【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され、2024年1月からは第2クールとして「一級魔法試験編」が放送中です。

本記事ではエーデルの性格、魔法や能力について解説。
さらに劇中ではハッキリ明かされていないエーデルの種族や年齢などにも迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

エーデルとは

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

エーデル二級魔法使いであり、フェルンやフリーレン達と一緒に一級魔法試験を受験した少女です。

一次試験や二次試験ではブライやドゥンストと同じ第17パーティーを組んでいた上、試験の間のプライベートでも3人で一緒に行動していました。

 

スポンサーリンク

エーデルの種族と年齢 | エルフで長寿の可能性が高い?

一見はエーレフェルン達と同年代の少女に見えるエーデルですが「実はエルフかつ長生きしている可能性が高い」と思います。

自分のことを「儂(わし)」という一人称で呼んでいる上「〜じゃ」や「〜じゃな」という語尾を使っており、まるでお爺さんのような言葉遣いをしていました。
また、可愛らしいショートボブの髪型で隠れている耳も、ゼーリエやフリーレンと同じ「エルフの尖った形の耳なのでは?」とも考えられないでしょうか?

今後の展開(二度目の再登場)などで、エーデルの正式な種族や年齢が明かされることにも期待したいですね。

エーレの祖父、魔法や強さ、ヴィアベルとの関係性については『【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について
...

フェルンの魔法能力の強さやシュタルクへの想いは『フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

フェルンの魔法・強さはフリーレンより上? | シュタルクとの恋愛や結婚について
...

 

スポンサーリンク

エーデルの性格 | 冷静だけど”可愛いもの好き”な一面も

試験や戦闘中ではいたって冷静に振る舞いながらゼンゼ(複製体)やマハトの目前でも落ち着きながら対処できるエーデルですが…
プライベート時には見た目相応な「可愛いものが好き」という女の子らしい一面も見せています。

劇中ではたまたま見つけた”動物の形をしたパン”を前に買うか我慢するな悩む描写もありました。

created by Rinker
¥583 (2024/05/19 06:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

エーデルの魔法試験結果 | 二次試験でブライやドゥンストと共に脱落した

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フェルンユーベルヴィアベルを始めとした複数もの合格者を出した一級魔法試験ですが…
エーデルは残念ながらブライやドゥンストと共に二次試験で脱落したため、不合格という結果に終わりました。

二次試験の迷宮内では全ての受験者の前に“自分たちの複製体(水鏡の悪魔)”が立ち塞がり戦いを避けることが出来ない中、エーデル達の前では試験官である“ゼンゼの複製体”が襲いかかってきたのです。
エーデルとゼンゼでは魔法使いとしての地位や経験値はおろか、魔力における強さも桁違いでした。
それでも始めは臆せず迎撃に入ったものの、自分の”精神操作魔法”が通じなかったことで潔く脱出用ゴーレムの瓶を割り、自らの意思で辞退しました。

辞退することはエーデルにとっても苦渋の選択でしたが…
それでも、この場で無理に戦い続けて死亡するよりは「次の魔法試験で再挑戦する方がマシ」と判断できたのも、エーデルがもつ冷静さのおかげだったと言えます。

ゼンゼの強さや魔法、ユーベルとの相性については『【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性
...

 

スポンサーリンク

一級魔法試験後にはレルネンと共にマハトと交戦した

一級魔法試験の終了後から2年後にはレルネンと共に黄金郷に向かうデンケンを見送る形で再登場しました。

さらにエーデルもレルネンと共に“黄金郷の調査”に向かう中、七崩賢のマハトとも交戦しながら「記憶を読み取ること」に成功しています。

レルネンの魔法や強さ、過去などについては『レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/18 16:36:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

エーデルの声は声優「黒沢ともよさん」が担当

エーデルの声を担当している声優さんは「東宝芸能」に所属する黒沢ともよさんです。

黒沢さんは幼少期から子役デビューされており、多くの舞台やCM、テレビドラマへの出演を果たされてきました。
テレビアニメでは2012年に放送された『ブラック・ロックシューター』で声優デビューを果たされ、2015年に放送された『響け!ユーフォニアム』の黄前久美子役初出演を獲得されました。

黒沢ともよさんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『アイカツ!』有栖川おとめ役
  2. 『アイドルマスター シンデレラガールズ』赤城みりあん役
  3. 『魔女の度々』サヤ役
  4. 『メタリックルージュ』ナオミ役

 

エーデルの強さ | 多彩な魔法や能力でマハトの記憶も奪う

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

メトーデとは少し違う形で様々な魔法や能力を使いこなせるエーデルも魔法協会に欠かせない存在です。
ここでは、そのようなエーデルの魔法や能力を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

「精神操作魔法」における長所と短所

エーデルは「”精神操作魔法を生業とする一族”の出身」であり、本作品の中でも「精神魔法のエキスパート」という立ち位置です。
劇中ではその精神魔法がハッキリと描かれていないものの、二次試験でのゼンゼ(複製体)と向き合う中で見せた「対象を支配する能力」もまた、エーデルの得意とする“精神魔法の一種”と考えられます。

エーデルの精神魔法による支配能力では「対象に選んだ者を自分の意のままに操ることが可能」という長所を誇る一方、短所の方が多く存在します。
短所としては「自分以上の強さを誇る者を操るのは難しいこと」に加えて「心のない者は操れないこと」が挙げられます。
この2つの短所が二次試験で遭遇した“ゼンゼの複製体”と悪い意味でマッチしてしまっており、仮に本物のゼンゼが襲撃してきた場合もエーデルの精神魔法で操るのは無理であったと解釈するべきでしょう。

さらに「対象の者と目を合わせること」発動条件とされており、このような難点はヴィアベルが使う「ゾルガニール(見た者を拘束する)」と共通していますね。

ヴィアベルの性格や魔法、過去および勇者ヒンメルとの関係性については『【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ヴィアベルの声優・魔法や過去 | 勇者ヒンメルとの関係性
...
created by Rinker
¥583 (2024/05/19 00:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

「記憶の取得」でマハトの”100年分の記憶”まで読み取る

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

(葬送のフリーレン第9巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

エーデルには相手の記憶を取得できる能力」もあり“マハトの100年分の記憶”を読み取ることに成功したことで、後にデンケンやフリーレン達の勝利に大きく貢献しました。

記憶の読み取りには「対象の相手に直接触れること」が条件とされていますが、その対象は人間以外の種族(魔族など)に対しても有効です。
さらに「一瞬で100年分の記憶まで取得できる」という大きな長所もあります。

その一方で「取得できる情報量には限界があること」に加えて「対象の情報量が多いほど使用主(エーデル)にかかる身体への負担も大きくなる」という短所も併せもっています。
マハトの記憶を読み取った直後のエーデルも鼻血を出しながら倒れかけていましたが…
マハト程の強者の記憶に加えて”100年分もの記憶”という膨大すぎる情報量を一瞬で読み取ったことでかかる負担も相当に大き過ぎたはずであり、鼻血や立ちくらみだけで済んだことはむしろ幸運だったと捉えるべきです。

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...

 

自分(エーデル)が読み取った記憶の譲渡も可能

エーデルが取得した対象の記憶「他者に譲渡すること」も可能です。

レルネンと共に先に黄金郷での調査中に獲得できた“マハトの100年分の記憶”デンケンに譲渡しており、その後にはデンケンからフリーレンに渡されています。
このように譲渡まで出来ていたからこそ、デンケンやフリーレン達が最終的にマハトソリテールとの死闘で勝利できたわけです。

デンケンの強さや魔法、妻やマハトとの過去は『【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去
...
created by Rinker
¥649 (2024/05/19 00:30:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

術式の解析や修復も可能

精神支配や記憶の読み取りに加えて「術式の解析修復も可能です。

術式の解析や修復においては相手に直接触れる必要がない「相手から離れた場所からも解析が可能」です。
さらに解析した術式が破壊されていた場合でも「元の術式に修復させることも可能」である点も大きなポイントと言えます。

エーデルの場合はレルネンから頼まれて、マハトが使っていた「支配の石環(レプリカ)」の解析にも貢献しました。

 

スポンサーリンク

根本的な戦闘能力は弱めでサポート役に向いている

精神魔法や記憶の読み取りに長けている一方、エーデルの直接的な戦闘能力低めです。
マハトと交戦中もレルネンから「決して強くはない」とハッキリ言われてしまっています。

しかし弱いのはあくまでも“対人戦のみ”であり、精神魔法でエーデルの右に出る者は今でもいないはずです。
(ゼーリエやフリーレンのような特別格は除いて…)

エーデルの精神魔法の優秀さは一級魔法使いのメトーデやレルネンからも認められており、今後の展開次第では魔法試験編や黄金郷編とはまた違う形での活躍してくれそうですよね。

メトーデの魔法や強さ、性格などについては『【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】メトーデの声優・魔法と強さ | 再登場の可能性について
...

 

エーデルが一級魔法使いになるために必要なこと

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由

(葬送のフリーレン第6巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

黄金郷編でレルネンと共に去ってからは再び出番のない状況が続いているエーデルも、メトーデヴィアベル達と同じく“二度目の再登場”を果たせる可能性はかなり高いと思われます。
また、その二度目の再登場を果たせた時にエーデルも一級魔法使いに昇格できていた場合には、これまで以上に頼れる存在へと成長しているとも考えられます。

ここでは、エーデルが次の魔法試験で合格するために必要なものなどについて考察してみます。

 

スポンサーリンク

エーデルの合格に本当に必要なものは運と思考?

エーデルもリヒター達と同じく、黄金郷での調査を終えた後から次の一級魔法試験に向けて頑張っているかもしれません。
ただ、エーデルが次の試験で合格するための必要なものは他の受験者たちとは大きく違っていると思われます。
エーデルが合格するために必要ものとは、強さや魔法能力よりも「運と思考」ではないでしょうか?

実際、二次試験の迷宮で立ち塞がってきた複製体たち(水鏡の悪魔)は「受験者たちの思考に合わせて具現化される」という特徴もあり、ユーベル達やヴィアベル達の前に現れたのはあくまでも”自分たちの複製体”でした。
しかし、エーデル達3人の前には彼女たちを遥かに上回る強さと魔力の持ち主である“ゼンゼの複製体”が襲撃してきた時点で運の尽きだったと言えるでしょう。

次の一級魔法試験の内容が大きく変わる可能性の方が高いですが、例えどのような試験内容に変わっていたとしてもエーデルが合格するには“運”と”己の思考”によって大きく左右されそう感じます。

リヒターの魔法や能力、フェルンやデンケンとの関係性については『【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】リヒターの声優・魔法能力と強さ | フェルンやデンケンとの関係性
...

ユーベルの魔法能力の強さについては『【葬送のフリーレン】ユーベルがかわいい!切れる魔法の強さや能力も紹介』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ユーベルのかわいい魅力・声優 | 切れる魔法の強さや能力
...

 

スポンサーリンク

エーデルなら魔王の記憶を読み取ることも可能?

読者たちの間で噂されている「魔王の復活」が実現された場合、フリーレン一行が再戦を避けることはほぼ不可能と考えられます。
さらに魔王の強さや魔力の詳細は明かされていないものの、勇者ヒンメル達と共に倒した時以上に上がっている可能性もゼロとは言い切れません。

それでもエーデルが一級魔法使いに昇格することで自身の魔力や能力値まで上げられていた場合には「魔王の記憶まで読み取ること」も可能になるのではないでしょうか?
仮にそこまで達成できた場合、おそらく身体にかかる負担もマハトの時以上に重くなると思いますが…
それでもエーデルの精神操作魔法や記憶の読み取りも魔王との再戦において、非常に重宝されるはずです。

 

まとめ

今回はエーデルの性格、魔法や能力について解説すると同時に種族や年齢について迫りました。

戦闘能力は高くないとはいえ、エーデルが使いこなせる精神操作魔法や記憶の読み取り等は今後の調査や戦闘にも非常に役立つ貴重な能力であり、エーデルのおかげで最終的にマハトソリテールに勝利できたと言っても過言ではありません。

是非とも黄金郷編以降も登場して、フリーレン達の大きな助けとなりながら活躍し続けてほしいですよね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント