【決定版】おすすめアニメ120選

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され「一級魔法試験編」までが2024年3月まで放送されました。

本記事では南の勇者の性格や能力、死亡した最期について紹介。
さらには「南の勇者こそが”人類で最強”とされる理由」や今後の展開で再登場できる可能性についても迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

南の勇者(みなみのゆうしゃ)とは

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

南の勇者はヒンメル一行が魔王退治の冒険に出る前の時期から1人きりで戦ってきた英雄であり、本編の時代では既に故人となっています。

同じ人間の勇者でありながら若いイケメンだったヒンメルとは対照的に、南の勇者の方は“チョビ髭”が特徴的なダンディーな雰囲気を大きく醸し出すおじさまでした。

 

スポンサーリンク

南の勇者の本名や年齢は? | ゲストキャラでも高い人気を誇る

南の勇者は本名を始め、誕生日やフリーレンと出会った頃の年齢まで明かされないまま死亡しています。
さらに登場できた回数も原作63話での「”フリーレンの回想”や”ファーブル村での像”だけ」という、まさにゲストキャラ的な扱いでした。

それでも読者たちからの人気は高く、週刊少年サンデー本誌で開催された「第1回キャラクター人気投票」では8に選ばれたことでベスト10入りを果たしています。
アニメ1期終了後に開催された第2回ではアウラユーベル達の急上昇などの影響により、第42位へと落ち着きましたが…
アニメ2期で登場を果たせた場合にはユーベルたちのように高い投票数を得ながら再びベスト10内に返り咲くかもしれませんね。

ユーベルの魔法能力の強さについては『【葬送のフリーレン】ユーベルがかわいい!切れる魔法の強さや能力も紹介』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ユーベルのかわいい魅力・声優 | 切れる魔法の強さや能力
...

 

スポンサーリンク

南の勇者の性格 | 聡明さや誠実さから高い行動力もある

出会ったばかりのフリーレンに対して見せたように、南の勇者は「聡明さと誠実さ」に溢れた性格や振る舞いで紳士的なキャラクターです。

さらに自身がもつ特別な能力の影響で、ヒンメルたちが魔王城に到達できるための犠牲になることを買って出てくれた上、ヒンメル達が魔王を倒して世界を救ってくれるためなら「自分の命や地位も惜しまない」という行動力の高さも見せました。

しかし、そのような自身の能力や行動力が「南の勇者自身の最期(死亡)」という結果や結末につながってしまうことは、あまりにも皮肉としか言えませんね。
(南の勇者の能力や最期については、後の項目で解説します)

 

スポンサーリンク

南の勇者とフリーレンの出会いや交流について

南の勇者が出会った時のフリーレンは「まだ勇者ヒンメル達と出会う前の時期」でした。
しかも、自分の師匠であったフランメとも死別した後のため、フリーレンは完全に1人きりで行動していたわけです。

そんなフリーレンに対して、南の勇者の方から魔王討伐の旅に勧誘…
即ち「自分の仲間になってほしい」とお願いしますが、フリーレンから「私じゃ魔王に勝てないよ」と返されながらキッパリと断られています。

それでも南の勇者はフリーレンに対して、自身の能力のことや「自分の死期」に加えて「フリーレンがやがて”世界を救う勇者”と出会うこと」を教えてくれました。
その勇者こそがヒンメルの存在であり、南の勇者と別れた後のフリーレンは本当にヒンメル達3人と出会い、彼らと共に”魔王討伐の旅”に出発したのです。

フランメの強さや魔法、残した功績については『【葬送のフリーレン】フランメの魔法と強さ | 残した功績・ゼーリエ達との師弟関係』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】フランメの魔法と強さ | 残した功績・ゼーリエ達との師弟関係
...

ヒンメルのかっこ良さやフリーレンへの恋愛感情については『【葬送のフリーレン】ヒンメルがかっこいい | フレーレンへの恋愛感情はあった?』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ヒンメルがかっこいい | フリーレンへの恋愛感情はあった?
葬送のフリーレンは2021年マンガ大賞の大賞を受賞して、泣けるファンタジー作品と呼ばれ話題となりました。この記事では主人公フリーレンのかつての仲間ヒンメルのかっこいい要素や、フリーレンへの恋愛感情について紹介いたします。

 

スポンサーリンク

南の勇者が魔王を討伐して世界の英雄になれた歴史も存在した?

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

世界を脅かす魔族や魔物たちの主である魔王を実際に倒したのはヒンメル一行だったため、世界中での支持率や知名度の高さでは完全にヒンメルたちの方が上回っています。

そんな中でも北側諸国にあるファーベル村ではヒンメル像でなく「南の勇者の像」を立てられた上、本編の時代でも生き続ける村人たちからは「南の勇者が高く崇められている状況」です。
この村や地域では魔王がまだ健在だった時代では”七崩賢の支配”に苦しめられていた状況でしたが、そんな状況を救ってくれたのが南の勇者だったのです。

全体的な人気や知名度ではヒンメル一行に及ばずとも、実際に救われた人々からは南の勇者こそが“英雄視”されてきたわけです。
そのため、もしも南の勇者がヒンメルたちのための犠牲にならず、自身で魔王を討伐していた場合には「南の勇者がヒンメル一行に代わり“世界的な英雄”になれていた未来や歴史も存在していたとも考えられますね。

created by Rinker
¥583 (2024/06/22 01:11:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

南の勇者こそ”人類最強”である理由 | チート級な能力も紹介

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

本編の時代でも南の勇者こそが“人類最強”であることがフリーレンからも認められており、それには「過去の戦績」や「チート級な能力」が深く関わっています。

 

スポンサーリンク

南の勇者1人だけで3人もの七崩賢を倒した

南の勇者は魔王直属の配下「七崩賢」の全員(アウラとマハトも含む)1人きりで戦っていた経歴もあります。
しかも、七崩賢を束ねる存在である“全知のシュラハト”も加わることで「1対8」という、あまりにも不利過ぎる戦いまで強要されていました。
しかし、そのような不利な戦況の中にも関わらず、南の勇者は七崩賢のうち3人をうち倒しています。
一方、同じ時代でフリーレンも含めたヒンメル一行は2人しか倒せていません。

4人で戦えた状態でも2人しか倒せなかったヒンメル達と、1人きりでの戦いでも3人も倒してしまった南の勇者…
このように比較するだけでも、南の勇者の強さがヒンメル一行とは桁違いだったことに加えて「南の勇者こそが“人類最強”と言われることにも納得してしまいますよね。

アウラの魔法や死亡、直属の部下たちについては『【葬送のフリーレン】断頭台のアウラの魔法・死亡と敗因 | かわいい魅力と部下たち』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】断頭台のアウラの魔法・死亡と敗因 | かわいい魅力と部下たち
...

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...

 

スポンサーリンク

南の勇者がもっていた「未来を視る能力」とは

南の勇者には剣術とは別に「未来視の能力」までもっており、これこそが南の勇者の強さの本質だったとも言えます。

フリーレンとの会話の中で、南の勇者は自身の能力により「自分が迎える1年後の未来」を分かっていたことを話していますが、その未来視の能力が七崩賢を3人も倒せた功績にもつながったものと考えられます。
“未来視の能力”を駆使することで自分が戦う相手の攻撃や行動パターンを読み取ることが可能だったはずであり、そこまでにチート級な能力を存分に使いこなせれば戦いを有利に進められますね。

 

南の勇者の最期 | 全知のシュラハトとの決戦で死亡した

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

南の勇者の存在そのものは本編の時代で再会した戦士アイゼンから少しだけ語られており<span class="bold“>「魔王直下の七崩賢に討たれたこと」が簡単に説明されています。
しかし、アイゼンの言う「討たれた」には少し食い違いがあります。

ここでは南の勇者が迎えた“最期や死亡”について解説します。

 

スポンサーリンク

南の勇者は”未来視の能力”で自分の死期を既に把握していた

南の勇者は自身のもつ”未来視の能力”で「自分が1年後に死亡すること」を既に把握した上、その未来をフリーレンに対しても話していました。

その能力で見えた未来や死期こそが、自身が1年後に迎える「七崩賢との死闘」だったのです。

 

スポンサーリンク

南の勇者は「シュラハトとの相討ち」で死亡していた

たった1人で七崩賢7人や全知のシュラハトとの死闘を迎えた南の勇者は最終的に「シュラハトと相討ちする形で死亡していたこと」こそが真実でした。

相討ちである以上、南の勇者もシュラハトからの攻撃を喰らっていたため、アイゼンが話していた「討たれた」という言い方も完全な間違いだったわけではありません。
しかし、実際には南の勇者とシュラハトが最後に繰り広げた「未来視合戦」の末、相打ちとなっていたため、やはり”討たれた”ではなく「相討ち」という言い方の方が正しいと感じられますよね。

アイゼンの強さや生死、ハイターやシュタルクとの関係性については『【葬送のフリーレン】戦士アイゼンは死亡している? | 強さと能力・シュタルクとの師弟関係』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】戦士アイゼンは死亡している? | 強さと能力・シュタルクとの師弟関係
...

 

スポンサーリンク

南の勇者が敢えて”自分の死亡や最期”を選んだ理由とは

先までに触れた”未来視の能力”により、南の勇者自身が「己の死亡や最期を避けて生き延びられた未来」を選ぶ(または作り出すこと)も可能だったはずです。
それでも敢えて“自分の犠牲や死亡”を選んだ理由には「ヒンメル一行が魔王を倒してくれること」まで予知していたことにより、その道筋を開くためでした。

一方、シュラハトにも「千年も先の未来を視る能力」があり、南の勇者とシュラハトはお互いに自身の命を犠牲にした上で“最善の未来”を切り拓くために全力で挑んでいたのです。

 

スポンサーリンク

南の勇者が今でも生き続けている可能性について

原作63話で死亡したことが語られていた南の勇者ですが、一部の読者には「今でもどこかで生き続けているのではないか?」と考察されている人も多いようです。
確かに短期間とはいえ、フリーレン達も南の勇者との交流をもっていたものの「南の勇者が死亡した瞬間や現場」を実際に見ていたわけではありません。

しかし、南の勇者が現役で活躍していた時代はヒンメル一行が魔王討伐の冒険して頃であり、仮にどこかで生き延びていた場合でも人間である以上はハイターやヒンメルと同じように寿命を迎える形で他界しているはずです。

僧侶ハイターの性格や魔法、ヒンメルたちとの関係性については『【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】僧侶ハイターの声優 | 化け物級な魔法・死亡時の年齢
...

 

南の勇者が今後の展開で再登場できる可能性について

【葬送のフリーレン】南の勇者こそ人類最強の理由 | 能力や人気・死亡と最期について

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

フリーレンが女神の石碑によりタイムリープした”回想編”でも再会や再登場が叶わなかった南の勇者…
ここでは回想編で南の勇者と再会できなかった理由を解説しながら、今後の展開で再登場できる可能性について迫ります。

 

スポンサーリンク

回想編で南の勇者が再登場できなかった理由とは

フリーレンがタイムリープしたことにより、一時的とはいえ再びヒンメル一行との冒険が再開された中で「南の勇者との再会や再登場」に期待したファンも多かったかもしれません。

しかし、フリーレンが石碑によって戻された時代はあくまでも「勇者ヒンメル一行が魔王討伐の旅に出てから7年目の時代」です。
一方、フリーレンが南の勇者と出会った時期は「フリーレンがまだヒンメル達と出会う前の時期」であり、フリーレンが実際に戻された時代との「大きな食い違い」があったためです。

created by Rinker
¥594 (2024/06/22 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

南の勇者が今後もフリーレンの回想で登場する可能性について

南の勇者は既に故人の上、登場できたのも「フリーレンの回想シーンの中だけ」です。
しかも、南の勇者が讃えられているファーベル村にフリーレンたちが急遽戻る可能性も薄いため、今後はフリーレンによる回想シーンの中だけでも南の勇者が再登場できる可能性は極めて低いと考えられます。

それでもフリーレンたちが今後の展開で復活する可能性を噂されている魔王との再戦を行った場合、死闘を続けるフリーレンの脳裏にヒンメル達3人に加えて「南の勇者も再び現れてエールを送ってくれる可能性」も現時点では、決してゼロとは言い切れません。

 

まとめ

今回は南の勇者の性格や能力、フリーレンとの出会いや交流について紹介しながら、彼自身が迎えた結末について解説しました。

現時点(原作コミック13巻まで)ではたった1話分でしか登場していない”ゲスト的なキャラ”に過ぎないものの、それでも回想シーンで見せた絶大な強さや人柄の良さ等は村人たちだけでなく、多くの読者にも充分に伝わっていたことが分かりますよね。
「南の勇者こそが”人類で最強”」と言われるのは、その強さや能力だけでなく、フリーレンに見せた紳士的な言動も含まれていたはずです。

いつか制作および放送される可能性も高いアニメ2期で、マハトやレヴォルテと同じく登場を果たせる時も今から待ち遠しいですよね。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント