【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され、2024年1月からは第2クールとして「一級魔法試験編」が放送中です。

本記事ではメトーデの強さや多彩な魔法や能力に加えて、意外な性格を紹介。
さらに、メトーデが二度目の再登場を果たせる可能性にも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

メトーデとは

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

メトーデフェルンやフリーレン達と同じ一級魔法試験を受験した二級魔法使いであり、他の受験者たちと違って“美人で大人な女性”という見た目が特徴的です。

一次試験ではトーンやレンゲと同じ第1パーティーで、続く二次試験ではデンケンたちと共に臨みながら最終試験へと進出しました。

created by Rinker
¥583 (2024/04/23 03:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

メトーデは魔族を狩る一族の出身

メトーデの詳しい過去や生い立ちまでは現時点(原作コミック12巻まで)では詳しく明かされていませんが「北部高原で魔族を狩る一族の出身」であることだけが判明しています。

原作75話でメトーデと戦った魔族の少女から「魔族を殺すために生涯を捧げた“いかれた一族”とまで言われましたが…
人間でありながら魔族たち(レヴォルテの部下たち)と互角に戦えていたのにも、そのような戦闘に長けた種族として生まれた故の才能や戦闘能力にも恵まれていたためとも考えられます。

 

スポンサーリンク

メトーデの年齢は20代後半〜30代前半ほど?

本編の中でメトーデの年齢は明かされていませんが、フェルンエーレたちよりも明らかに年上(大人)な外見や身長のため「およそ20代後半〜30代前半ほどと考えられます。

人に対する話し方も常識的かつ大人びており、日常時だけでなく試験中や戦闘中も落ち着いた態度を保っていましたからね。

エーレの祖父、魔法や強さ、ヴィアベルとの関係性については『【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について
...

 

スポンサーリンク

メトーデの性格 | 小さな人が好きという意外性で試験にも合格した?

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

一見は落ち着いた大人の女性であるメトーデですが「小さな人が好き」という意外かつ変わった性格の持ち主です。

二次試験の最中に拘束魔法を使うという理由でフリーレンを抱きしめていましたが…
メトーデにとってはフリーレン「自分の好きな小さな人」に該当していたため”抱きしめたい”という欲求による行動だったとも考えられます。

しかも、最終試験で対面した面接官(ゼーリエ)からの「私を見て、どう思った?」という質問に対して「小っちゃくて可愛いな」と何の迷いもなく本心を曝け出しながら答えていました。
一級魔法使いになれるか否かという大事な面接試験でも、そこまでハッキリと言えてしまうメトーデの「小さな人好きな性格や性質」は、もはや常軌を逸している域でもありますが…
そのように答えた直後にゼーリエから合格の判定をもらえたことにより、晴れて一級魔法使いになることができたのです。

ゼーリエの声優・強さや魔王を倒せない理由については『【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由
...
created by Rinker
¥583 (2024/04/23 10:27:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

一級魔法使いと同時に”ゼーリエの弟子”となって任務をこなしていく

試験に合格したことでメトーデも一級魔法使いになれましたが、それは即ち「ゼーリエの弟子にもなった」ということです。

そして弟子になった者はゼーリエからの命令を受けることで任務に出動することとなりますが、メトーデの場合は原作コミック8巻でゲナウと共に“魔族の討伐任務”に出動している中でフリーレン一行との再会および共闘を果たしました。

ゲナウの魔法や強さ、故郷、再登場については『【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について
...

 

スポンサーリンク

メトーデの声は声優「上田麗奈さん」が担当

メトーデの声を担当している声優さんは「81プロデュース」に所属する上田麗奈さんです。

上田さんは小学校時代から演劇を続けてきた中、中学時代に出会った同じ演劇部員の方が声優志望と聞いたことで上田さん自身も声優を職業として認識されたそうです。
テレビアニメでは2012年に放送された『イナズマイレブンGO クロノストーン』デビューされており、2014年に放送された『ハナヤマタ』の関谷なる役初出演を果たされました。

上田麗奈さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ギギ役
  2. 『異修羅』遠い鉤爪のユノ役
  3. 『無職転生Ⅱ』アリエル役
  4. 『チェンソーマン』レゼ役

 

メトーデの強さ | 多彩な魔法や能力でフリーレン達と共闘

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

(葬送のフリーレン第8巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

メトーデの本当の強さや魔法能力は一級試験終了後に繰り広げたレヴォルテ戦の中で明かされました。
さらに、フリーレン達にも持ち得ない魔法も使いこなせることで、レヴォルテ将軍たちとの戦闘および討伐まで達成できたのです。

 

スポンサーリンク

強力な攻撃魔法や補助魔法で魔族とも互角に戦える

魔法試験編での戦闘シーンは極めて少ないまま終わったメトーデですが…
試験終了後、ゲナウやフリーレンと共闘する中で絶大な魔法や強さの本質を見せてくれました。

何よりも大きいのが、フェルンやフリーレンと同じく「ゾルトラーク(魔族を殺せる魔法)まで使える点です。
フェルンやフリーレンのものより魔法そのものは小さめでありながら“連射が利く”という利点もあります。
ちなみにメトーデは“攻撃の速度”や”連射技術”一流のため、ゾルトラークも単に習得しただけでなく自分が扱いやすいように(連射できるように)上手くアレンジしていたものと捉えられます。

さらに「エリルフラーテ(霧を晴らす魔法)を使うことにより、レヴォルテの部下が魔法で張った霧を一瞬でかき消しています。
こちらはあくまでも補助的な魔法ですがメトーデのおかげでフェルンが戦いやすくなった上、上空から放ったゾルトラークで部下2人を倒すことに大きく貢献しました。

フェルンの魔法能力の強さやシュタルクへの想いは『フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

聖典で回復魔法も使いこなせる

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

(葬送のフリーレン第8巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

メトーデはフェルンやフリーレンとは違って回復魔法も使いこなせる点」も非常に大きく、長い冒険や強敵との激闘を行う際には必要不可欠な存在とも言えます。
レヴォルテとの死闘で重傷を負ったゲナウシュタルクが死亡せずに済んだのも、決着後にメトーデが2人に唱えてくれた回復魔法のおかげでした。

ちなみに僧侶ではないメトーデが回復魔法を使えるのは、いつも所持している“聖典”のおかげです。
聖典には女神様の魔法が記されており、その中に記されている回復魔法であれば、魔法使いのメトーデでも使用することができたわけです。

シュタルクの真の強さや過去、フェルンとの恋愛関係は『【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

拘束魔法や精神操作魔法も使えるが、フリーレンには通用しない?

メトーデは拘束魔法精神操作魔法も使える」とされています。
これらの魔法は対象を見たり触れたりすることによって、目前の相手に「これらの魔法が通じる否か」を見極めことも可能と言われています。
ちなみに”拘束魔法”と聞いて同じ一級魔法試験を受験したヴィアベルユーベルに対して使っていた「ゾルガニール」が真っ先に浮かんだ読者も多いと思いますが…
メトーデの場合は原作51話でフリーレンを抱きしめながら使う様子が描かれていたため、同じ拘束魔法でもヴィアベルのゾルガニールとはまた別物であると考えられます。

しかし、通用する相手にも限度があり「フリーレンにはメトーデのどんな魔法も通じないこと」が判明しています。

ヴィアベルの性格や魔法、過去および勇者ヒンメルとの関係性については『【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性
...

ユーベルの魔法能力の強さについては『【葬送のフリーレン】ユーベルがかわいい!切れる魔法の強さや能力も紹介』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ユーベルのかわいい魅力・声優 | 切れる魔法の強さや能力
...

 

スポンサーリンク

検死魔法で犯人(レヴォルテ)を突き止めた

メトーデは検死魔法も得意としており、この魔法があったからこそ、ゲナウの故郷の村人たちを殺害した犯人(レヴォルテと部下たち)を突き止めることができました。

検死魔法とは死亡した人間や周囲の状態を捜査する形で「死因を突き止められる能力」とされていますが、メトーデの場合は“死体につけられた傷や攻撃の跡”から犯人は4本もの刀を操る者(レヴォルテ)」であると特定したのです。

created by Rinker
¥583 (2024/04/23 09:01:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

魔力探知能力の優秀さをデンケンからも認められる

メトーデは魔力探知能力にも優れており、二次試験ではその高い正確性を発揮しながら「複製体(水鏡の悪魔)のいる場所」を的確に割り出しました。

遠方からの探知には“距離における限度”がありますが、それでもメトーデの探知能力の高さはデンケンからも感心されていた程です。

デンケンの強さや魔法、妻やマハトとの過去は『【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去
...
created by Rinker
¥583 (2024/04/23 02:26:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

メトーデが二度目の再登場を果たす可能性について

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について

(葬送のフリーレン第8巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

レヴォルテを倒したことで任務を完遂したメトーデですが次の任務(ノルム騎士団の護衛)のため、ゲナウと共に再びフリーレン一行と別れました。
しかし、メトーデの出番がここまで終わりとはならず、今後の展開で「二度目の再登場を果たせる可能性」について考察してみます。

 

スポンサーリンク

“フリーレンの仲間の座(僧侶枠)”を賭けてザインと勝負する?

メトーデが今後の展開で”二度目の再登場”を果たす可能性が高い理由とは、メトーデ自身から「フリーレン一行の仲間(僧侶枠)になること志願していたこと」が大きいです。

レヴォルテ達を倒して任務完遂した後、自分が回復魔法も使えることをアピールしながらフリーレンに対して「私も同行しましょうか?」と切り出しますが「僧侶枠(ザインのこと)を空けておきたい」と言われながら軽く断られました。
この時点ではメトーデ自身にも次の任務が控えている関係もあり、素直に退きましたが…
もしも今後の展開で”ザインとの再会”を果たした場合、メトーデの方からザインに対して「僧侶枠を賭けての勝負」を申し出てくる可能性も充分に考えられます。

そのような勝負もザインやフリーレンの了承がなければ実現されないと思いますが…
「強い魔法使い(メトーデ)VS優秀過ぎる僧侶(ザイン)」による勝負は、かなり熱いバトルが繰り広げられるはずです。

ザインの年齢や過去、強さや再登場の可能性については『【葬送のフリーレン】ザインの年齢や過去・声優 | 能力と強さ・再登場の可能性』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ザインの年齢や過去・声優 | 能力と強さ・再登場の可能性
...

 

スポンサーリンク

復活する魔王との再戦ではメトーデの魔法も必要となる?

仮にメトーデが最終話までフリーレン一行に加入しないままで終わった場合でも再び登場する可能性は高いです。

レヴォルテ戦を皮切りに黄金郷編でのマハトソリテールなど、今ではフリーレン一行の3人だけで簡単に勝てる戦況ではなくなり始めています。
回想編の後からもマハトたちに匹敵する程の強さをもつ“無名の大魔族”がフリーレン達の前に現れて立ち塞がる展開は目に見えています。
さらにマハトが最期を迎えた影響もあり、読者たちから噂されている「魔王の復活」が実現してしまった場合、フリーレンも魔王との再戦は避けられません。

そのような展開や死闘が始まる中、攻撃だけでなくメトーデのような回復や補助にも長けた魔法使いの協力も必要とされるはずです。

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...

ソリテールのかわいい魅力や強さ、研究の理由や結果については『ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について
...

 

まとめ

今回はメトーデの強さや多彩な魔法や能力について紹介しました。
一見は落ち着いた大人の女性という印象が強いメトーデですが、意外な性格(小さな人が好き)やレヴォルテ編で見せた強さや多彩な魔法能力などの魅力が、多くの読者を惹きつけた要因になったと考えられます。

メトーデが使える多彩な魔法をレヴォルテ戦や魔法協会での任務だけで終わらせてしまうことは非常にもったいないですよね。
今後の展開で登場する大魔族や復活する可能性の高い魔王との再戦でもまた、メトーデも参戦させながら更なる活躍を見せてほしいものです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント