【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンは死亡している? | 強さと能力・シュタルクとの師弟関係

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。
さらにテレビアニメ化も決定しており、2023年9月末での金曜ロードショー枠で放送される第1話を皮切りに放送中です。

本記事では戦士アイゼンの強さや頑丈さ、意外な能力を紹介。
さらに、現在での生死やシュタルクとの師弟関係にも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

アイゼンとは

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンの強さと能力 | シュタルクとの師弟関係と別れた理由

(葬送のフリーレン第3巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

アイゼンは、かつての勇者パーティーの一員としてフリーレン達と共に魔王を倒した、ドワーフ族の戦士です。

 

スポンサーリンク

アイゼンのプロフィール

年齢 不明
種族 ドワーフ
職業 戦士
好きなもの 戦士、葡萄、頑張る者

エルフ程でなくても長命なドワーフ族のため、魔王討伐した後の本編の時代でも生き続けている上、フリーレンと30年ぶりの再会も果たしています。

 

スポンサーリンク

アイゼンの性格 | 優しい心の持ち主で仲間たちとのつながりも大切にしている

アイゼンはとても優しい心の持ち主であり、勇者パーティーの一員として冒険していた頃には“大きめのハンバーグ”まで作っては、仲間たちを労ってくれたこともあります。

さらに魔王討伐により仲間達と離れ離れとなった後にも、ハイターとは文通という手段で連絡を取り合っていたことも明かされます。
(アイゼンが初対面の時点でフェルンを知っていたのもハイターからの手紙で教えられていたためです)

さらに再会したフリーレンに対して「魂の眠る地(オレオール)」について教えてくれましたが、これもアイゼン自身が「フリーレンがヒンメルの魂と再会できること」を強く願っているためです。

仲間たちへの労いや交流を欠かさないアイゼンは、勇者パーティーの前衛だけでなく“縁の下の力持ち”のような重要な役割もこなしていたことも分かりますよね。

ただ「目上の人間に対しても敬語で話せない」という短所も併せ持っており、旅立ちの日では王様に対してもタメ口で話したことが原因で、ヒンメルと一緒に処刑されかけたこともありました…。

僧侶ハイターの性格や魔法、ヒンメルたちとの関係性については『【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢
...

 

スポンサーリンク

アイゼンの声は声優「上田燿司さん」が担当

アイゼンの声を担当している声優さんは「アミュレート」に所属している上田耀司さんです。
テレビアニメでは、2001年に放送された『しあわせソウのオコジョさん』のミゾベ役で声優デビューを果たされました。

上田耀司さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『「物語」シリーズ』クチナワ役
  2. 『おそ松さん』デカパン役
  3. 『無職転生』ギース役
  4. 『BLEAH 千年血戦篇』二枚屋王悦役

 

アイゼンの強さと頑強さ | 意外な能力はハンバーグ作り

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンの強さと能力 | シュタルクとの師弟関係と別れた理由

(葬送のフリーレン第1巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ここではアイゼンの強さ、そしてドワーフ族ならでの“頑丈さ”について紹介します。

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドを握り潰せる程に高い攻撃力

勇者パーティーの一員として戦ってきた頃のアイゼンはを専用武器として戦っており、原作97話での回想シーンでは「素手でダイヤモンドを握り潰せる程の腕力」もあったことが判明しています。

魔王直属の部下”七崩賢”の1人・不死なるベーゼの結界魔法に閉じ込められた中でも、持ち前の腕力や攻撃力な高さでヒンメルと共に、固すぎる結界を日数かけて少しずつ破ることに成功しました。

created by Rinker
¥528 (2023/09/20 23:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

高齢になっても絶大な腕力を誇る

勇者パーティーの一員として戦っていた頃のアイゼンですが、本編の時代では高齢のために戦いや冒険からは身を引いた生活を送っています。

更にフリーレンから新たな旅の目的地である”エンデ”までの冒険に誘われても高齢を理由に断っていましたが、それでも7話で30年ぶりの再会を果たした時には、フリーレンやフェルンの前で大岩を持ち上げていました。

これ程の腕力が残っているならまだまだ現役で戦えそうに見えますが、斧を振れる腕力までは残っていないと本人の口から語られています。

created by Rinker
¥528 (2023/09/20 20:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

非常に頑強な肉体の持ち主でもある

アイゼンの強さは、攻撃力以上に防御面が飛び抜けている点も見逃せません。

ドワーフ族の特性として“非常に頑強な肉体”の持ち主でもあり、猛毒の矢を受けたり高い場所から飛び降りたりしただけでは傷やダメージを受けません。

あまりにも常人離れした頑強さでハイターからドン引きされることもありましたが、パーティーの前衛役としてアイゼン以上に頼れる存在はいなかったはずです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント