【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され、2024年1月からは第2クールとして「一級魔法試験編」が放送中です。

本記事ではラヴィーネの性格や幼馴染であるカンネとの友人関係について解説。
さらには、ラヴィーネが使う凍結魔法の強さや弱点、今後の展開で再登場する可能性にも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ラヴィーネとは

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ラヴィーネ三級魔法使いの人間の少女です。
幼馴染のカンネと一緒に一級魔法試験を受験するために魔法都市オイサーストの試験会場に現れました。

一次試験ではカンネと共にフリーレンと同じ”第2パーティー”として一時的に共闘したこともあります。

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの年齢や家族構成 | 優秀な兄たちをもつお嬢様

ラヴィーネの正式な年齢は明かされていませんが、人間であることに加えて“フェルンと同じ位の身長”を見る限りでは、ラヴィーネの年齢も「10代半ば〜後半」である可能性が高いです。

ただ、ラヴィーネが試験会場と同じ“魔法都市オイサースト”の出身である上、その実家には使用人まで雇われているなど「かなり裕福な家庭のお嬢様であることが判明しています。

しかも「数人もの優秀かつ優しい兄達」もおり、その兄達が実家に帰省してきた時にはお土産として大量のお洋服までもらえています。
さらに一番上の兄が”大陸魔法協会先遣隊の一員”であり、その兄から得ていた情報のおかげで自分たちの複製体の正体“水鏡の悪魔”」であることをデンケンやリヒターよりも早く掴めていました。

デンケンの強さや魔法、妻やマハトとの過去は『【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去
...

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの性格 | 気が強いけど合理的かつ義理堅い

いつも可愛らしい笑顔を絶やさない幼馴染(カンネ)とは真逆に、常にクールな表情を崩さないラヴィーネはかなり気が強い性格であり、カンネと一緒にいる時や話す時には「口よりも先に手が出てしまうことが多い」です。

そのため、初登場時ではかなり怖いお嬢様というイメージもついてしまったラヴィーネでしたが、一次試験終了後には自分たちを合格に導いてくれたフリーレンへのお礼も惜しみなく贈る“義理堅さ”も併せもっています。

created by Rinker
¥583 (2024/05/19 06:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの友人関係 | 幼馴染(カンネ)へのイジメ(?)も”好き”や”優しさ”の裏返し

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

(葬送のフリーレン第4巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ラヴィーネとカンネは同じ魔法学校から一緒に行動してきた“幼馴染同士”という関係性ですが、いつもラヴィーネの方からカンネの対するイジメのような行為(?)を続けています。
ラヴィーネのそのような行為は試験官を務めるゲナウからの説明中にも起こしており「カンネの上に乗っかりながら髪を強く引っ張る」という、ある意味での衝撃的な初登場の仕方を果たしました。

その後も嫌がるカンネを追いかけて遊んでいましたが…
それでも内心では「カンネの良いところ」を理解および認めており、過去には本人に対してハッキリと言いながら褒めたこともあります。
一方で被害者側のカンネからもラヴィーネの良い面を認められており、彼女たちは意外にも“お互いに通じ合っている”と解釈できます。
そのため、ラヴィーネがカンネにいつも行なってきた暴力的な行為「カンネへの”好き”や”優しさ”の裏返しと捉えられますね。

カンネの強さや魔法、ラヴィーネとの友情や連携については『【葬送のフリーレン】カンネの声優・魔法能力と強さ | ラヴィーネとの連携や友情関係』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】カンネの声優・魔法能力と強さ | ラヴィーネとの連携や友情関係
...

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの魔法試験結果 | 二次試験でリヒターと共に脱落した

フェルンユーベルヴィアベルを始めとした複数もの合格者を出した一級魔法試験ですが…
ラヴィーネは残念ながらカンネやリヒター達と共に脱落する結果で終わりました。

一次試験ではフリーレンの協力を得たことや、自分たちの前に立ち塞がるリヒターをカンネとのコンビプレイで倒したことで見事に突破しました。
しかし、次の二次試験でリヒターと共闘する最中に“ゼンゼの複製体”から受けた奇襲により重症を負わされたこと、そしてリヒターから”瓶を割って辞退すること”をアドバイスされており、ラヴィーネもまた、悔しがりながらもリヒターと共に辞退したのです。

ユーベルのかわいい魅力や魔法能力の強さについては『【葬送のフリーレン】ユーベルのかわいい魅力・声優 | 切れる魔法の強さや能力』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ユーベルのかわいい魅力・声優 | 切れる魔法の強さや能力
...

ヴィアベルの性格や魔法、過去および勇者ヒンメルとの関係性については『【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性
...

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの声は声優「鈴代紗弓さん」が担当

ヴィルヘイズの声を担当している声優さんは「アーツビジョン」に所属する鈴代紗弓さんです。

鈴代さんは小学生時代に自身の声を褒められながら声優という職業を勧められており、中高生でラジオ番組に触れたことがキッカケでアニメや声優への道を志しました。
TVアニメでは2017年に放送された『ラブライブ!サンシャイン!! 』の女子生徒役でデビューした後、2019年に放送された『荒野のコトブキ飛行隊』のキリエ役初主演を果たされました。

鈴代紗弓さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『ひきこまり吸血鬼の悶々』ヴィルヘイズ役
  2. 『ウマ娘 プリティダービー』サトノクラウン役
  3. 『86-エイティシックス-』クレナ役
  4. 『失格紋の最強賢者』ルリイ役

 

ラヴィーネの強さと魔法能力・弱点 | カンネとの連携について

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ラヴィーネは凍結魔法を駆使して戦うタイプの魔法使いですが、彼女の強さの真価は「幼馴染(カンネ)との連携でこそ発揮されるもの」と捉えられます。

ここではラヴィーネの強さや凍結魔法に加えて、彼女自身の弱点について解説します。

 

スポンサーリンク

ラヴィーネが使う凍結魔法の強さと弱点

ラヴィーネが得意としている凍結魔法の強み「凍らせられる範囲が広いこと」「対象をなんでも凍らせられること」にあります。
さらには「無から氷を作りだすことも可能」である点も強みと言えるでしょう。

しかし、一次試験で見せたような派手さとは裏腹に「攻撃力が弱い」という致命的な弱点もあります。
そのため”1対1での対戦には不向き”であり、リヒターに対して真正面から放つだけでは彼の防御魔法で軽く防がれてしまいます。
それでも二次試験では水鏡の悪魔が変化した”カンネの複製体”を1人で倒しました。

created by Rinker
¥583 (2024/05/19 00:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ラヴィーネはカンネとの連携プレイでこそ強さの真価を発揮する

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

ラヴィーネの真の強さ「幼馴染(カンネ)との連携プレイでこそ発揮される」と言えます。

そのような真価は一次試験で見られており”隕鉄鳥(シユテイレ)”の捕獲に失敗したものの、その後に自分たちの前に立ち塞がるリヒターの両足を自分(ラヴィーネ)の凍結魔法で固めながら動けなくさせた上で、カンネの魔法で操る大量の水を喰らわせることにより見事に勝利しました。

リヒターの魔法や能力、フェルンやデンケンとの関係性については『【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性
...

 

スポンサーリンク

ラヴィーネの弱点は魔力探知能力の低さと詰めの甘さ

凍結魔法の威力とは別に“ラヴィーネ自身の弱点”もあり、それこそが「魔力探知能力(範囲も含む)の低さ」や「詰めの甘さ」です。

複数の優秀な兄たちの血を引くラヴィーネも”人間の魔法使い”としては強い方の部類に入ると思います。
ただ、一級魔法試験でのラヴィーネの戦い方などを見る限りではソリテールやフリーレンと比べて「魔力探知能力は低い上に有効範囲も狭い」と捉えられます。
(長年も生きながら戦ってきた大魔族やエルフと比較するのもナンセンスかもしれませんが…)

さらにカンネの複製体を倒した直後に安心と共に油断した不意を突かれる形で、リヒターと一緒にゼンゼの複製体からの奇襲攻撃を喰らっていました。
一時的に共闘したリヒターの方はラヴィーネの複製体を倒した後も魔力探知を怠らなかったものの奇襲を受ける結果となりましたが…
それでもラヴィーネの方は完全に油断していた事実には変わりませんからね。

ゼンゼの強さや魔法、ユーベルとの相性については『【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性
...

 

ラヴィーネの再登場時の地位や立ち位置について

【葬送のフリーレン】ラヴィーネの魔法能力と強さ | 家族構成やカンネとの友情関係

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

一級魔法試験の終了と同時にラヴィーネもまた、フリーレン一行とお別れした形で実家へと帰ったまま出番がない状態が続いています。

それでもラヴィーネが今後の展開で再登場する可能性もゼロとは言えません
ここでは、ラヴィーネの再登場する可能性や立ち位置などについて予想してみます。

 

スポンサーリンク

ラヴィーネも再登場時には一級魔法使いに昇格している?

フェルンやフリーレン達と一緒に受けた魔法試験では残念ながら不合格に終わったラヴィーネでしたが、気の強い性格である彼女なら、その悔しさをバネにして次の試験に備えて懸命に勉強や修行に励んでいるものと考えられます。

また、魔法試験編の終了から過去編までにかけて本編の年数も2年が経過しています。
一級魔法試験は”3年に1回”のペースで開催されているため、それから更に1年後にはラヴィーネもカンネも再び受験できるチャンスに恵まれるわけです。
1年後の再チャレンジではフリーレンという心強い味方がいないため、ラヴィーネにとっては少し心細い気持ちもあると思いますが…
それでも持ち前の気の強さを活かしながら、カンネと一緒に合格できる可能性もあり得ます。

もしも次の試験で本当に合格できた場合には、ラヴィーネも見事に一級魔法使いの仲間入り」を果たせることになります。

フェルンの魔法能力の強さやシュタルクへの想いは『フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/19 02:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ラヴィーネもカンネと共に再びフリーレンと共闘する可能性が高い理由

ラヴィーネとカンネが次の試験で合格を果たして一級魔法使いとなった場合には、これまでのゲナウとメトーデ、そしてデンケンと同じく再登場を果たしながら「再びフリーレンと共闘する展開」にも大きな期待をもてます。

確かにラヴィーネの凍結魔法の威力などが一級魔法試験編の頃より上がったとはいえ、フェルンやフリーレンが使う「ゾルトラーク(魔族を殺せる魔法)」には遠く及ばないでしょう。
それでもリヒター戦の時のようにカンネとの巧みな連携プレイを駆使する形で、ソリテールのような強い大魔族や復活する可能性もあり得る魔王を足止めするなどのサポート役として活躍してくれる展開にも充分に期待をもてるはずです。

ゲナウの魔法や強さ、故郷、再登場については『【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について
...

ソリテールのかわいい魅力や強さ、研究の理由や結果については『ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について
...

 

まとめ

今回はラヴィーネの性格や幼馴染(カンネ)との友人関係、ラヴィーネが使う凍結魔法の強さや弱点について解説しました。
パッと見ではかなり絶大な威力や効果を想像してしまうラヴィーネの強さや凍結魔法は、やはり「カンネとの連携プレイ」でこそ真価を発揮するものですね。

不合格で終わった結果は残念ながらも、気の強いラヴィーネならその悔しさをバネにして頑張っているはずですし、その結果、次の試験ではカンネと一緒に合格して一級魔法使いに昇格しているかもしれません。
そのように合格した上で、今後の展開でカンネと共に再登場と同時に再びフリーレンと共闘する勇姿を見せてくれる展開にも期待できそうですよね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント