【決定版】おすすめアニメ120選

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

さらにテレビアニメ化も決定しており、2023年9月末での金曜ロードショー枠で放送される第1話を皮切りに放送中です。

本記事では、フェルンの強さや魔法能力が「フリーレンよりも上か否か?」について、そして死亡する可能性や最期の形について考察。
また、恋人同士となったシュタルクとの恋愛や結婚にも迫ってみます。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

目次

フェルンとは

フェルンの能力・強さはフリーレンより上?世界最強の魔法使いになる可能性あり

(葬送のフリーレン第1巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フェルン「フリーレンの弟子」として、一緒に冒険している魔法使いの少女です。

 

スポンサーリンク

フェルンのプロフィール | 両親と死別後からハイターに育てられた

年齢 17歳(初登場時)→20歳(黄金郷編)
種族 人間
職業 一級魔法使い
好物 甘いもの

幼女期に南側諸国の戦災孤児とされてしまったフェルンは、その絶望感から飛び降り自殺を図った瞬間、勇者パーティーのハイターに助けられて一命を取り留めました。
それからはハイターを師匠に持ちながら「1人で生きていける力」を身につけるため、ひたすら魔法の修行に明け暮れる日々を送ってきたのです。

そして9歳に成長した時、ハイターを訪ねてきたフリーレンと出会い、彼女に魔法の教えを請います。
その結果、若干15歳の若さ一人前の魔法使いにまで成長したのです。
その直後に自分を育ててくれたハイターと死別した後から、フリーレンと共に旅立ちました。

ハイターの優しい性格やフェルンを助けた理由については『【葬送のフリーレン】ハイターについて解説 | 酒好きの僧侶?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢
...

 

スポンサーリンク

フェルンの性格|読者からお母さんと呼ばれる理由とは

フェルンは基本的に生真面目な性格であり、ファンや読者たちから“お母さん”と呼ばれている理由も、その性格や日頃の行動にあります。
その理由とは、自分とは正反対にズボラな性質(朝早く起きられないなど)をもつフリーレンの世話保護者役を買って出てくれている場面が、まるで“フリーレンの母親のような存在”に見えてしまうのです。

このような描写は日常シーンだけでなく、冒険中でもよく見られるようになりました。
魔法試験編では48話で宝箱の罠(ミミック)にまんまと嵌ってしまったフリーレンを、フェルンが必死に引っ張りながら助けようとしてくれていましたからね。

さらに、フェルン自身も「まるで“お母さん”のようなことをしていること」に気づいてしまっています。

 

スポンサーリンク

フェルンの声は声優「市ノ瀬加那さん」が担当

フェルンの声を担当している声優さんは「シグマ・セブン」に所属している市ノ瀬加那さんが担当されています。

市ノ瀬さんは「第6回シグマ・セブン声優オーデション2015」に合格され、2016年に放送されたTVアニメ『アイカツスターズ!』の生徒役で声優デビューされました。
そして2018年1月に放送された『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のイチゴ役初レギュラーを獲得されました。

市ノ瀬加那さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』エリクト、スレッタ役
  2. 『ひげひろ』荻原沙優役
  3. 『境界戦機』紫々部シオン役
  4. 『あやかしトライアングル』花奏すず役

 

フェルンの能力・魔法・強さ|フリーレンを超えられない決定的な理由とは

フェルンの能力・強さはフリーレンより上?世界最強の魔法使いになる可能性あり

(葬送のフリーレン第1巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フェルンの魔法使いとしての能力や強さは、フリーレンからも“一人前”と認められています。

さらに57話では、その高い魔法能力を買われたことで、面接官を務めるゼーリエからも自分の弟子になるようにスカウトまでされたのです。

 

スポンサーリンク

フリーレンより強い?

