【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

チェンソーマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『チェンソーマン』は藤本タツキ先生により週刊少年ジャンプで2019年から2021年に連載された大人気漫画作品で、2022年初夏には第二部が少年ジャンプ+で連載開始される予定です。

さらにMAPPA制作でアニメ化も発表されており、大きな注目を集めています。

本記事では、サムライソードの強さや契約悪魔、死亡について紹介。
さらに、第二部(学校編)での復活の可能性についても考察してみます。

 

スポンサーリンク

サムライソードとは

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第3巻 藤本タツキ/集英社)

サムライソードは、23話からデンジ達の敵として登場したキャラクターです。
自分の祖父がデンジとも大いに関係していた人物だったため「デンジの最初のライバル的存在とも言われています。

 

サムライソードのプロフィール

本名や年齢などは不明ですが、代々ヤクザの家系に生まれました。
特に祖父からは、よく美味しい物を食べさせてもらっていたなど、かなり甘やかされては可愛がられていたそうです。

しかし、普段は人間の姿で沢渡アカネと共に行動していますが、その正体は「刀の武器人間」でした。

 

ヤクザの孫 | デンジに祖父を殺された恨みを持っている

サムライソードは、デンジを雇っていたヤクザのです。

サムライソード自身は祖父を大好きで愛し続けていましたが、1話でポチタと契約してチェンソーマンに変化したデンジの手で殺されています。

そのため、サムライソードにとってデンジの存在とは任務における標的という以上に祖父を奪った“憎き仇”なのです。

 

沢渡アカネとの関係性 | 刀の悪魔の心臓を移植された

劇中では元民間のデビルハンターである沢渡アカネと共に行動してきました。
さらに、サムライソードの肉体に“刀の悪魔”の心臓移植したのも沢渡アカネです。

ただ、この2人の間に深い信頼や愛情関係があるわけでなく、あくまでも「お互いに利用し合うだけの関係性」というイメージが強かったです。

サムライソードにとっては自分が殺された場合に復活させてもらえる都合のいい存在でしかないのと同じく、沢渡アカネからも自分の任務における護衛役程度にしか見られていなかったのでしょうね。
それでもアキデンジとの再戦も迎える”公安への襲撃時”では、アカネの方から情が芽生える展開を迎えます。

沢渡アカネの能力やサムライソードとの関係性の詳細は「【チェンソーマン】沢渡アカネの能力と契約悪魔 | 死亡後はマキマの手下として復活」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】沢渡アカネの能力と契約悪魔 | 死亡後はマキマの手下として復活
...

 

父親について | 33話でマキマと話した男性である可能性が高い

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第4巻 藤本タツキ/集英社)

祖父とは違い、サムライソードの父親については「ヤクザの組長」であること以外は正式に明かされていません。

しかし、33話でマキマと会話していた男性こそが「サムライソードの父親である可能性が非常に高いです。

マキマに話していた「東京でウチの若い奴らが勝手にドンパチを…」という台詞は3巻から繰り広げられた東京での銃撃事件と繋がっています。
さらに「デビルハンターは学がない」という台詞や考え方も祖父とも共通しています。

そして、ルックスにおいても眉毛モミアゲサムライソード(人間時)と似ている点」から見ても、この男性こそが父親であることが解釈できそうですよね。

 

スポンサーリンク

サムライソードの契約悪魔は「刀の悪魔」

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第3巻 藤本タツキ/集英社)

サムライソードも自身の体内に「刀の悪魔」の心臓を沢渡アカネにより移植されたことで契約を交わしています。
そのため、武器人間の姿に変化してからは、顔面と両腕から日本刀が生えるという、かなり個性的かつインパクトの大きい見た目に変化するのです。

“サムライソード”と呼ばれている理由も、この日本刀による影響が大きいと思います。

 

スポンサーリンク

サムライソードがかっこいい!強さ・能力を紹介

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第5巻 藤本タツキ/集英社)

ここではサムライソードのかっこいい魅力、強さや能力について迫ります。

 

サムライソードのかっこいい魅力を分析

サムライソードのかっこよさに惹かれるファンも多いですが、それはやはり「武器人間に変化した後の姿や戦闘シーンが大きいと思います。

特に初戦で見せた「居合」でアキデンジを倒してしまった場面や、電車内でチェンソーマンとの再戦を繰り広げる姿に痺れた人も多いことでしょう。
さらに武器人間の姿や形状はチェンソーマンとも似ており「最初のライバル的存在」の地位にも相応しかったはずです。

ただ、人間時では武器人間の時ほどの強さを出せていないため”かませ犬”というイメージも持たれてしまったようですね。

 

二刀流による斬撃が主な戦法

そのキャラクター名とビジュアル通り、サムライソードの主な戦法は両腕から生えた刀を使用した「二刀流による斬撃」です。

しかし、刀や斬撃そのものは“高い威力”“長いリーチ”を誇る反面、あまり強くないことが判明してしまいます。
これには「サムライソード自身の経験の浅さ」が災いしており”未来の悪魔”との契約を交わす前の早川アキに対して一太刀も当てられませんでした。

早川アキに関する詳細は「【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔との関係は?いつ死亡していたのか考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔の関係は?いつ死亡していたのか考察
...

 

高速斬撃「居合」はデンジやアキをも斬り捨てた

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第5巻 藤本タツキ/集英社)

二刀流による主な戦法は弱いですが、サムライソードの必殺技とも言える「居合」かなり強力です。

「居合」は、しゃがみポーズから繰り出される“高速かつ爆発的なスピード”を利用して敵を一瞬で斬り捨ててしまいます。

サムライソードは「居合」を駆使することで24話ではアキを、そして26話ではチェンソーマンをも斬り捨てます。
しかも、チェンソーマンの時には胴体を一撃で真っ二つに切り裂いてしまう程の威力を見せつけました。

ただ、この技も戦闘中に連発し過ぎたことが仇となり、再戦時ではチェンソーマンから見切られる形で攻略されてしまっています。

 

“ほぼ不死身”なため生き返ることも可能

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第5巻 藤本タツキ/集英社)

サムライソードもまた、他の武器人間たちと同様に“ほぼ不死身”なため、倒されても生き返ることが可能です。

サムライソードの場合、左手の手首を引っこ抜き、中に仕込まれているを露わに見せることで“変化”や”復活”を果たせます。

しかし、生き返るためには他人の力が必要となる時もあり、24話ではアキの放つ”呪いの悪魔”に飲み込まれた形で一度目の死亡を迎えたものの、同行していた沢渡アカネの力で生き返らせてもらっていました。

ちなみに、その後の戦闘でもチェンソーマン達により4回も殺されており、劇中ではクァンシに匹敵する死亡回数も誇ります。

 

狙撃能力も高いが格闘戦は弱い

人間の姿でいる時には刀でなく“銃”を専用武器として使っていますが、この銃撃においても「居合」と同じく、スピード重視で使われています。

23話での中華料理店でもデンジに話しかけた後に、速攻で発砲したことで“デンジの頭”“姫野の心臓”に命中させています。

この狙撃能力も侮れませんが、その一方で格闘戦においては人間時と武器人間のどちらでも「かなり弱い」と思われます。
一度目の戦闘でデンジやアキを倒し後に現れた東山コベニの軽い身のこなしによるスピードには全くついていけないまま敗北していました。

東山コベニの強さや能力に関する詳細は「【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?
...

 

スポンサーリンク

サムライソードの最後は死亡?第二部での復活の可能性について考察

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察

(チェンソーマン第5巻 藤本タツキ/集英社)

幾度に渡る死亡と復活を繰り返してきたサムライソードが最終的に迎えた結末を紹介すると共に、第二部(学校編)での復活および再登場について考察してみます。

 

再戦での死亡後にデンジにより復活させられた

37話での電車内での再戦ではチェンソーマンに身体を真っ二つに切られたことで敗北してしまいます。

本来はこの時点で完全に死亡した上で物語からも退場するはずでしたが、チェンソーマンの能力により復活させられます。
しかし、この時は復活と同時に両手首を拘束されており、逃げられなくされた上での“デンジからの拷問”が待っていました。

その拷問とは「最強の大会」と称された“股間を蹴り上げて1番大きな悲鳴を上げさせた方が勝ち”という非情なものです。

しかし、拘束されているサムライソードは“蹴られる専門”であり、デンジアキによりひたすら股間を蹴られ続けては悲鳴を上げ続けました。
デンジアキにとっては、これこそが「殺された姫野先輩への鎮魂歌となったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
チェンソーマン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク