【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され、2024年1月からは第2クールとして「一級魔法試験編」が放送中です。

本記事ではシャルフの強さや魔法、弱点に加えてヴィアベルシュタルクとの関係性について解説。
さらには、シャルフが最終試験で脱落した理由や二度目の再登場を果たせる可能性にも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

シャルフとは

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

シャルフ三級魔法使いの人間であり、フェルンやフリーレン達と一緒に一級魔法試験を受験した青年です。
一次試験ではヴィアベルやエーレと第8パーティーを組んだ中、第4パーティーのラントと戦いました。

エーレの祖父、魔法や強さ、ヴィアベルとの関係性については『【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について
...

 

スポンサーリンク

シャルフの年齢は20代半ば〜後半ほど?

本編の中でシャルフの年齢は明かされていませんが、一次試験でのヴィアベルとの接し方や関係性を見る限りでは「およそ20代半ば〜後半ほど」と考えられます。

ヴィアベルが一級魔法試験の終了後に30代になったことを自身の台詞で明かしており、一次試験中では30代のヴィアベルに介抱してもらっている場面や光景を見る限りでは“まるでシャルフの方が世話の焼ける弟“のような立ち位置であり、ヴィアベルよりも少し若い印象もありますからね。

ヴィアベルの性格や魔法、過去および勇者ヒンメルとの関係性については『【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性
...

 

スポンサーリンク

ヴィアベルやシュタルクと共に討伐任務もこなす

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

一次試験ではラント戦で敗北させられたシャルフですが、試験の合間に出撃した魔物の討伐任務ではヴィアベルやシュタルクと一緒に勇敢に戦っていました。

本編での試験編ではあまり大きな見せ場に恵まれなかったシャルフでしたが…
試験の合間での討伐任務ではそれなりに善戦していた上、二次試験でも戦闘シーンはカットされながらも“ヴィアベルの複製体(水鏡の悪魔)”を倒したことが語られています。

シュタルクの真の強さや過去、フェルンとの恋愛関係は『【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】戦士シュタルクは死亡する? | フェルンとの恋愛や結婚について
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/17 23:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

シャルフが最終試験(ゼーリエとの面接)で脱落した理由

シャルフも最終試験(ゼーリエとの面接)でエーレやカンネ達と一緒に脱落したため、残念ながら“不合格”という結果で終わりました。
シャルフもまた、彼女たちと同様にカンネの次に入室した途端に面接官(ゼーリエ)からの「不合格」の一言で終わっていたため、具体的な理由までは明かされていません。

しかし、シャルフ達よりも先に入室したカンネがゼーリエから「魔力に恐怖を感じていること」「一級魔法使いになった自分の姿をイメージできていないこと」を指摘されていました。
そのため、カンネの次に立て続けに不合格と言い渡されたシャルフ達が脱落させられた理由も、おそらくは「カンネと同じか似たような理由」であることが読み取れます。

カンネの強さや魔法、ラヴィーネとの友情や連携については『【葬送のフリーレン】カンネの声優・魔法能力と強さ | ラヴィーネとの連携や友情関係』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】カンネの声優・魔法能力と強さ | ラヴィーネとの連携や友情関係
...

ゼーリエの強さや魔王を倒せない理由については『【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 最強でありながら魔王は倒せない?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由
...

 

スポンサーリンク

シャルフの声は声優「村井雄治さん」が担当

シャルフの声を担当している声優さんは「ステイラック」に所属する村井雄治さんです。

村井さんは声優業以外にも橋本祐樹さんと共にYou Tubeでのゲーム実況なども積極的に行われています。
テレビアニメでは2016年に放送された『遊戯王ARC-V』のジェイコブ役で声優デビューを果たされました。

村井雄治さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『はたらく細胞BLACK』赤血球役
  2. 『メイドインアビス』エンベリーツ役
  3. 『ダークギャザリング』伊藤役
  4. 『月が導く異世界道中』ウーディ役

 

シャルフの強さと魔法能力・弱点 | 運も実力のうち?

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

シャルフは「ジュベラード(花弁を鋼鉄に変える魔法)を駆使して戦うタイプの魔法使いであり、一次試験でのラント戦で披露しました。
ここでは自身の使う魔法も含めながら、シャルフの強さと弱点について解説します。

 

スポンサーリンク

シャルフの魔法は攻防一体の強さを誇る

シャルフが使う「ジュベラード(花弁を鋼鉄に変える魔法)」はその魔法名どおり、自分の周囲に咲いたり落ちている無数の花弁鋼鉄に変えながら敵や対戦相手に向けて飛ばすことが可能です。
しかも飛ばすだけでなく、無数の花弁を集めて“武器化”させて利用することも可能な点」も大きな強みと言えます。

さらに魔法で集めた花弁を固めながら“盾”に変化させることで敵からの攻撃を防ぐことも可能なため、まさに攻防一体の強さを誇ります。
攻防一体が可能である点ではリヒターの「バルグラント(大地を操る魔法)」とも共通していますね。

その一方で致命的な弱点もあり、あくまでも花弁を操る魔法であるため「自分の周囲に花弁がない場所では魔法や能力を発動できない点」が大きな痛手です。
このような弱点においてはカンネの「リームシュトリーム(水を操る魔法)」と共通しています。

リヒターの魔法や能力、フェルンやデンケンとの関係性については『【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/18 01:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

シャルフの弱点は魔力探知が苦手なこと

魔法とは別のシャルフ自身の弱点「魔力探知が苦手なこと」であり、一次試験ではその弱点を突かれながらラントに敗れて倒されてしまいました。

このようなシャルフの弱点は、自身も魔法使いかつ魔法使いの人間を相手に戦う者にとっては致命的でしかありません。
さすがにソリテールやフリーレンと同等の高すぎる探知能力まで求めるのは酷と言うものですが…
それでもシャルフ自身がある程度の魔力探知能力をもっていたならば、ラントの幻影魔法で作られた分身体をある程度は見抜くことも出来ていたかもしれません。

ラントの魔法、ユーベルとの関係性については『【葬送のフリーレン】ラントの声優・チート級な魔法 | ユーベルとの恋愛関係』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ラントの声優・チート級な魔法 | ユーベルとの恋愛関係
...

ソリテールのかわいい魅力や強さ、研究の理由や結果については『ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

ソリテールのかわいい魅力 | 魔力や強さはフリーレンよりも上?研究の理由や結果について
...

 

スポンサーリンク

運に恵まれている点もシャルフの強さ?

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

(葬送のフリーレン第5巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

シャルフ自身の戦闘能力は際立って高いわけではありませんが、それでも“運”にはそれなりに恵まれており、一次試験ではその運のおかげで突破できた感もあります。
ラントとの戦いで敗れて倒れているところをヴィアベルに発見された上、動けなくなった状態でもヴィアベルの浮遊魔法で一緒に目的地にまで連れて行ってもらえた結果、次の二次試験へ進むことが出来たのです。

運と強さを結びつけるのもナンセンスと思われがちですが「運も実力のうち」という言葉もあります。
シャルフは魔法試験よりも前から魔法使いとして幾多もの討伐任務などもこなしてきたようですが…
シャルフが試験中に死亡せずに済んだのも、彼自身がもつ“それなりに高い運気のおかげ”だったとも捉えられますね。

 

シャルフがヴィアベル達と共に二度目の再登場を果たす可能性について

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

魔法試験終了後も一度はエーレやヴィアベルと共に”フリーレン一行との早い再会”を果たしたシャルフですが、彼もヴィアベル達と一緒に帰郷していったきり“音沙汰なし”な状況です。

それでも今後の展開次第ではシャルフもまた、ヴィアベルやエーレと共に“二度目の再登場”を果たせる可能性も高いと言えます。

created by Rinker
¥583 (2024/05/18 01:47:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

シャルフが一級魔法使いになるために必要な訓練は魔力探知

フェルンやフリーレン達と一緒に受けた魔法試験では不合格で終わってしまったシャルフですが、彼もまたカンネリヒター達と同じく次の試験を受けた時には合格して一級魔法使いの仲間入り」を果たす可能性も高いです。

それでもシャルフの場合は“自身の苦手分野の克服”最重要な課題となり、次の試験までに如何にして「魔力探知を使いこなせるようになれるか?」が最大の壁となっているかもしれません。
しかも、次の試験では自分を最終試験にまで導いてくれたヴィアベルもいない状況で受けなければならないため、苦手分野への克服がなおさら“合格への重要な鍵”となるはずです。

フェルンの魔法能力の強さやシュタルクへの想いは『フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

シャルフも本心でシュタルクの強さを欲している?

シャルフやヴィアベルにとってフリーレン一行の中で最も親しい存在とは、実はシュタルクです。
魔法使いであると同時に”魔物の討伐”も行なっている彼らにとって、一緒に試験を受けたフェルンやフリーレンよりもシュタルクがもつ「戦士としての強さ」こそ最も求めてきたものだったのでしょう。

ヴィアベルとは違って口に出すことはないものの、それでもシャルフも内心では「シュタルクの力が欲しい」と思っているはずです。
もしもシャルフが帰郷後もエーレやヴィアベルと共に行動(または、たまに会って一緒に討伐任務をこなし続けている等)し続けているのであれば、シャルフもエーレと一緒に一級魔法使いに昇格した上でヴィアベルとも一緒に3人揃って「三度フリーレン一行の前に現れる可能性」も決してゼロとは言い切れません。

シャルフの故郷もエーレやヴィアベルと同じく”北の地方”であり、方向だけはフレーレン達が目指すオレオール(魂の眠る地)と共通していますからね。
そのように到達時に三度会う可能性も高い上、原作コミック8巻で”ゼーリエからの討伐命令”を受けたメトーデのようにゲナウと共に出動したケースもありましたからね。

ゲナウの魔法や強さ、故郷、再登場については『【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゲナウの声優・魔法と連携の強さ | 故郷での再登場について
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/18 01:47:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

今回はシャルフの強さや魔法、弱点に加えてヴィアベルシュタルクとの関係性について解説しました。
同じ魔法試験の受験者でも他の魔法使い達と比べてイマイチ見せ場に恵まれなかった印象も強いシャルフですが、彼が使う魔法も戦況によっては決して侮れない強さを誇ります。
一次試験では戦う相手(ラント)が悪すぎたものの、二次試験では自力で複製体を倒して突破したようですからね。

最終試験で不合格に終わった結果は残念でしたが、それでも次の試験ではエーレ達と一緒に合格する可能性もありますし、今後はまたヴィアベルやシュタルクと共に魔物の討伐任務で活躍できる展開にも期待できるはずです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント