【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

さらにテレビアニメ化も決定しており、2023年9月末での金曜ロードショー枠で放送される第1話を皮切りに放送中です。

本記事ではデンケンの年齢や魔法、強さについて解説。
また、死別した妻やマハトとの師弟関係における過去、そしてマハトとの死闘の末の決着や別れにも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

デンケンとは

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

デンケン一級魔法試験編で初登場した男性であり、同じ試験会場でフェルンやフリーレン達とも出会いました。

受験者の中では最年長であり、その年老いた容姿を始め単眼鏡や長い髭が特徴的ですが、かつては権力争いにも勝ち抜いた上で「宮廷魔法使い」として働いていた程の高い実力と実績の持ち主でもあります。

 

スポンサーリンク

デンケンの年齢とプロフィール | 黄金郷で生まれた魔法使い

種族 人間
年齢 78歳(初登場時)→80歳(黄金郷編)
職業と階級 二級魔法使い→ 一級魔法使い

デンケンの故郷は魔王直属の配下”七崩賢”の1人であるマハトに支配された黄金郷にあります。

まだ少年期だった頃に両親を亡くした後から黄金郷にある城塞都市ヴァイゼを統括するグリュックの養子となり、息子のように育てられました。
また、デンケンが“マハトの弟子”となって彼から魔法を教わり始めたのもこの時期からです。

そして20代半ばの頃には結婚もしていましたが、それは本編の時代から50年以上も前の時代です。
そのため、本編で初登場した時点では既に“78歳”という高齢を迎えていました。
さらに漫画の中では魔法試験編から黄金郷編にかけて2年もの年月が流れているため、帰郷時やフリーレン達と再会した時には80歳を迎えていたことになります。

 

スポンサーリンク

デンケンの性格 | 権力者でも誠実かつ社交的

かつては権力者として働き続けたこと、かなりのインテリで気難しい性格に見えがちなデンケンですが、実はかなり誠実で優しい上、社交性も高いことが判明しています。

一次試験で同じパーティーメンバーとして共闘したラオフェンを自分の孫のように可愛がり、リヒターも食事に誘うなど、試験の合間の時間では同じ受験者たちとの交流も積極的に行っていました。
ちなみにデンケンは子供を授からないまま妻と死別していますが、もしも子供がいた場合にはフェルンやラオフェンと同じ位の年頃の可愛い孫にも恵まれていたかもしれません。

そのため、1000年以上も生き続けているフリーレンはともかく、フェルンたち人間の魔法使いに対しては“自分の子供や孫”のような感慨を抱いたのかもしれませんね。

フェルンの魔法能力の強さやシュタルクへの想いは『フェルンの能力・強さはフリーレンより上?世界最強の魔法使いになる可能性あり』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

デンケンが一級魔法使いを目指した理由とは

デンケンもまた、フェルンたちと共に最後の三次試験まで勝ち残り、面接官を務めた大魔法使いゼーリエから認められて合格したことにより、晴れて“一級魔法使い”に昇格しました。

一級魔法使いになった者には「ゼーリエから自分の望むあらゆる魔法をもらえる」という特権を得られること、さらに本編の時代でマハトに支配された黄金郷へ入るにも「一級魔法使いの地位や階級が必要」とされています。

デンケンは過去に死別した妻の“お墓参り”を果たしたい思いで一級魔法試験に臨んでいたのです。
(妻との過去に関しては後の項目で解説します)

その後、原作77話でレルネンとエーデルに見送られながら“50年ぶりの帰郷”を果たしましたが…
この時の帰還は「黄金郷を封印する結界の維持と管理」という、ゼーリエから与えられた任務のためでした。
それでも、デンケンにはこれまで果たせずにきた「妻(レクテューレ)のお墓参りをする」という目的も、自分の命すら捨てる覚悟で果たそうと考えていました。

created by Rinker
¥528 (2024/02/25 11:31:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

デンケンの声は声優「斎藤次郎さん」が担当

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢と魔法 | 妻やマハトとの過去

出典:声優名鑑

デンケンの声を担当している声優さんは「ケンユウオフィス」に所属する斎藤次郎さんです。

斎藤さんはバオバブ学園(現:ビジュアル・スペース俳優養成所)に12期生として入所され、2011年からケンユウオフィスに所属されています。
テレビアニメでは2000年に放送された『とっとこハム太郎』や『週刊ストーリーランド』で声優デビューを果たされました。

斎藤次郎さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『幼女戦記』ハンス役
  2. 『ポケットモンスター サン&ムーン』モーン役
  3. 『僕のヒーローアカデミア』紅頼雄斗役
  4. 『ぶっちぎり?!』拳一郎役

 

デンケンの魔法 | 本当の強さにも迫る

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ここではデンケンの使う魔法や、その絶大な威力について解説します。
また、魔法とは異なる“デンケンの本当の強さ”にも迫ります。

 

スポンサーリンク

フリーレンとの戦闘で見せた上級魔法の数々

デンケンの強さや魔法において、どうしてもマハトとの死闘で見せた「ゾルトラーク」や「ミステイルジーラ」ばかりが脳裏に焼きついている読者も多いはずです。

しかし、デンケンの魔法や絶大な威力は一次試験で臨んだフリーレンとの戦闘中で充分に証明されています。
空に浮いたフリーレンから「ヴァルドゴーゼ」という魔法で起こした巨大な竜巻きを目前にしても、デンケンは狼狽えず「ダオスドルグ」という風を業火に変えられる魔法で“炎の竜巻き”へと変えながらフリーレンへの反撃を行なっています。
さらに、バリアを張って防御に徹したフリーレンに対して「カタストラーヴィア」という裁きの光を放つ魔法ですかさず攻撃していました。

ちなみにデンケンも少年期の頃から“フリーレンへの憧れ”をもっていたため、彼自身が使う魔法の形が彼女と似ている印象もありますね。
それでもフリーレンには敗北しましたが、次の二次試験で襲いかかってきたラオフェンの複製体(水鏡の悪魔)などの相手は余裕で倒しています。
この時期ではフリーレンを除いた受験者たちの中ではデンケンこそが“最強の魔法使い”だったはずです。

さらに一級魔法使いとなってからはフェルンやフリーレンと同じく「ゾルトラーク(魔族を殺せる魔法)」も習得しており、この魔法で深い因縁関係にある師匠(マハト)を倒しました。

created by Rinker
¥528 (2024/02/25 06:59:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

呪い返しの魔法はゼーリエから譲ってもらっていた

多くの読者たちにとって、デンケンが原作96話で使った「ミステイルジーラ」が最も強く印象に残っているかもしれません。
この魔法は敵から放たれた魔法や呪いを跳ね返す“呪い返し”の効果をもちます。
デンケンはこの魔法を使ってマハトから放たれた「ディーアゴルゼ」をはね返した上で逆に「マハトを黄金化させること」に成功しますが、あくまでもその場しのぎにしかなりませんでした。

また「ミステイルジーラ」はデンケン自身で習得したわけでなく、ゼーリエから譲ってもらったために使えたのです。
「ミステイルジーラ」は習得するだけでも100年もの年月が必要とされるため、寿命の短い人間では習得すること自体が不可能とされています。

ゼーリエの強さや魔王を倒せない理由については『【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 最強でありながら魔王は倒せない?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由
...

 

スポンサーリンク

デンケンの本当の強さとは用意周到さと冷静な判断力

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

(葬送のフリーレン第10巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

マハト戦やフリーレン戦で見せてきた強力な攻撃魔法ばかりが印象に残りやすいデンケンですが、彼の本当の強さとは“魔法以外の能力”にあるとも感じています。
即ち、デンケンの本当の強さとは彼自身がこれまでの戦いや人生で培ってきた「用意周到さ」「冷静な判断力」にあると思います。

50年ぶりの帰郷においてマハトとの戦闘を避けられないことを勘づいていたために、自分の力では習得できなかった呪い返しの魔法をゼーリエから譲ってもらっていた点も万全な準備だったと言えます。

また、フリーレンが放つ攻撃魔法を見ても動じずに「自分の魔法へ変えてしまえる点」や、原作97話でソリテールから放たれた攻撃魔法を防ぐためにかけていた「ミステイルジーラ」を敢えて解除したこともまた、自分の命を守るために必要な判断や行動でした。
もしも、デンケンがあの場で臨機応変に動けていなければ、ソリテールの魔法で倒されて死亡していたと思われます。

ソリテールのかわいい魅力や強さ、研究の理由や結果については『ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について
...

 

スポンサーリンク

意外と武闘派かつ体育会系な強さもあった?

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

デンケンは魔法使いでありながらも意外と武闘派な一面も併せもっており、絶望的な状況に陥っても体育会系なノリで乗り切ることもありました。

原作45話でフリーレンとの勝負に敗北した上、彼女との戦闘で魔力を使い果たした後も、同じ第13パーティーのメンバーたちを引っ張っては、残されたパーティーとの肉弾戦を繰り広げた上で勝ち残っています。
とても70代とは思えぬ程の元気さやガタイの良さまで併せもつデンケンですが、同じパーティーメンバー2人(リヒターとラオフェン)がリーダー向きなタイプでないことを見抜いた上で、自身が指揮官となって仲間たちを引っ張ってくれたわけです。

この辺もデンケンの誇れる強みと捉えられますし、そこまで実行できる程の「行動力の高さ」「強い精神力」もまた、魔法試験での合格やマハトとの戦闘での勝利に繋がる要因だったとも捉えられますね。

ラオフェンの魔法や強さ、デンケンとの関係性については『【葬送のフリーレン】ラオフェンの魔法と強さ | デンケンの孫ポジに立てた理由』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ラオフェンの魔法と強さ | デンケンの孫ポジに立てた理由
...

 

デンケンの過去 | 妻との結婚と死別について

【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去

(葬送のフリーレン第9巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フリーレンたちと違い、デンケンには結婚歴もあります。
その結婚相手との幸せな生活や“妻との死別”まで経験させられた過去について解説していきます。

 

スポンサーリンク

デンケンは幼馴染のレクテューレと結婚していた

デンケンの結婚相手とは幼馴染の女性であるレクテューレであり、まだ20代半ばだった頃に結婚していました。

レクテューレはデンケンたちの故郷を統括する領主グリュックの娘ですが、この2人は幼馴染同士として、幼少期の頃から一緒に過ごしてきたようです。
デンケンが少年期に成長した頃には”マハトの弟子”となった上で彼から魔法を教わり始めますが、そのような中でもレクテューレが側についてくれていることもありました。

結婚後もしばらくの間は幸せな夫婦生活を送りますが、その幸せも長くは続きませんでした。
妻(レクテューレ)は生まれつき身体が弱く、治療するには「多額のお金と権力が必要」とされます。
そこでデンケンは軍に入るため、妻を置いて故郷から離れたのです。

created by Rinker
¥528 (2024/02/25 05:45:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

故郷を離れて軍人となる中で”妻の訃報”を聞かされた

故郷を離れた後のデンケンは軍属として出世するために奮闘する日々を送ります。
しかし、デンケンが軍人となったことで叙勲式が開かれた晩“妻(レクテューレ)の訃報”を聞かされました。

やっと目標に到達できたという達成感から失意と悲しみのドン底に堕とされたデンケンは、己の無力さに悩まされながら一度も帰郷できずにいたのです。
妻の死に際にはグリュックが立ち会っており、死亡後のお墓参りにも彼が直属の配下(マハト)も連れた上で行ってくれていたのです。

そのような悲劇の後にゼーリエが主催する一級魔法試験のことを知り、単身で受験しに行った先の試験会場でフェルンやフリーレンたちと出会いました。

 

デンケンとマハトの師弟関係 | 戦闘後の勝敗について

最後はデンケンがマハトと繰り広げた師弟対決の末に迎えた決着や勝敗、そして「マハトとの死別」について解説します。

 

スポンサーリンク

デンケンは師匠(マハト)の想像を越えた強さに成長していた

デンケンと黄金郷のマハト師弟関係にあり、フリーレンとマハトが話し合いで解り合えないまま、原作96話から悲しき“師弟対決”へと発展してしまいます。
ただ、この時のデンケンはマハトを倒すことよりも、フリーレンがマハトの記憶を解析し終えるまでの”時間稼ぎ”のため、食い止める方に重点を置いていました。

マハトの想像すら超えた成長ぶりで応戦するデンケンですが、それでもマハトの強さや魔力には敵わずデンケンの劣勢状態とされてしまいます。
さらに、マハトが放つ「ディーアゴルゼ」の魔法でフェルンシュタルクたちの後、デンケンもまたソリテールからの攻撃魔法を防ぐため、やむを得ず黄金化させられました。

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...
created by Rinker
¥528 (2024/02/25 07:38:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

マハトとの戦闘で相打ちしながらも勝利を得た

一度は黄金化させられたデンケンもフリーレンの解析が完了したおかげで元の状態に戻ります。
その後は再びマハトとの死闘に臨みながら重傷を負わされますが、離れた場所(森林地帯)でソリテールと戦うフリーレンの動向を気にするマハトが一瞬の隙を見せます。
その隙を見逃すデンケンではなく“切り札”として残していた「ゾルトラーク(魔族を殺せる魔法)」を放ち、見事に命中させたことでマハトに重傷を負わせました。

その直後にデンケンも倒れたため、一見は“相打ち”という結果に思えたものの、この死闘の後にマハトは死亡する結末を迎えます。
一方、デンケンの方は目覚めて立ち上がっていたため、最終的には「デンケンの逆転勝ち」という結果で2人の師弟対決は幕を閉じました。

 

スポンサーリンク

グリュックと共にマハトの最期(死亡)を看取る

勝負がついた直後、倒れたデンケンの前から去ったマハトは自身で黄金化させていた街中へ入り歩き続けます。
そして辿りついた先にいるグリュックにもかけていた黄金化を自らの意思で解除し、彼と最後の会話を交わし始めました。
デンケンも立ち上がった後からマハトとグリュックの元に到着しており、2人を見つめながら最後の会話を聞いています。

その後、己の肉体が朽ち果てる「マハトの最期(死亡)」をグリュックと共に看取ります…。

created by Rinker
¥600 (2024/02/25 14:15:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回はデンケンの年齢や生い立ちを紹介しながら、彼の魔法や強さについても解説しました。

死別した妻やマハトとの師弟関係における過去にも迫りましたが…
黄金郷編で明かされた「妻やマハトとの過去」により、フリーレン達にも負けない程に重く悲しい人生を生き続けた人であったことが判明しました。

そこまで強く気高いデンケンを支持する読者やファンも増えており、少年サンデー誌上で開催された「キャラクター人気投票」では見事にベスト10入りを果たしました。
アニメ1期では難しいと思いますが、魔法試験編がメインとなる可能性が高いアニメ2期で「動くデンケンの強さや活躍」を早く観たいものですね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント