【決定版】おすすめアニメ120選

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』は2020年から、山田鐘人先生(原作)とアベツカサ先生(作画担当)のコンビによって週刊少年サンデーで大人気連載中の漫画作品です。
2021年漫画大賞など、多くの賞も受賞されており「泣けるファンタジー作品」とまで呼ばれ、大きな話題となりました。

2023年9月末での金曜ロードショー枠を皮切りにテレビアニメ1期が放送開始され、2024年1月からは第2クールとして「一級魔法試験編」が放送中です。

本記事ではレルネンの出身や性格、過去について解説。
さらに魔法や能力に加えて「マハトフリーレンよりも強いか?」という点や今後の展開で死亡する可能性について迫ります。

本作品の人物相関図は「葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

葬送のフリーレンの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

レルネンとは

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

レルネンは大陸魔法協会に所属する「最初の一級魔法使い」の1人である上“ゼーリエの弟子の1人”でもあります。
本来はフェルン達が受験した時の一級魔法試験での最終試験(面接試験)の試験官を務めるはずでしたが、ゼーリエからの要望を受けて辞退しました。

 

スポンサーリンク

レルネンの出生と年齢 | 貴族かつエーレを孫にもつ

レルネンは貴族家系の出身ですが、本編の時代では既に年老いた容姿から「80代あたりの年齢」と考えられます。
また、一級魔法試験を受験した“エーレの祖父であり、試験終了後には孫(エーレ)を通じてシャルフヴィアベルとも対面していました。

エーレの祖父、魔法や強さ、ヴィアベルとの関係性については『【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】エーレの祖父はレルネン | 強さと魔法・ヴィアベルとの恋愛について
...

シャルフの魔法や強さ、ヴィアベルやシュタルクとの関係性については『【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】シャルフの強さと魔法、弱点 | ヴィアベルやシュタルクとの関係性
...

 

スポンサーリンク

レルネンの性格 | 冷静さと武闘派な一面を併せもつ

一見は“冷静かつ謙虚な雰囲気”が強いレルネンですが、自分の師であるゼーリエからは「臆病」とも言われています。

しかし、その一方で武闘派な一面」も併せもっており魔法試験終了後のフリーレンに対して、いきなり攻撃魔法を放ちながら”手合わせ”を申し出たのです。
そのため、レルネンが「狂犬」と呼ばれる由縁は強さ以上に彼自身にある“武闘派な一面”が最も大きな理由とも考えられます。
(レルネンの強さや能力については、後の項目で解説します)

ゼーリエの声優・強さや魔王を倒せない理由については『【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】大魔法使いゼーリエの正体や強さ | 声優・最強でも魔王を倒せない理由
...

 

スポンサーリンク

エーデルとの共同調査でマハトとも交戦した

一級魔法試験終了後から2年後には精神魔法のエキスパートであるエーデルと共に“黄金郷の調査”を行う形で再登場を果たしました。
しかし、単に調査するだけでは終わらず、遭遇したマハトとも交戦しています。

created by Rinker
¥583 (2024/04/16 19:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

レルネンの声は声優「宮内敦士さん」が担当

レルネンの声を担当している声優さんは「三木プロダクション」に所属する宮内敦士さんです。

宮内さんは俳優として数多くの舞台や映画、テレビドラマ等へ出演されています。
テレビアニメでは2001年に放送された『名探偵コナン』や『旋風の用心棒』などで声優デビューを果たされました。

宮内敦士さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『結界師』墨村正守役
  2. 『東のエデン』物部大樹役
  3. 『SDガンダム三国伝』呂布トールギス役
  4. 『メタリックルージュ』アッシュ役

 

レルネンの過去や経歴 | デンケンとの関係性

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

(葬送のフリーレン第9巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

貴族家系の出身であるレルネンには「宮廷魔法使い」として働いていた輝かしい経歴があります。
さらに、宮廷魔法使いとして働いていた頃にはデンケンとも深い関係性で結ばれていました。

 

スポンサーリンク

宮廷魔法使い時代はデンケンと同期だった

宮廷魔法使いとして働いていた頃のレルネンとデンケン“同期”であり、お互いの出身の違いなどに構わず身内話をする程に「気の合う仲」でした。

しかし、当時のレルネンの”世渡り下手”が原因でレルネンだけが宮廷魔法使いの地位を失脚させられてしまいます。
複数いる宮廷魔法使い達の中でもデンケンだけが最後までレルネンを庇ってくれたことも空しく、最終的にレルネン1人だけが宮廷を去りました。

デンケンの強さや魔法、妻やマハトとの過去は『【葬送のフリーレン】デンケンの年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】デンケンの声優・年齢や魔法 | 妻やマハトとの過去
...

 

スポンサーリンク

黄金郷の調査などはデンケンへの恩義のため

本編の時期では、レルネンとデンケンが宮廷魔法使いとして働いていた時代から既に50年もの年月が経過しています。

それでもレルネンは“デンケンへの恩義”を忘れてはおらず、黄金化されたデンケンの故郷である「黄金郷を元に戻す形で恩返しすること」を決意していました。
そのため、本心ではエーデルと共に調査中の段階で、自分の手でマハトを倒したい思いも強かったはずですが…
いくら古参の一級魔法使いでも七崩賢最強の男(マハト)が相手では分が悪かったようですね。

 

レルネンの魔法や能力 | フリーレンやマハトとどちらが強い?

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

(葬送のフリーレン第9巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

少ない出番や戦闘シーンの中でも様々な魔法能力や絶大な強さを披露してきたレルネン…
ここでは、レルネンの魔法や能力を紹介およびマハトやフリーレンとの強さの比較をしながら、レルネンが彼らに勝つために必要な要素に迫ります。

 

スポンサーリンク

ゴーレムの開発および製造が可能

レルネンにはゴーレムを開発および製造する能力」があり、二次試験でゼンゼが受験者たちに渡していた“脱出用ゴーレム”も実はレルネンにより作られたものです。

さらに“普段は小さな瓶の中に格納できること”も何気に大きなポイントであり、こうすることで「手軽に持ち歩きながらの探索や戦闘も可能」となる優れものと言えますね。
利用する時は瓶を割ることで高身長な人間サイズのゴーレムが出てくることで“持ち主を守る(脱出させる)こと”“敵を攻撃すること”が実行できるのです。

ゼンゼの強さや魔法、ユーベルとの相性については『【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】ゼンゼの年齢と髪 | 強さや能力・ユーベルとの相性
...
created by Rinker
¥583 (2024/04/16 22:14:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

“魔力の揺らぎ”や”フリーレンの魔力”を見極められる眼力

老いたとはいえ、レルネンの強さや魔法能力は人間の魔法使いの中では絶大ですが、それは“眼力”においても同じことが言えます。
劇中では唯一フリーレンの“魔力の揺らぎ”を見極めた上「フリーレンが日頃から魔力を抑えて戦い続けていること」も見抜きました。

 

スポンサーリンク

レルネンが「狂犬」と呼ばれる理由は絶大な強さが原因?

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

(葬送のフリーレン第7巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

レルネンが多くの読者やファンたちから「狂犬」と呼ばれたことには、劇中で見せた“見た目の老体からは想像もつかない絶大な強さ”が原因と考えられます。

多くの一級魔法使い達を弟子にもつゼーリエからも「生まれた時代が違っていたら“名だたる英雄”と共に、その名を歴史に残していただろう」高く評価されています。
さらに不本意とはいえ一瞬だけ交戦したフリーレンからも「平和な時代(本編の時代)に似つかわしくない手練れ」と言わせながら、レルネンの強さを認められたのです。

さらに黄金郷編での回想シーンではマハトとも”ほぼ互角”に戦えていた点も大きなポイントです。
この時の戦闘でダメージを負ったのはレルネンの方でしたが、時間稼ぎも兼ねた攻撃魔法の連発に加えて自作ゴーレムでの防御や脱出まで続けた末「エーデルにマハトの記憶を読み取らせること」を成功させました。

また、マハトからも「やりにくい(戦いにくい)相手」と思わせており、ゼーリエやフリーレン程でなくともレルネンの強さが「マハトからも認められていた」と解釈するべきですね。

エーデルの魔法や強さ、種族などについては『【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由』の記事で紹介しているので、こちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】エーデルの声優 | 魔法と能力・エルフと考察される理由
...
created by Rinker
¥583 (2024/04/17 01:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

レルネンの強さがマハトやフリーレンに及ばない理由とは

高齢となった身でもマハトやフリーレンとも互角に戦えるレルネンですが「この2人に勝てるのか?」と聞かれると…
残念ながら、本編の時代でのレルネンの強さや魔力はマハトやフリーレンに“今一歩及んでいない”と捉えられます。

その原因とは、やはりレルネンが人間であるが故に迎えた“老い”による「種族の違いや差」が大きいです。
もしも、50年前の若き頃(宮廷魔法使いだった頃など)に2人と戦えていた場合にもマハトの”黄金化”やフリーレンの常人離れした高い魔力に及ばず、1対1で戦い続けた場合にはレルネンの方が敗北して倒されていたであろうと考えられます。

このような解釈に至ったのはゼーリエを始め、マハトやフリーレンも種族や寿命などがあまりにも別格すぎるためであり、レルネンはあくまでも「人間の魔法使いとしては最強格」と捉えるべきですね。

黄金郷のマハトの強さや魔法、デンケン達との過去や最期は『【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去』の記事で紹介しているので、ぜひこちらも参照ください。

 

【葬送のフリーレン】黄金郷のマハトの魔法と最期 | デンケン達との長い過去
...

 

レルネンが死亡する可能性について

レルネンの孫はエーレ | フリーレンとどっちが強い?過去や狂犬と呼ばれる理由

(葬送のフリーレン第9巻 山田鐘人・アベツカサ/少年サンデーコミックス)

本編の時代では既に高齢ゆえ“レルネンの死亡”を心配する読者も多いかもしれません。
確かにレルネン自身のもつ武闘派な性格ゆえにフリーレンに挑む上にマハトとも交戦しており、今後の展開で新たに登場する強敵(無名の魔族)および復活する可能性が噂されている魔王との死闘の末、今度こそ死亡してしまう危険性もあり得ます。

それでもレルネンには自作したゴーレムがあり、そのストックが尽きない限りは上手く離脱しながら上手く切り抜け続けそうに感じます。
マハト戦の時には自分の能力を使った負担で倒れたエーデルの影響もあって脱出した時のように、彼自身がもつ武闘派な性格が暴走しない限りは魔族や魔王との戦闘でも死亡する可能性はかなり低いと考えられます。

 

まとめ

今回はレルネンの出身や性格、過去に加えて魔法や能力について解説しました。
最初の一級魔法使いだけあり、フェルンデンケンにも引けを取らない魔力の持ち主であることは間違いなく、マハトやフリーレンとも互角に戦えることも必然だったと言えるでしょう。

とはいえ、本編の時代では高齢である上にかわいい孫(エーレ)までいるのですから、今後はあまり無理せず「孫(エーレ)の魔法指導」などに専念できる“優しい祖父”という生き方も視野に入れてほしいものですよね。
それでもゼーリエからも認められていることが災いして、そのようか穏やかな老後生活を始められるのは、まだまだ先のことになりそうです。

本作品の全巻ネタバレの詳細は「【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察」の記事を参照ください。

 

【葬送のフリーレン】原作の全巻ネタバレ解説 | 謎や伏線回収なども考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
葬送のフリーレン
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント

  1. K@onまたはクララ より:

    めっちゃ分かりやすかったです!一つう一つ丁寧な説明をありがとうございます。おかげで、心のモヤモヤがすっきりしました。他の記事も、絶対に参考にしますね!(^^)!

    • 小吾郎 より:

      K@onまたはクララ 様
      こちらこそ、コメントをいただき、ありがとうございます。
      フリーレンの新たな記事も今後も少しずつ作成していく予定なので、また見ていただけると幸いです。