フェルンはファンや読者たちからも「フリーレンより強いのでは?」とまで思わせてしまう程の強さや魔法能力を誇ります。

その根拠として真っ先に挙げられるのがフリーレンよりも早いスピードで魔法を放てる“速射技術”だと思います。
このスピードを活かして次々と攻撃魔法を発動できる能力は単に敵を倒すだけでなく、抑え込む形敵の動きを封じることにも役立っています。
さらには、大量の攻撃魔法を一度に操る技術超長距離射撃も可能なため、フェルンの強さや戦闘能力は極めて高いです。

このような卓越した技術を活かす戦法により、リュグナー(22話)やエーレ(41話)など、手強い相手との戦闘でも勝利をおさめてきました。
さらに極めつけとして魔法試験中(二次試験)で繰り広げられた“フリーレンの複製体”との戦闘にも勝利したことです。
この戦闘ではフリーレン(本物)とのコンビプレイとして戦う形で勝利しましたが、フェルンが放った魔法も複製体に対して致命傷を負わせていました。

今後も更なる成長を遂げながら、やがては「フリーレンをも超える魔法使いになれる可能性」は極めて高いと思います。
将来的には複製体だけでなく、本物のフリーレンと1対1で戦っても勝てる程の実力に成長しているはず…と言いたいところですが、残念ながら「フェルンは生きているうちにフリーレンを超えること不可能なのです。

これには2人の種族による”寿命の違い”があります。
極めて寿命が長いエルフ(フリーレン)寿命が短い人間(フェルン)とでは、生きられる時間に大きな差があり、この生きている期間内で修行できる時間や戦闘経験にも大きく響いてくるわけです。
そのことはフェルンもフリーレンから指摘されていましたが、もしもフェルンがフリーレンと同じエルフとして生まれていたならば、その才能を伸ばす期間や年数にも大いに恵まれる形で、フリーレンをも超えられていたはずです。

それでも人間の中だけで限定すれば「世界最強の魔法使いになれる可能性は高いと思います。

created by Rinker
¥1,500 (2024/02/28 17:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

フリーレンはフェルンの能力を見抜いていた?

フリーレンはフェルンが放つ魔法を初めて見た時点で、フェルン自身のもつ優れていた魔法能力を見抜いていたと思われます。

フリーレンはハイターとの会話で、常人ならば10年もかかる道をフェルンはわずか4年で超えてしまっていることを告げていましたからね。
これだけでフェルンの魔法能力の高さをフリーレンからも認められていることが分かります。

そしてフリーレンとの修行で才能を開花させた後には史上最年少三級魔法使いの試験にトップの成績で合格しました。

それ以降もフェルンの才能も含めての成長は留まるところを知りません。
それ以降はゼンゼやゼーリエなど、フリーレン以外の大魔法使いからもフェルンの優秀さを認められていきます。
一級魔法試験の試験官も務めたゼンゼからも優秀と驚かれた上、大魔法使いゼーリエからも「魔力の揺らぎ」を見破ったことで弟子にスカウトまでされた末に、合格してしまったのです。

created by Rinker
¥528 (2024/02/28 07:24:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

魔族にとっての天敵 | ゾルトラークでどんな相手も貫く

フェルンの能力・強さはフリーレンより上?世界最強の魔法使いになる可能性あり

(葬送のフリーレン第3巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フェルンの強みは先に挙げた速射技術等とは別に「魔族にとって天敵」とされる攻撃をこなせる点も含まれています。

それこそが魔族を殺せる強力な攻撃魔法「ゾルトラーク」を使えることです。

しかし、ゾルトラークとは元々は「人間を殺す魔法」として人々を恐れさせていた魔法でした。
それを人間たちによる研究の結果「魔族を殺せる魔法」変化させられたものの、威力が大いに下がってしまいます。
そこからフリーレンの協力や尽力により“強力な攻撃魔法”へと上昇させることに成功したのです。

こうしたフリーレンの研究により、魔族(クヴァール)が使っていた頃よりも貫通力を増した「ゾルトラーク」をフェルンも実戦経験を積み重ねながら、その威力を順調に上げていってます。
フェルンも、これまでに自分が戦ってきたアウラ直属の部下であるリュグナーを始め、レヴォルテの部下などを極大な貫通魔法で倒してきました。

 

スポンサーリンク

ソリテール戦で超長距離射撃も習得した

黄金郷編で繰り広げたソリテール戦ではマハトの魔法での黄金化から元の状態に戻れたフェルンが、フリーレンからの指示で「超長距離射撃」によるゾルトラークを放つことで致命傷を負わせることに成功しました。

この時に放ったゾルトラーク自体の威力が増したわけでなく、ソリテールの”魔力探知範囲外”という、かなり離れた距離間で放ちながら命中させられた点が大きなポイントです。
フェルンはソリテールとの戦闘で、また新たな戦法を習得できたことになります。

ソリテールのかわいい魅力や強さ、研究の理由や結果については『ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について
...
created by Rinker
¥600 (2024/02/28 15:59:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

フェルンがかわいい!シュタルクとの関係性について

フェルンの能力・強さはフリーレンより上?世界最強の魔法使いになる可能性あり

(葬送のフリーレン第4巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ここからはフェルンが「かわいい!」と言われる魅力的な点を挙げていきます。
さらにシュタルクとの恋愛関係についても迫ります。

 

スポンサーリンク

フェルンがかわいい!魅力を紹介

フェルンをかわいいと思える要素として、その体型や性格が主に挙げられます。

 

アニメ版ではふっくらした顔と体型が更に強調された?

鋭い読者なら早い段階で気づいたと思いますが…
実はフェルンは少しふっくらした体型をしており、フリーレンと一緒にいる場面やイラストで見てみると「フェルンの方が少しポッチャリした顔と体型」をしているんですよね。

フェルンの顔や体型はストーリー進行に比例しながら丸みを増していった結果、アニメ版でもフェルンの丸みが強調されたキャラデザになっていますね。
原作でもアニメでも、フェルンの丸みにおいてはファンたちの間でも賛否両論の意見や感想が多く飛び交っているようですが…
それでも、丸みが更に強調された顔での「ムスッとした表情」がアニメ版ではどのように描かれていくのかにも期待したいところです。

 

66話で見せたお洒落姿がかわいい

城塞都市ハイスでのデートのために見せたお洒落姿はとても可愛いく、普段の魔法衣姿とも大きなギャップを見せてくれました。

デート相手のシュタルクからも「普段と違う」と思われていましたが、男性の場合は女性が見せる服装のギャップにも弱いものですよね。

 

ツンデレを思わせる一面がかわいい

師匠のフリーレン以上に、シュタルクに対しては特に辛辣な態度を取るフェルンですが、これは明らかにシュタルクへの好意の裏返しですよね。

先に挙げたむくれた表情を始め、シュタルクの背中をポンポン叩く姿にもフェルンの可愛い魅力が見られます。

ただ、フェルンは大声で怒鳴るタイプのキャラクターでなく、怒った時にも小声で大人しく喋る性格です。
これはある意味で、新しいタイプのツンデレかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

出会ったばかりの頃はシュタルクを嫌っていた?

まだ出会ったばかりの頃はシュタルクのことを嫌っていたと思います。

シュタルクが戦士として強大な戦闘能力をもっていながらも泣き喚く姿を見た瞬間に「コイツはダメです」と完全に見放そうとまでしていました。
それでもシュタルクの中にある村を守りたいという覚悟だけは”本物”であることを見抜くと同時に認めていたのです。

この時点で、フェルンの中にあるシュタルクへの見方が少しだけ変わったというわけですね。

シュタルクの真の強さや過去・フェルンとの関係性は『【葬送のフリーレン】シュタルクについて解説 | フェルンに嫌われている?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

お互いの誕生日プレゼントがフェルンとシュタルクを急接近させた

26話でシュタルクの誕生日を教えてくれなかったフリーレンに対して怒ったフェルンですが、自分もシュタルクへ誕生日プレゼントを渡すため、彼も連れる形で買い物に出かけました。

さらに30話ではシュタルクが自分への誕生日プレゼントとして選んでくれたブレスレットを大切に身につけていました。
このブレスレットに刻印されていた鏡蓮華における”花言葉(久遠の愛)”をザインから切り出された時には、花言葉など知らずに選んでいたシュタルクをバカ呼ばわりしていたものの、それでも彼からのプレゼントを外すことなく、大切に装着し続けていたのです。

“お互いの誕生日プレゼント”により、フェルンとシュタルクの心の距離は急速に縮まったと言えますよね。

 

スポンサーリンク

67話のデートでシュタルクと両想いになる

城塞都市ハイスでのデートでフェルンのお洒落姿が、シュタルクの気持ちをときめかせました。
フェルンもまた、シュタルクらしくないデートコースだと告げながらも、自分のためにここまで考えてくれたことへの嬉しさをしっかりと言葉に出していました。

そしてデートから帰宅後、入浴中も嬉しそうな笑みを浮かべ続けており、その表情を一緒に入っているフリーレンからも聞かれてましたが、ここでは教えませんでした。

確かにこのデート中に告白することまではなかったものの、劇中でのシュタルクの気持ちやフェルンの笑顔を見た時点で、この2人は完全に両想いになったはずです。

城塞都市ハイスでのデートでのデート場面(66話〜67話)は、コミック7巻で見られます。

created by Rinker
¥3,595 (2024/02/28 00:38:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

フェルンとシュタルクが結婚する時期は最終話間近の可能性が高い

お互いの誕生日プレゼントやデートを経たことで両想いになったフェルンとシュタルクですが、この2人が恋人同士の関係になれるのは、まだまだ先になるかと思います。

私的には恋愛は自由のため、冒険中に恋人同士となって結ばれても悪いことでなく、フリーレンもそれだけのことで2人に対して注意や抗議などしないはずですからね。
それでもフェルンの生真面目な性格がそれを許さないことで、本格的な恋愛フリーレンとの冒険が終わってからと感じます。

その場合、フェルンがシュタルクと恋人同士になり、結婚にまで辿り着ける時期はまだまだ先…と言うよりは、それこそ最終話やその間近の回までお預けになってしまう可能性が高いですね。

 

フェルンが死亡する可能性 | 最期や結末について

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について

(葬送のフリーレン第10巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

一部のファンたちの間では「フェルンの死亡を予想する人達も多いようです。
そこで、フェルンが死亡する可能性と同時に最終的に迎えそうな結末についても予想してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

フェルンの死亡説や可能性を語られる理由

フェルンの死亡説が語られる理由には、本編でのフリーレン一行のパーティー内に「魔法使いが2人もいるため」と思われます。
確かに過去の時代にフリーレンが所属して冒険していた勇者ヒンメル一行は1人ごとに異なる職業やクラスだったため、非常にバランスが取れていたパーティー編成でした。

しかし本編の時代でパーティーに加入したフェルンはフリーレンと同じ魔法使いの上、戦士であるシュタルクも合わせると「3人揃っても回復魔法が使えないパーティー編成」となってしまっています。
アウラ戦の後にはザインという優秀な僧侶が加入してくれましたが、あくまでも一時的なものでしたからね…。

 

スポンサーリンク

フェルンが本編や冒険中に死亡する可能性は低い

ザインやメトーデのような貴重な回復役の不在が心配であるものの…
それでもフェルンが本編や冒険中に死亡する可能性極めて低いと考えられます。

これまでフリーレンたちと共に過酷な戦闘や魔法試験などを切り抜けたフェルンは、今ではフリーレンとも肩を並べて戦えるようになりました。
さらに“フリーレンのお母さん役”として面倒見の良いフェルンが戦闘中での死亡などで離脱してしまったら、日常生活ではだらしないフリーレンの面倒「誰が見るのか?」という大問題も生じてしまいますからね…。

戦闘でも冒険でも重要な立ち位置に成長できたフェルンだからこそ、マハトの魔法による黄金化から元の状態に戻れた上、一度は殺されかけたソリテールにも勝利を果たせたものとも考えられます。

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...
created by Rinker
¥528 (2024/02/28 06:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

フェルンはヒンメル達と同じように天命をまっとうする?

フェルンもまた、ヒンメルやハイターと同じくフリーレンとの冒険を完遂した上で天命をまっとうしながら死亡する可能性が高い」と考えられます。

ただ、ヒンメルやハイターとは少し異なり、冒険後に結婚した夫(シュタルク)と自分たちの子供に看取られながら“己の最期”を迎えられることこそが、読者やフェルン自身にとって最も理想的な形ではないでしょうか…。

 

まとめ

今回はフェルンの性格や強さを紹介しました。
初登場の時期からフリーレンすら驚かせる程に高い魔法能力や特技も持っており、もしもエルフのように寿命の長い種族として生まれていたならば、本当にフリーレンをも超える大魔法使いに成長していた可能性も高いですね。

その一方で、シュタルクとの関係性は順調に進んでおり、お互いの誕生日プレゼントやデートのおかげで両想いになれたわけですから、冒険や魔法の修行だけでなく、恋愛も頑張ってほしいものです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント