【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 | 能力・デンジや夢の扉との関係性

チェンソーマン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『チェンソーマン』は藤本タツキ先生により週刊少年ジャンプで2019年から2021年に連載された大人気漫画作品で、第二部が少年ジャンプ+で連載開始されることが発表されました。

さらにMAPPA制作でアニメ化も発表されており、大きな注目を集めています。

本記事では、デンジと契約を結ぶことで「チェンソーマン」にさせたポチタの正体や能力を紹介。
さらにデンジの夢に出てきた扉との関係性についても迫ります。

 

スポンサーリンク

ポチタとは | かわいい魅力も紹介

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 |  能力・デンジや夢の扉との関係性

(チェンソーマン第1巻 藤本タツキ/集英社)

ポチタは第1話でデンジの親友として登場したことに加えて「チェンソーマン」に変身させたことで“ストーリー始まり”の鍵を握っていた重要なキャラクターでした。

 

ポチタはデンジと助け合ってきた親友

ポチタは出会った時からデンジのペットかつ親友同士として、お互いに助け合いながら生きてきました。

ストーリー開始時にはまだ心臓まで捧げていなかったものの、父親を失ったばかりのデンジとの「契約」で血を飲ませてもらえた代わりに、ポチタの方は自身の持つ能力を使わせることでデンジの悪魔退治を手伝ってきたのです。

 

ポチタのかわいい魅力は可愛らしい見た目

ポチタの人気の秘密は、やはり犬のような「可愛らしい見た目」にあり、特に女性ファンから強く支持されています。
しかし、ポチタの魅力とは決して可愛らしさだけで片付けることもできません。

ポチタ自身が第1話の時点で本編から退場したものの、ストーリー終盤ではデンジやパワーの復活にも大いに貢献してくれたのです。

そのような面から考えると、ポチタほど本作品における重要キャラでもあったわけですね。

 

スポンサーリンク

ポチタの正体は「チェンソーの悪魔」

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 |  能力・デンジや夢の扉との関係性

(チェンソーマン第1巻 藤本タツキ/集英社)

ポチタの正体「チェンソーの悪魔」であり、父親を亡くした後のデンジが悪魔退治を続けられたのも、ポチタの悪魔としての能力のおかげです。

しかし、ポチタの真の姿や能力契約者(デンジ)の心臓になってから初めて表れます。

 

ポチタはチェンソーマンが弱体化した姿

ポチタは「チェンソーマンが弱体化した姿」でもあり、契約者の“心臓”として体内に宿ることで真の強さも発揮できるようになります。

この弱体化した姿や事実は1話でのマキマの台詞から読み取ることができます。

ポチタがデンジの心臓となり、彼を”チェンソーマン”にさせて全ての悪魔たちを倒した後にマキマが部下たちを連れて現れます。
この時点では偶然の出会いを装っていましたが、ストーリー終盤に入りマキマが己の正体や目的を明かしたことで、この時の出会いも実はマキマによって仕組まれていたものでした。

87話でマキマの口から出た「瀕死の変わり果てた姿」という台詞は、デンジではなくポチタに対して言った台詞だと思われます。

ここまで辿ってみることで、マキマ達は過去にポチタ(またはチェンソーマン)と戦っており、マキマたちから受けた攻撃で重傷を負ったチェンソーマンが変身後の姿を保てなくなった結果、のような姿になり果ててからデンジと出会った可能性も高いです。

 

スポンサーリンク

ポチタの能力

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 |  能力・デンジや夢の扉との関係性

(チェンソーマン第10巻 藤本タツキ/集英社)

ここではポチタのチート級すぎな能力を紹介していきます。

 

食べた悪魔や存在をこの世から消してしまう

ポチタおよびチェンソーマンに食べられた悪魔は、その悪魔自身の名前をこの世から消されてしまいます。
このことは84話でマキマが岸辺に説明していましたが、この対象があまりにも大きすぎたのです。

チェンソーマンにより食べられた悪魔とはナチスや第二次世界大戦、核兵器と、どれもが現実世界の歴史を震撼させてきた脅威的なものばかりでした。
実際、チェンソーマンは過去に“戦争の悪魔”を食べたことで戦争そのものの存在をなくしたことも語られています。

このようなチート級な能力に目をつけていたのがマキマであり、マキマはポチタの心臓が宿るチェンソーマン(デンジ)の能力を使って「死」や「戦争」「飢餓」などの不幸をこの世からなくすことを目的に動いてきたのです。

マキマに関する詳細は「【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】マキマの正体と目的・強さと能力 | 第二部(ナユタ)の展開を予想
...

 

ポチタの肉片にも劇的な強化効果が隠されていた

ポチタの肉片にも驚異的な能力が隠されており、一度はマキマに殺されたパワーを復活させた上、死亡前とは比べ物にならない強さを授けていました。

パワーの場合、以前までは自分の血しか操れていなかったものの、ポチタの肉片を食べて復活および”血の悪魔”に変化してからは「他人の血も余裕で操れるようにさせた」のです。

しかも、その強化された強さと能力を得られたパワーは自身の技でマキマをも致命傷にまで追い込んでいました。

パワーに関する詳細は「【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】パワーの正体や強さ・能力 | 死亡経緯と復活する可能性を考察
...

 

助けを呼ぶ者の前に現れる

マキマ岸辺に対して悪魔が助けを呼ぶと、チェンソーマンがやってくること」も説明しています。

実際、マキマが銃撃される直前に「助けて、チェンソーマン」と呟いた瞬間、デンジがチェンソーマンに変身しました。
ただ、岸辺へのマキマの説明内容にも少し疑問が残ります。

それは公安でのデビルハンターを退職したコベニが新しい職場(ハンバーガー)で店長からのパワハラを受けた時に「助けて」と呟いた時にもチェンソーマンが駆けつけてきた点です。
しかも、この時はパワハラ店長だけを殺してコベニまで殺すことはしませんでした。

コベニは悪魔でなく人間ですが「なぜ彼女の窮地にまでポチタの心臓が宿るチェンソーマンが現れたのか?」疑問に感じた読者も多かったはずです。

これは一概には言えないものの「コベニが契約している悪魔による関係性が高い」と思います。

第一部ではコベニが契約している悪魔そのものが明かされないまま終わってしまいましたが、コベニが呟いた「助けて」の台詞が実はコベニ自身だけでなく、契約悪魔も同じような感情を抱いていたのではないでしょうか?
それによって、チェンソーマンの中では悪魔が自分に助けを求めていると感じ取ったために、コベニの前にも現れたように感じられます。

東山コベニに関する詳細は「【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】東山コベニの強さや契約する悪魔を考察 | 死の悪魔?飢餓?戦争?
...

 

スポンサーリンク

デンジが見る夢の扉との関係性

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 |  能力・デンジや夢の扉との関係性

(チェンソーマン第5巻 藤本タツキ/集英社)

デンジの夢の中に出てくる扉には「デンジの過去の真実」が隠されていました。

しかし、夢の中のデンジが扉を開けようとする時に呼び止めていた声の主ポチタだったのです。

 

夢の扉にはデンジの”過去の罪”が隠されていた

扉の向こう側にはデンジが過去に犯した「父親殺しの罪」における過去真実が隠されていました。

ストーリー初期では、デンジの父親はまだポチタと出会う前の時期に多額の借金を苦に自殺したと説明されていました。
しかし、それは偽りの記憶でしかありませんでした。
実は父親は自殺ではなく、本当は「酔った父親に殺されそうになった瞬間、デンジが殺してしまったこと」がストーリー終盤で明かされたのです。

デンジに関する詳細は「【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察」の記事をご覧ください。

 

【チェンソーマン】主人公デンジの正体・扉の夢の意味 | 強さや魅力・第二部の活躍も考察
...

 

ポチタがデンジに扉を開かせなかった理由

夢の中のデンジが扉を開けようとした瞬間に、ポチタの方から「絶対に開けちゃダメだ!」と強く呼びかけていました。

この夢の中の扉の向こう側にはデンジが過去に犯した”父親殺しの罪”における真実が隠されており、ポチタはそれをデンジに見させないようにするため、必死に呼び止めてくれていたのですね。

しかし、そんなポチタの必死の努力も空しく、最終的には起きている時のデンジに対して、マキマから教えられてしまいます。

 

夢の扉にはデンジの正体を知る鍵も隠されていた?

デンジが見る夢の中に出てきた扉には”過去の罪”が隠されていることや、それをデンジに見させたて悲しませたくないポチタの思いには辻褄が合います。

第一部では扉の真相がデンジの過去だけしか明かされずに終わりました。
しかし、私的にはこの扉の向こう側には過去だけでなく「デンジの出生や正体」に纏わる重大な秘密も隠されていたように感じます。

デンジは主人公でありながら多くの謎に包まれたキャラクターですし、第一部での説明や過去話だけで全ての謎が明かされたわけではありません。
このように考えてみると、ポチタが扉を開くことを止めようとしていたのには、デンジの悲しい過去だけでなく、それ以上に壮絶な“正体に関わる重要なもの”を隠したかったためとも考えられますよね。

 

スポンサーリンク

ポチタが第二部(学校編)で再登場する可能性を考察

【チェンソーマン】ポチタの正体は悪魔 |  能力・デンジや夢の扉との関係性

(チェンソーマン第1巻 藤本タツキ/集英社)

最後はデンジの心臓となったポチタが第二部(学校編)でもハッキリと再登場するのか否かについて考察してみます。

 

第二部(学校編)で再登場する可能性が高い理由

ポチタもまた、東山コベニや吉田ヒロフミ達と同じく、第二部(学校編)で再登場する可能性は極めて高いと思います。

第一部では最後までデンジ(チェンソーマン)の心臓となって彼を支え続けてくれた上に”心臓”として生き続けている以上、主人公と一心同体であることに変わりありません。

そして、夢の扉と共に第一部ではまだ完全に解き明かされずに終わってしまった「デンジの正体」における真実に対して、さらに迫る重要な役回りとなりそうな気がしています。

 

デンジがパワーとの再会を果たすための重要な鍵にもなる可能性が高い

一度はポチタの肉片を食べたことで復活したものの最終的には死亡してしまったパワーですが、デンジパワーから生まれ変わった自分見つけてほしいと頼まれます。

デンジもこの頼みを受け入れると共に必ず見つけ出すことを誓いましたが、ここで大きな難点も挙げられます。
それは「生まれ変わった後のパワーが全く違う容姿に変わっている可能性が高いこと」です。

お互いに再会することを約束したものの、容姿が変わっていてはデンジからしてみれば「どの悪魔がパワーなのか?」と気づけないはずです。
ここでもポチタが再び2人を導く形で再会させるために活躍してくれそうな予感も高いですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
チェンソーマン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク