【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ | 強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

チェンソーマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『チェンソーマン』は藤本タツキ先生により週刊少年ジャンプで2019年から2021年に連載された大人気漫画作品で、第二部が少年ジャンプ+で連載開始されることが発表されました。

さらにMAPPA制作でアニメ化も発表されており、大きな注目を集めています。

本記事では、ガルガリ(暴力の魔人)の素顔(正体)、強さや能力を紹介。
さらにコベニとの関係性や死亡、復活についても迫ります。

本作品の人物相関図は「チェンソーマンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

チェンソーマンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

スポンサーリンク

ガルガリ(暴力の魔人)とは

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第4巻 藤本タツキ/集英社)

ガルガリは、ペストマスクとガスマスクを被って顔を隠している”暴力の魔人”として登場し、東山コベニとバディを組んで活動していました。

 

ガルガリの性格 | 名前とは裏腹に暴力を嫌っている

自ら”暴力の魔人”を名乗っているものの、実際は喧嘩や争い事を嫌う気さくで優しい性格かつ、フレンドリーで親しみやすいキャラクターです。

コベニを励まして元気づけてくれる中でも、彼女に対して「暴力なんて好きじゃない」と断言した上、平和を愛することも宣言していました。

 

スポンサーリンク

ガルガリ(暴力の魔人)の素顔と正体は荒井ヒロカズ

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第8巻 藤本タツキ/集英社)

ガルガリの素顔荒井ヒロカズであったことが死亡時に判明しました。

 

ガルガリ(暴力の魔人)はマキマから荒井ヒロカズの死体を提供された可能性が高い

ガルガリ(暴力の魔人)の正体「新井ヒロカズの死体」でした。

ガルガリの場合、魔人となって初登場したタイミングがあまりにも唐突的でしたが、後に「マキマに助けられたこと」を語っています。

これはおそらく、沢渡アカネサムライソードにより公安メンバーが襲撃された時、銃撃からコベニを庇って死亡した荒井ヒロカズの肉体をマキマにより回収された後、ガルガリがマキマから「死亡した荒井ヒロカズの肉体を提供されたもの」と思われます。
この時の襲撃事件が起きた時、マキマは京都に滞在していましたが、自身の能力を使って都内での状況も確認できていましたし、デンジたちがサムライソードとの戦闘に意識を集中させていた隙をついて、側で隠れていた部下たちに対して荒井の死体を回収させることなど造作もないはずです。

そのような経緯や出来事があったことも考察した上でガルガリもまた、デンジたちの知らないところでマキマからの命令を受けたことにより任務にあたっていたとも考えられます。

マキマの能力に関する詳細は「【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予想」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予想
...

 

荒井ヒロカズ(あらい ひろかず)とは

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性 4,000文字

(チェンソーマン第2巻 藤本タツキ/集英社)

ここで、ガルガリの素顔かつ肉体として使われていた荒井ヒロカズについても少しだけ紹介します。

荒井はデンジコベニと同じ新人のデビルハンターとして登場し、この2人とはコミック2〜3巻での永遠の悪魔戦で初めて共闘しました。
先輩である姫野から実力不足と言われる一方で「やる気は充分」と見込まれており、堅物だけど面倒見の良い性格です。

始めはアキと同じくデンジのことを嫌悪してましたが、永遠の悪魔を倒した時の彼の戦いぶりを見たことで、デンジへの見方が少しずつ良い方向に変わっていきました。
もしも、銃撃時に死亡せず生き続けていたなら、アキパワー達と同じように、デンジとも良い関係性を築けていたかもしれませんね。

ただ、人間(荒井ヒロカズ)として生きていた頃までは大した活躍や見せ場には恵まれなかったものの、逆の発想として「荒井の活躍はガルガリ(暴力の魔人)になってから始まった」と解釈するべきでしょう。

姫野の能力や契約悪魔に関する詳細は「【チェンソーマン】姫野の悪魔や契約内容 | 第二部での復活や再登場も考察
」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】姫野の悪魔や契約内容 | 第二部での復活や再登場も考察
...

 

スポンサーリンク

ガルガリ(暴力の魔人)の強さと身体能力

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第6巻 藤本タツキ/集英社)

ガルガリ(暴力の魔人)の場合、同じ魔人でもパワー(血の魔人)ビーム(サメの魔人)とは違い、戦闘を有利に運べるような特殊能力は持ち合わせていません。

その分、並外れた格闘や身体能力を駆使しての格闘戦に優れています。
そのため肉弾戦に特化した魔人」であり、キャラクター名のごとく「暴力」そのものがガルガリ自身の能力と言えるでしょう。

パワーに関する詳細は「【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察
...

 

仮面で力を制御した状態でもレゼ戦で活躍した

ガルガリが普段から仮面をつけているのは、自身の正体を隠すためであると同時に己の力や強さ制御するため」でもありました。

特に蹴り技においては絶大な威力を誇っており、47話では仮面をつけて力を制御したままの状態でもレゼへ飛び蹴りを食らわせて転ばせたことで、デンジたちの危機を救いました。

レゼに関する詳細は「【チェンソーマン】レゼがかわいい・強さと能力 | 死亡と復活の理由・第二部で再登場する可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】レゼがかわいい・強さと能力 | 死亡と復活の理由・第二部で再登場する可能性を考察
...

 

飛び抜けた身体能力は仲間を助けることにも役立つ

レゼ戦においてガルガリは攻撃面だけでなく、飛び抜けた身体能力を駆使してレゼとの戦いで善戦しながらも彼女の罠にハマりそうになった早川アキを救ってくれました。

救ってもらえたアキからも「初めて悪魔とダチになりたいと思った」とまで言わせる程に感謝されていましたが…
もしも、ガルガリが機転と身体能力を活かして救い出してくれていなかったら、アキはレゼ戦の時点で死亡させられていたはずです。

早川アキに関する詳細は「【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔との関係は?いつ死亡していたのか考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔の関係は?いつ死亡していたのか考察
...

 

敵の気配を察知する能力にも長けていた

ガルガリの場合、どうしても格闘や身体能力ばかりに目がいってしまいがちですが、戦闘中においては敵の気配を察知して攻撃を防ぐことに長けています。

34話では壁から侵入してきたと同時に、ビームによる背後からの攻撃に対しても、アッサリ避けたと同時にカウンターパンチまで喰らわせました。
この場面では、ガルガリを敵と間違えて攻撃を仕掛けたビームの方が完全に悪いわけですが…
ガルガリの方はまるで後ろにも目がついているのかと思わされる程に、自分への攻撃を読むことにも長けていたのです。

ビーム(サメの魔人)に関する詳細は「【チェンソーマン】ビーム(サメの魔人)の性格や能力 | 死亡と復活・デンジやマキマとの関係性」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】ビーム(サメの魔人)の性格や能力 | 死亡と復活・デンジやマキマとの関係性
...

 

仮面を外すことで真の強さを発揮する

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第8巻 藤本タツキ/集英社)

ガルガリは仮面を外すことがリミッター解除につながり、真の強さを発揮できるようになります。

仮面を外した後のガルガリは「筋肉を膨張させた凶暴な姿」へと変貌しました。

このように真の強さを発揮したガルガリは絶大な強さで敵を叩くのですが…
この時は戦う相手(闇の悪魔)の方が常識離れした強さや能力を持っていたため、敵わずに敗北しています。

闇の悪魔に関する詳細は「【チェンソーマン】闇の悪魔について考察 | 能力や強さ・宇宙飛行士について」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】闇の悪魔について考察 | 能力や強さ、宇宙飛行士について
...

 

スポンサーリンク

ガルガリ(暴力の魔人)と東山コベニの関係性

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第7巻 藤本タツキ/集英社)

ガルガリはコベニとバディを組む中でも彼女をことをとても気にかけていた上、とても心強い存在となってくれていました。

戦闘面ではもちろんのこと、捜査中でもコベニにソフトクリームを買ってあげたこともあったのです。
これには、生前の荒井の持ち合わせていた「面倒見の良い性格」がそのまま受け継がれていたものと思います。

荒井は特異4課で働き始めていた頃からコベニのことを気にかけていましたからね。

東山コベニに関する詳細は「【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?
...

 

スポンサーリンク

ガルガリ(暴力の魔人)の死亡と復活・再登場の可能性を考察

【チェンソーマン】ガルガリ(暴力の魔人)の素顔は荒井ヒロカズ |  強さと身体能力・死亡・コベニとの関係性

(チェンソーマン第8巻 藤本タツキ/集英社)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
チェンソーマン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク