターどれもがそれまでのジャンプの王道から外れていたからです。

しかし、それを凌駕する圧倒的な筆力で人気は沸騰していきます。

ニュー王道とも言うべきチェンソーマンの魅力はどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

俗と聖が入りみだれる世界観

悪魔や悪魔が人間の身体を乗っ取った魔人が存在する世界。
悪魔や魔人は血を求めて人間を襲います。

あきらかにダークファンタジーの世界ですが、実は聖書や天使の階級などがベースに世界観が構築しています。

作者藤本タツキ先生によると主人公デンジの名前は天使から。
ヒロイン・マキマはママの間に木を入れてマキマ。

そして、パワー、ビーム、ガルガリ、プリンシ、エンジェル、など
デンジの仲間の魔人と悪魔の名前は天使の階級から名付けられています。

スポンサーリンク

ジャンプ史上最底辺主人公デンジ

デンジは父親の遺した多額の借金の返済のために、学校へも行けず働きつづけています。しかし、雇い主に搾取され、臓器や目を売りながらも、粗末な小屋に住み、腐った食べ物しか口にできない極貧と飢餓の中で生活しています。

極限の暮らしの中でのデンジの夢は、「食パンにジャム塗って、女とイチャイチャしながら一緒にゲームをして抱きかれながら眠る」ことでした。

王道ジャンプ路線では「海賊王」「魔法帝」「横綱」など、主人公の夢がその世界の頂点に立つことです。

それに対してデンジの夢はあまりにもささやかなもの。

公安デビルハンターになったデンジはようやく、人間らしいまともな暮らしができるようになります。

衣食住が満たされて、次にデンジが満たしたいものは性欲。女の子とイチャイチャしたいという欲望のために、悪魔と戦うというジャンプ史上一番志の引くヒーローが誕生しました。

またデンジを取り巻く女性キャラがいずれもクセもの揃い。
女性キャラと関わる度に、デンジの命は危険に晒されます。

主人公を慕って助けるキャラが多い中で、振り回す、妨害する、命を狙う。
今までのジャンプヒロインとは真逆の女性キャラからも目が離せません。

スポンサーリンク

近代兵器がない世界での血、内臓が飛び散るバイオレンスアクション

「チェンソーマン」には、核兵器、生物破壊兵器、戦闘機、戦車など、近代兵器が登場しません。

その理由はのちに物語の根幹をなす重要な秘密で明かされます。

最小限の武器と肉弾戦でバトルが展開していきます。

悪魔とデビルハンターバトル描写は、血、内蔵、首、腕、足が飛び散るいまだかってない凄惨なものです。

その半面、朝食のトースト、居酒屋や町中華、バーガーショップなど、同時に平凡な日常描写もリアルに描かれており、そのコントラストが現実感を与えていて、デンジやその仲間たちをより身近に感じられる要素になっています。

スポンサーリンク

本当に大切なものは何か?日常とバトルを描きながら深いテーマがある

マキマに裏切られ、ささやかな幸せさえも奪われたデンジ。
普通の人間なら絶望しかねない状況でも、デンジの欲望は尽きることはありませんでした。

「もっと美味しいものをいっぱい食べたい! もっと女の子にもてたい!」

その願望のために、絶対に勝ち目がなさそうなマキマと武器人間との最後の死闘に挑みます。

欲望剥き出しのセリフとは裏腹、デンジはパワーや少女ナユタなど、妹的なキャラの世話焼きをします。

膨れあがる欲望を充たすのが幸せなのか、目の前にいる愛する者を大事にするのが幸せなのか?

デンジの本当の答えは、最終話の場面に象徴されています。

第1部最終話でナユタと抱き合いながら眠る場面は、第1話でポチタを抱いて眠る場面にシンクロしています。

 

\無料登録は1分でサクッと終わります/

「チェンソーマン」のあらすじ・ネタバレ・考察

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

当メディアの管理人です。

アニメ好き | インドア女子 | 25歳

アニメが大好き、ブログが好き、ライティングが好き、教えるのが好き、色んなアニメを見てる、動画配信サービスにも詳しい。

Follow Me!
チェンソーマン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント