【決定版】おすすめアニメ120選

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

チェンソーマン

『チェンソーマン』は藤本タツキ先生により描かれた大人気漫画作品であり、第1部(公安編)が2019年から2021年にかけて週刊少年ジャンプで連載されました。
そして、多くのファン達から待ち望まれてきた第2部(学校編)も2022年から少年ジャンプ+で連載中です。

さらにMAPPA制作によるTVアニメも分割2クールとして放送開始されており、第1クールが2022年10月から12月に放送され、続く第2クールも2023年に放送開始される予定です。

本記事では第2部から新キャラクターとして登場したユウコの性格や目的、過去を紹介。
また、正義の悪魔と契約したことで得た強さや能力、そしてユウコを殺したとされる犯人(偽チェンソーマン)や”殺された理由”についても迫ります。

本作品の人物相関図は「チェンソーマンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

チェンソーマンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ユウコとは

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第12巻 藤本タツキ/集英社)

ユウコは三鷹アサやデンジと同じ第四東高等学校に通う女子生徒として、99話から登場しました。

高校内で開かれたデビルハンター部の入部試験で、アサや吉田ヒロフミとチームを組んで臨みましたが、校内でのヨル(戦争の悪魔)やデンジ(チェンソーマン)との戦闘の後に学校やアサの前から失踪しています。

吉田ヒロフミの強さや能力に関する詳細は「【チェンソーマン】吉田ヒロフミの強さと契約悪魔・DV説 | 第二部(学校編)での再登場を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】吉田ヒロフミの強さと契約悪魔・DV説 | 第二部(学校編)での再登場を考察
...

 

スポンサーリンク

お互いの共通点で三鷹アサと友達関係を築いた

ユウコはアサとは正反対に明るい性格の持ち主であり、学校でもご近所さんに対しても積極的に話せる社交性も併せもっています。

そんなユウコの方からクラスで孤立しているアサと友達同士になりましたが、この2人が友人関係を築けたのは「親を悪魔に殺された」という辛い過去による“共通点”がキッカケでした。

また、アサに対して一緒にデビルハンターになれた暁には“復讐者同士”バディを組もう」とまで誘っていましたが…
その夢は「ユウコ自身の死亡という形で無惨にも崩れ去りました。

三鷹アサに関する詳細は「【チェンソーマン2部】三鷹アサが新主人公? | 過去と契約悪魔(ヨル)・デンジ脊髄剣を作る方法」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン2部】三鷹アサが新主人公? | 過去と契約悪魔(ヨル)・デンジ脊髄剣を作る方法
...
created by Rinker
¥460 (2024/02/29 05:57:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ユウコがデビルハンターを目指す理由と目的

ユウコがデビルハンターを目指す理由は「給料の高さ」であり、アサや吉田に対しても「高卒でも給料をたくさん貰える」と明るい笑顔で話していました。

高卒かつ女性のデビルハンターとして、第1部でデンジ達と共に戦った東山コベニを思い出したファンも多かったはずです。
ユウコも親との死別で貧しい生活を強いられていた印象も見られますが、コベニ程の苦しさではなかったようです。

東山コベニの強さや能力に関する詳細は「【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?
...

 

スポンサーリンク

ユウコは正義の悪魔と契約していた

アサと友情関係を築きながら明るく振る舞う一方で、ストーリー進行と共に“不穏な行動”も見せるようになり始めます。

コウモリの悪魔から逃げ続ける中で左足を怪我して学校を休んでましたが、自宅までお見舞いに来てくれたアサに対して「人を殺した」という衝撃な告白をしてきました。
その行動は学校を休んでいる間に“正義の悪魔”契約を交わしたことで得た強さや能力を使っての行動でした。

さらには「アサちゃんへのイジメも無くすから」と告げた上、翌日の学校で悪魔の姿に変身しながら実行しており、廊下でアサをイジめていた生徒たちを容赦なく殺してしまったのです。

 

ユウコの過去 | アサへのイジメをなくそうとした本当の理由

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

ユウコは初登場した時から“非常に強い正義感の持ち主であり、正義の悪魔と契約後は自分が”悪”と認識した者を何の迷いもなく殺し始めます。

しかし、アサのイジメをなくしたかったのには「大切な友達(アサ)のため」であると同時に、ユウコ自身の過去も大きく関係していたと思います。

ユウコがアサやチェンソーマンとの戦闘を経て失踪した後、110話で校内の生徒たち同時による通話で”ユウコの悲惨な過去”がさりげなく告げられました。
ユウコもまた「中学生の頃にイジメられた過去」を背負っていたことが判明したのです。

また、校内で悪魔の姿に変身した後も始めはアサをイジめた生徒だけ殺そうと考えていましたが”正義の悪魔”の能力の高さを実感すると、その目的がやがて「全てのイジメを無くしたい」という思考に変わっていました。
そのため、ユウコは“親の死亡”に加えて「イジメを経験させられた者同士」としても強く共感していたことになりますね。

 

ユウコが契約した正義の悪魔の強さと能力

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

107話〜109話でヨル(戦争の悪魔)やチェンソーマンと繰り広げた壮絶な死闘の中で絶大な強さを見せたユウコと正義の悪魔ですが…
本当に注目すべきは、単純な強さよりも「ユウコの正義感も大いに活かされる能力」にあると思います。

 

スポンサーリンク

足の一刺しでデビルハンター部の強者たちを瞬殺

正義の悪魔には無数の足が生えており攻撃体制に入ると、その足がまるで“カマキリの腕”のように鋭い先端に変わります。

その鋭い先端による強さは半端なく、フリオや亜国セイギ、さらにキガ(飢餓の悪魔)も含めたデビルハンター部の強者たちをも、その足の一刺しだけで倒してしまったのです。

 

スポンサーリンク

人の考えが分かるようになる

ユウコは正義の悪魔と契約したことにより人の考えてる事分かるようになったこと」をアサに話していました。

その証拠として、アサの方が学校でユウコと出会う前から抱え始めていた秘密を本人から告げられる前に見抜いてしまっています。
その秘密の内容とは、第2部の初回となった98話で起きた出来事…
アサがヨル(戦争の悪魔)と契約したこと、その直後に同じクラスの委員長と田中先生を殺してしまったことを見抜いたのです。

ただ、現時点(117話まで)までの段階では「ほんの数日前までの他人の秘密や記憶しか見抜けない能力」と思われます。
実際に、アサの数日前までの行動(悪魔との契約や殺害)を見抜けた一方、10年近くも過去の出来事(アサのお漏らし)までは見抜けていませんでした。

とはいえ、人の考えが分かるようになれるメリットはとても大きく、戦闘中では敵の考えを読むことで先読みしながら有利に戦うことも可能なはずです。
先読み能力に関しては、第1部で早川アキが契約していた未来の悪魔が代表的でしたが、正義の悪魔の能力でも使い方次第で「敵の行動を先読みしながら有利に戦うこと」もできるはずです。

早川アキに関する詳細は「【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔との関係は?いつ死亡していたのか考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】早川アキの強さ・能力 | 銃の悪魔の関係は?いつ死亡していたのか考察
...

未来の悪魔に関する詳細は「【チェンソーマン】未来の悪魔の能力などについて考察 | 数秒先の未来が視える?」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】未来の悪魔の強さや能力を解説 | 数秒先の未来が視える?
...

 

スポンサーリンク

契約者の”正義”の大きさで強さを増幅させる

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

正義の悪魔は「契約者のもつ“正義”によって自身の強さを増幅させられる」という長所もあります。

一口に正義とは言っても契約者により違っており、その違いが“強さの増幅”として大きく出ています。
ユウコよりも先に契約していた委員長の場合は「筋肉の増強」に留まっていたのに対し、ユウコが契約および使用後「完全な悪魔の姿」に変わっていました。

また、一度はアサが作り出した武器の一閃で全身バラバラにされたものの、キガ(飢餓の悪魔)の能力で復活できた後は自身の肉体を巨大化させています。
この巨大化の方はキガの能力によるものと考えられなくもないですが、私的には「倒された怒りでユウコ自身の”正義感”増幅させた結果に起きた現象」と捉える方が合っているかもしれません。

created by Rinker
¥502 (2024/02/28 21:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

純粋な強さはデンジたちよりも劣る?

その異様な姿と常人離れした強さで校内をパニックに陥れた正義の悪魔ですが、純粋な強さや戦闘能力においてはデンジたちよりも大きく劣っていたと思います。

デビルハンター部の生徒たちを簡単に倒せた一方、アサが作り出した「制服強強剣」チェンソーマンと戦った時には速攻で全身バラバラの状態にされてしまいました。

確かに第1部でマキマ(支配の悪魔)をも倒したデンジ(チェンソーマン)では相手が悪すぎた感もありますが、並の人間たちを簡単に殺せる一方で「名のある強敵には弱いこと」も判明してします。

マキマの能力に関する詳細は「【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予想」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予想
...

 

ユウコの正体が日下部の娘かつ魔人と言われる理由

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第7巻 藤本タツキ/集英社)

初登場した時から「ユウコは日下部のなのでは?」と予想および考察したファンも多くおりました。
(ちなみにユウコの方の苗字は明かされないまま終わっています)

そのような考察が流れた理由や根拠について、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

ユウコには日下部との共通点があった

ユウコには第1部の刺客編(7〜8巻)で”宮城公安のデビルハンター”として登場した日下部と似ていたため、ファンたちの間で大きな議論を起こさせました。
特に“金髪のショートヘア”“メガネの形”共通していたことで、2人の容姿がとても似ていたのです。

さらに「親を悪魔に殺された」という過去「日下部が闇の悪魔や地獄の悪魔に挑んだ末に殺されて死亡した結末」とも合点がいき「ユウコが日下部の娘なのでは?」という憶測や考察が出されても不思議ではありませんよね。

また、日下部には同じデビルハンターのアキ黒瀬以上に“強い生真面目さ”もあり、デンジに対して言葉遣い1つにおいても注意していたこともありました。
このような「日下部の生真面目さ」「ユウコのもつ強い正義感」もまた、性格的な面で共通していたと思います。

それでも結局は日下部との血縁関係が明かされないまま、ユウコも死亡してしまいましたが…
ユウコは高校での敗北後から魔人と化した印象もありました。
そのため、今後の復活や再登場にも期待できるようになったため、その時こそ日下部との血縁関係における真実が明かされるのではないでしょうか?

日下部に関する詳細は「【チェンソーマン】日下部の契約悪魔と能力 | 性格と死亡・第二部(学校編)での復活も考察
」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】日下部の契約悪魔と能力 | 性格と死亡・第二部(学校編)での復活も考察
...

 

スポンサーリンク

ユウコは最終的に魔人と化した?

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

先の項目でも少し触れましたが、ユウコは高校でのアサやデンジとの戦闘で敗北した後からは魔人と化していたように見えます。

自身の姿を悪魔の姿に変えられるデビルハンターは、悪魔の姿に変身することでその悪魔の強さや能力を引き出して使えるようになれます。
しかし、第1部でのデンジやサムライソードが良い例であり、敗北などで自分の力(デンジの場合は血)が尽きた後には“元の人間の姿”に戻されてしまいます。

しかし、ユウコの場合は身体サイズだけは元の人間の頃と同じに戻った一方で、顔などの容姿「正義の悪魔の姿のまま」だったのです。
このような姿に変わったのには、チェンソーマンに敗北した後にはユウコ自身の体力や生命力を保てなく、生き延びるためには「ユウコ自身が魔人と化して”正義の悪魔の肉体”を乗っ取ること」しか手段がなかったためと思われます。

また、アサにお別れを告げに行った時にはこれまで見せなかった「パーカーのフードを被った服装」で現れましたが、このような服装に変えたのも魔人と化した自分の顔や姿を隠すため」のものでしょう。

サムライソードに関する詳細は「【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】サムライソードの強さや契約悪魔の能力 | 死亡や復活の可能性を考察
...

 

ユウコの死亡 | 三鷹アサと別れた後、偽チェンソーマンに殺された

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

111話でユウコはアサに別れを告げた後、自分を助けてくれそうな親戚の家に向かいますが、その途中で道を阻まれながら、偽チェンソーマンに殺された形で死亡しました。

ここで、ユウコを殺したとされている“偽チェンソーマンの正体”にも少し迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

偽チェンソーマンの正体は伊勢海ハルカ?

【チェンソーマン2部】ユウコは誰に殺された? | 正体と契約悪魔・日下部やアサとの関係性

(チェンソーマン第13巻 藤本タツキ/集英社)

ユウコを殺した偽チェンソーマンの影(シルエット)正体は、生徒会長とデビルハンター部の部長を兼任している伊勢海ハルカである可能性が高いです。

ユウコの死亡も知らぬまま登校したアサがハルカと出会い、そのハルカの心臓デンジと同じスターターまでついていることを見せられ、アサと一緒に見ていたヨルも完全に信じ込んでいました。

しかし第2部に入ってからも本物(デンジ)が健在な上にチェンソーマンへの変身も続けられているため、ハルカが本物であるはずがありません

 

スポンサーリンク

ユウコが伊勢海ハルカに殺された理由とは

仮にハルカが偽チェンソーマンとした場合でも「ユウコを殺した理由」疑問が残ります。

ただ、ハルカもユウコにも負けない“正義感の強さ”をもっており、正義の悪魔に変身したユウコが暴れたことで校内の生徒たちをパニックに陥れたことを許せなかったために殺したとは考えられないでしょうか?

また、偽チェンソーマンに殺される前のユウコの行く手を阻んできた“大勢の鳥たち”も気にかかります。
キガ達を含め、ストーリー進行と同時にデビルハンター部の面々も少しずつ明かされてきていますが、それでも117話までの時点では全員の強さや能力が完全に判明したわけではありません。

おそらく、部員たちの中に鳥などの小動物を操れる能力をもつ生徒もおり、ハルカがその部員に命じた上で逃げ始めたユウコを捜索および尾行していたと思われます。
そのように居場所を突き止めた上で人気のないビルの屋上を選び、待ち伏せされた上でユウコは殺されてしまったとも考えられます。

伊勢海ハルカに関する詳細は「伊勢海ハルカの正体と契約悪魔 | 偽チェンソーマンとしてユウコを殺した理由」の記事をご覧ください。

 

伊勢海ハルカの正体と契約悪魔 | 偽チェンソーマンとしてユウコを殺した理由
...

 

スポンサーリンク

ユウコの殺害者が本物のチェンソーマン(デンジ)ではない理由とは

仮にユウコを殺した犯人が本物のチェンソーマン(デンジ)と置き換えると、偽物以上の違和感が残ります。

まず、デンジがチェンソーマンに変身して殺しにかかる相手を「街中や校内で暴れた回る悪魔たち」限定しながら動いています。
さらに「自分が有名になりたい」「猫や女だけを助ける」という偏った目的や行動も大衆を相手に見せてきました。

109話でデンジがユウコの前に現れて戦い始めたのも、ユウコの方が正義の悪魔に変身した上で校内で暴れ回り、犠牲者まで出していたためです。
しかし、アサに別れを告げた後のユウコは街中で暴れることなどせず、大人しく逃げ去ろうとしていただけでした。
そのように逃げるだけの者をデンジがつけ狙って殺害するとは考えられないため、ユウコを殺した犯人を本物のチェンソーマン(デンジ)とすることには、様々な方向で矛盾が生じてしまうわけですよね。

デンジ(チェンソーマン)に関する詳細は「【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察
...

 

スポンサーリンク

ユウコが今後の展開で復活および再登場する可能性

アサの良き理解者として友達関係まで築いたにも関わらず、突然の死亡であまりにも早い段階で物語から退場してしまったユウコですが…
ユウコが本当に魔人への変化を遂げていたのあれば、今後の展開でも転生による復活および再登場を果たす可能性もゼロとは言い切れません。

そのため、同じ魔人のパワー(血の魔人)とはまた違う形で読者たちを驚かせるような形で復活してくれる展開にも期待したいところです。

パワーに関する詳細は「【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察
...

 

まとめ

今回はユウコの性格や目的、過去を紹介しながら、彼女自身が契約を結んだ正義の悪魔の強さや能力を紹介しました。
そしてユウコを殺したと予想されている犯人(偽チェンソーマン)や”ユウコ自身が殺された理由”についても迫ってみました。

クラスで孤立し続けてきたアサの良き友達となってくれたキャラクターだけあり、早い段階での退場が悔やまれますが…
第1部でも多くの伏線や意外なストーリー性が支持されてきた作品だけあり、ユウコの死亡も決して完全な終わりなどではなく、むしろ”今後の展開や伏線への始まり”に過ぎないのではないでしょうか?

仮に魔人として復活した場合も、またアサを助けてくれる心強い友達、そして仲間として大活躍してくれる展開に期待したいですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
チェンソーマン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント