【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンは死亡している? | 強さと能力・シュタルクとの師弟関係

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。
さらにテレビアニメ化も決定しており、2023年9月末での金曜ロードショー枠で放送される第1話を皮切りに放送中です。

本記事では戦士アイゼンの強さや頑丈さ、意外な能力を紹介。
さらに、現在での生死やシュタルクとの師弟関係にも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

アイゼンとは

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンの強さと能力 | シュタルクとの師弟関係と別れた理由

(葬送のフリーレン第3巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

アイゼンは、かつての勇者パーティーの一員としてフリーレン達と共に魔王を倒した、ドワーフ族の戦士です。

 

スポンサーリンク

アイゼンのプロフィール

年齢 不明
種族 ドワーフ
職業 戦士
好きなもの 戦士、葡萄、頑張る者

エルフ程でなくても長命なドワーフ族のため、魔王討伐した後の本編の時代でも生き続けている上、フリーレンと30年ぶりの再会も果たしています。

 

スポンサーリンク

アイゼンの性格 | 優しい心の持ち主で仲間たちとのつながりも大切にしている

アイゼンはとても優しい心の持ち主であり、勇者パーティーの一員として冒険していた頃には“大きめのハンバーグ”まで作っては、仲間たちを労ってくれたこともあります。

さらに魔王討伐により仲間達と離れ離れとなった後にも、ハイターとは文通という手段で連絡を取り合っていたことも明かされます。
(アイゼンが初対面の時点でフェルンを知っていたのもハイターからの手紙で教えられていたためです)

さらに再会したフリーレンに対して「魂の眠る地(オレオール)」について教えてくれましたが、これもアイゼン自身が「フリーレンがヒンメルの魂と再会できること」を強く願っているためです。

仲間たちへの労いや交流を欠かさないアイゼンは、勇者パーティーの前衛だけでなく“縁の下の力持ち”のような重要な役割もこなしていたことも分かりますよね。

ただ「目上の人間に対しても敬語で話せない」という短所も併せ持っており、旅立ちの日では王様に対してもタメ口で話したことが原因で、ヒンメルと一緒に処刑されかけたこともありました…。

僧侶ハイターの性格や魔法、ヒンメルたちとの関係性については『【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢
...

 

スポンサーリンク

アイゼンの声は声優「上田燿司さん」が担当

アイゼンの声を担当している声優さんは「アミュレート」に所属している上田耀司さんです。
テレビアニメでは、2001年に放送された『しあわせソウのオコジョさん』のミゾベ役で声優デビューを果たされました。

上田耀司さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『「物語」シリーズ』クチナワ役
  2. 『おそ松さん』デカパン役
  3. 『無職転生』ギース役
  4. 『BLEAH 千年血戦篇』二枚屋王悦役

 

アイゼンの強さと頑強さ | 意外な能力はハンバーグ作り

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンの強さと能力 | シュタルクとの師弟関係と別れた理由

(葬送のフリーレン第1巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ここではアイゼンの強さ、そしてドワーフ族ならでの“頑丈さ”について紹介します。

 

スポンサーリンク

ダイヤモンドを握り潰せる程に高い攻撃力

勇者パーティーの一員として戦ってきた頃のアイゼンはを専用武器として戦っており、原作97話での回想シーンでは「素手でダイヤモンドを握り潰せる程の腕力」もあったことが判明しています。

魔王直属の部下”七崩賢”の1人・不死なるベーゼの結界魔法に閉じ込められた中でも、持ち前の腕力や攻撃力な高さでヒンメルと共に、固すぎる結界を日数かけて少しずつ破ることに成功しました。

created by Rinker
¥583 (2024/05/18 04:14:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

高齢になっても絶大な腕力を誇る

勇者パーティーの一員として戦っていた頃のアイゼンですが、本編の時代では高齢のために戦いや冒険からは身を引いた生活を送っています。

更にフリーレンから新たな旅の目的地である”エンデ”までの冒険に誘われても高齢を理由に断っていましたが、それでも7話で30年ぶりの再会を果たした時には、フリーレンやフェルンの前で大岩を持ち上げていました。

これ程の腕力が残っているならまだまだ現役で戦えそうに見えますが、斧を振れる腕力までは残っていないと本人の口から語られています。

created by Rinker
¥583 (2024/05/17 23:14:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

非常に頑強な肉体の持ち主でもある

アイゼンの強さは、攻撃力以上に防御面が飛び抜けている点も見逃せません。

ドワーフ族の特性として“非常に頑強な肉体”の持ち主でもあり、猛毒の矢を受けたり高い場所から飛び降りたりしただけでは傷やダメージを受けません。

あまりにも常人離れした頑強さでハイターからドン引きされることもありましたが、パーティーの前衛役としてアイゼン以上に頼れる存在はいなかったはずです。

ちなみに、アイゼンとは日本語訳で「鉄」の意味を持ちますが、これらの鉄壁な防御力や頑強さが名前の由来とされたように感じます。

 

スポンサーリンク

意外な能力とはハンバーグ作りにも長けていること

アイゼンは見た目の印象からは想像できないような意外な能力も持っており、それは「ハンバーグ作りが得意」である点です。
しかも、攻撃力や頑丈さだけでなく作るハンバーグの大きさ“化け物級”だったわけですね。

アイゼンの故郷では頑張った者たちを“戦士”と称えながらしながら、ハンバーグを作って労う風習がありました。
勇者パーティーで冒険していた頃にもフリーレンたちにハンバーグを作ってくれていた回想シーンが26話でもありましたが…
アイゼンの作るハンバーグは普通の人間では食べきれない程の大きさを誇ります。

具体的な味までは明かされなかったものの、アイゼン自身がハンバーグ作りに長けていることは紛れもない事実です。

created by Rinker
¥583 (2024/05/17 20:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

フリーレンと別れた後のアイゼンは死亡している?

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンは死亡している? | 強さと能力・シュタルクとの師弟関係

(葬送のフリーレン第2巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

原作7〜8話以降から回想シーン以外での再登場を果たせていないため「アイゼンはフリーレン達と再び別れた後に死亡したのでは?」と予想および考察する読者も多いようです。

ここでは現在までに(単行本10巻までの段階)おける「アイゼンは死亡しているか否か?」について迫ります。

 

スポンサーリンク

アイゼンの死亡説が語られる理由

まずはアイゼンの死亡説が語られ始めた理由について解説します。

先にも少し触れたとおり、原作7〜8話以降でのアイゼンの出番が過去の回想シーンのみであり、本編の時代での再会や再登場を果たせていないためと考えられます。
フリーレンたちが黄金郷のマハトやソリテールなど、これまで以上の強敵たちと戦う緊迫した状況が続くことで、アイゼンの現状にまで触れる機会がない点も生死を心配されることに拍車をかけてしまっているようですね。

 

スポンサーリンク

アイゼンは今も生き続けている可能性が高い理由

確かに再び別れた後からの魔法試験編や黄金郷編ではアイゼンの再登場を果たせていないものの…
それでも、アイゼンは「今も1人で生き続けている可能性の方が高い」と解釈できます。

原作7話から黄金郷編までにかけて、漫画の中での年数がまだ2年程しか経過していません。
2年間という年月しか経過していないのではあれば、原作7話の頃より更に腕力や身体が弱っている可能性はあり得ます。
しかし余程の事情(突発的な怪我や病、大魔族の襲撃など)が起きない限り、頑丈なアイゼンがそう簡単に死亡するとも思えません。

そのため、アイゼンは今でもフリーレン一行が魂の眠る地(オレオノール)に到着できることを願いながら「1人で静かに生き続けている可能性」の方が圧倒的に高いと思えます。

 

アイゼンとシュタルクの師弟関係 | 喧嘩別れした理由

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンの強さと能力 | シュタルクとの師弟関係と別れた理由

(葬送のフリーレン第2巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

アイゼンは自分が新たな旅に出られない代わりに、かつて弟子として育ててきたシュタルクのことを紹介します。
アイゼンとシュタルクによる師弟関係は、フリーレンとフランメにおけるものとはまた少し違うものだったことが判明しました。

 

スポンサーリンク

アイゼンがシュタルクを弟子に取った理由とは

アイゼンがシュタルクを弟子に取った理由として「アイゼン自身がシュタルクに共感したため」と考えられます。

故郷(戦士の村)から出てきたシュタルクと出会った時、彼から出てきた理由を聞いた途端「自分と同じだ」とフリーレンに話していました。

シュタルク自身が本当は家族や村人を見捨てて逃げ出したわけでなく、優しい兄(シュトルツ)が魔物たちを食い止めている間にシュタルクを逃げさせてくれたことが本当の理由でした。
アイゼン自身が、その本当の理由まで理解しているか否かまでは不明ですが、故郷から逃げ出してきたシュタルクのことを“臆病者”と言いながらも弟子に取ったのには、自分と同じ過ちをさせたくないためと考えていた点が最も大きかったように感じます。

 

スポンサーリンク

喧嘩別れした理由はアイゼンがシュタルクを恐れて殴ったため

11話でのフリーレンとの会話で、アイゼンとシュタルクが喧嘩別れしていたことも聞かされました。

この2人が喧嘩別れした理由とは意外にもアイゼンの方に原因があり「アイゼンの方がシュタルクの強さや才能を恐れて殴ってしまったため」でした。

自身で育ててきたシュタルクの強さや成長が怖くなったアイゼンが、反射的にシュタルクを殴ってしまったことを話していましたが、別れた後は「可哀想なことをした」と強く反省しています。

そして反省しながらも、自分の弟子(シュタルク)が「とんでもない戦士になる」と伝えながら、フリーレンの新たな旅の仲間として強く勧めていたのです。

created by Rinker
¥583 (2024/05/18 00:23:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

アイゼンの教えがシュタルクを勝利に導いた

喧嘩別れする前までの段階で、アイゼンはシュタルクに対して、自身の全てを叩き込んだこともフリーレンに話していました。
それは即ちアイゼンからの修行はほぼ完了している」と捉えることもでき、アイゼンの教えがシュタルクを勝利に導いてきたことも事実です。

11話でフリーレンに促されるまま向き合う紅鏡竜を恐れながら、師匠(アイゼン)も怖かったと気づき「必要なものは“覚悟”だけ」と学んだことが活かされたかのように斧一撃で倒しました。
さらに20話でのリーニエ戦でも、師匠から教わっていた「何度でも立ち上がること」「最後まで立っていた者が勝つこと」という教えのおかげで諦めずに倒せたのです。

これらの戦闘を見ていると、シュタルクもアイゼンからの教えをしっかりと受け止めていたことが分かりますが…
それは喧嘩別れを経てお互いに距離を置いたからこそ、アイゼンの教えが弟子(シュタルク)にやっと理解してもらえたわけですね。

シュタルクの真の強さや過去は『【葬送のフリーレン】シュタルクについて解説 | フェルンに嫌われている?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について
...

 

まとめ

今回はアイゼンの強さや性格、そして意外な能力について紹介しました。
さらに、自身で弟子に取って育ててきたシュタルクとの関係性についても迫ってみました。

ドワーフという種族や見た目により、一見は少し怖そうな印象を抱いたファンや読者も多かったと思いますが、実は誰よりも優しい上に気が利くタイプだったんですよね。

弟子のシュタルクと喧嘩別れした時は辛かったでしょうが、それもあったからこそ、シュタルクもアイゼンの教えに向き合いながら戦ってきたことで、これまでの戦闘を勝ち抜けました。
さらにアイゼンにとっても、シュタルクをフリーレンの新たなパーティーに入れてもらえたことで、肩の荷が1つは降りたはずです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント