【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダムSEED】メイリンのその後・劇場版での容姿の変化 | アスランとの恋愛・結婚や子供について

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダムSEED(通称は”種”)』は”21世紀のファーストガンダム”として2002年〜2003年までテレビ放送された人気シリーズ作品であり、続く2004年〜2005年には続編となる『ガンダムSEED DESTINY(通称は”運命”)』が放送されました。

そして20年以上もの年月を経て、2024年1月26日(金)から更なる続編となる『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(フリーダム)』が上映開始されます。

本記事ではメイリンの経歴や能力、アスランとの関係性について解説。
また『DESTINY』終了後から劇場版でのメイリンの容姿が大きく変化した理由を彼女自身の結婚や子供も含める形で迫ります。

本作品の人物相関図は「ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

メイリン・ホークとは

メイリンはルナマリアので『DESTINY』前半までは「ミネルバのオペレーターとしてシンやレイ、姉(ルナマリア)たちと共に戦ってきた少女です。

しかし、複隊して同じミネルバ隊で共に戦ってきたアスランの脱走に鉢合ったことが引き金となって彼と共にザフトから去り、最終戦ではキラたちオーブ軍に加入した上で彼らの戦いを最後まで支えてくれました。

 

スポンサーリンク

メイリンのプロフィール | 姉(ルナマリア)達と共に士官学校を卒業して入隊

人種 コーディネイター
生年月日 C.E.57年6月12日
年齢 16歳(DESTINY)→18歳(劇場版)
星座 双子座
血液型 A型
身長 160cm(DESTINY)→不明(劇場版)
体重 45kg(DESTINY)→不明(劇場版)
所属 ザフトのミネルバ隊(DESTINY)→オーブ軍(DESTINY)→ターミナル(劇場版)
搭乗機体(戦艦) ミネルバ(DESTINY)
エターナル(DESTINY)
不明(劇場版)

メイリンも姉のルナマリア達と同じ士官アカデミーを卒業後、学校で同期だったシンやレイ達と共にザフトのミネルバ隊に配属されており『DESTINY』の本編開始の時点から“ベテランのオペレーター”として活躍しています。
(『SEED』の時代では、まだシン達と一緒に士官学校に在籍中だった身のため、参戦していませんでした)

戦闘中での主な任務や見せ場はシンが搭乗するインパルスガンダムの武装などを射出する時の掛け声ですが…
日常では皆から気づかれないところで高い情報操作能力を活かしながら、色々なことを行っていました。
(メイリンの情報処理能力については後の項目で解説します)

created by Rinker
¥30,828 (2024/06/21 22:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

メイリンの性格 | 引っ込み思案から自分の意思を伝える強さをもつ少女に変化

メイリンも前半から中盤までは同じミネルバ隊として共に戦ってきたアスランに対する“淡い恋心”を抱きますが、同じザフトの赤服でエリートな姉(ルナマリア)に引け目を感じていたため、姉とは正反対に、なかなかアプローチをかけられない状況が続いていました。

しかし、ストーリー後半で起こしたアスランとの脱走により一気にお互いの距離感が縮まったこと“ミーアの死亡”を目の当たりにしたこと等がキッカケで最終的には「自分の意思や問いかけをハッキリ伝えられる強い性格」に変わったのです。

ルナマリアのその後や強さ、シンやアスランとの関係性や劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】ルナマリアのその後・シンとの恋愛や結婚 | 劇場版での新機体や強さ」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】ルナマリアのその後・シンとの恋愛や結婚 | 劇場版での新機体や強さ
...

 

スポンサーリンク

アスランとの出会いや脱走がメイリンの人生を狂わせた?

メイリンもまた、アスランとの出会いや行動により人生や立ち位置を大きく変えさせられた女性であり『DESTINY』本放送時には「メイリンもアスランに人生を狂わされた女性の1人では?」と捉えた視聴者も多かったようです。

しかし、メイリンの場合は「アスランを助けたい」という一心により自らの意思で行動を起こした上、レイからの銃撃を逃れた後もアスランから差し伸べられた手を取って共に逃亡したわけです。

確かに逃亡中のアスランがメイリンの部屋に入ったことには不運かつ不可抗力であり、いきなり入ってこられたメイリンが混乱させられても仕方ありません。
それでもメイリンがシャワーなどを使って咄嗟に行動を起こしながらアスランを助けたことに変わりないため、メイリンはあくまでも自分の意思アスランと共に脱走する道を選んだことに過ぎなかったことになります。

 

スポンサーリンク

最終戦ではエターナルのオペレーターとして参戦した

アスランとともにグフイグナイテッドで逃亡中だったところを追ってきたシンのデスティニーに撃墜されたメイリンでしたが、死亡せずアスランと共に生き延びます。
そして、一時的な高熱で倒れながらも完治した後からはオーブ軍に鞍替えしながらキラやアスラン達と共に宇宙へ上がり、最終戦へ臨みました。

最後のメサイア戦では再びザフトの軍服を着た上でエターナルのオペレーター」となり、ラクスやバルトフェルドと同じ戦艦での任務につきますが、ジャスティスで戦うアスランのことも気にかけながらフォローしてくれていました。

シンの強さや種割れ、劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体
...

 

スポンサーリンク

メイリンが最も大きく変わったキッカケはミーアの死亡

メイリンが『DESTINY』本編の中で最も大きく変われるキッカケとなったのはアスランとの脱走でなく「ミーアの死亡を間近で見たこと」だったのではないでしょうか?

宇宙へ上がってからキラやアスランと共に”ラクスの護衛任務”に同行する中、皆で力を合わせてラクスを狙う刺客たちの撃退に成功した一方でミーアまでは救いきれずに死亡させてしまいます。
自ら望んで軍人となった以上”仲間を始めとした人間の死”にはち合うことは当たり前ですが、MS(モビルスーツ)パイロットでないメイリンの場合はシンたちと比べて、これまで自分たちが戦う敵の死亡を見ながらもイマイチ実感できていなかったことも大きかったようです。
そんなメイリンが初めて“生身の人間(ミーア)が殺されて死ぬ瞬間”を間近で見たことにより「戦うことや生きることの意味」について深く考え始めます。

そのような思いを最後のメサイア攻防戦が始まった最中、インパルスで出撃してきた姉(ルナマリア)に対して「お姉ちゃん、止めて!」と叫びかけながら戦うことや生きることの意味まで問いかけていました。
もちろん、これだけで戦争やデスティニープランを阻止できたわけではありませんが、この時のメイリンからの問いかけが姉(ルナマリア)の心をも強く動かしたことは間違いありません。

ザフトからの脱走自体は不本意だったものの、それでも”ミーアの死亡”こそがメイリンの心を大きく成長させる要因となり、そのような心は後日談やドラマCD等での復帰を果たした後からも強く生き続けているはずです。

ラクスのその後、強さや能力、劇場版でのキラとの結婚や結末については「【ガンダムSEED】ラクスのその後・劇場版でのキラとの結婚や結末 | 偽物(ミーア)との違い」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】ラクスのその後・劇場版でのキラとの結婚や結末 | 偽物(ミーア)との違い
...

 

スポンサーリンク

メイリンの声は声優「折笠富美子さん」が担当

メイリンの声を担当している声優さんは「アトミックモンキー」に所属する折笠富美子さんです。

折笠さんは幼少期の頃から始めた音楽活動や学生時代から開始された演技や芝居が声優業を始めるキッカケとなったそうです。
そして、1999年に放送された『GTO』の冬月あずさ役で声優デビューを果たされました。

折笠富美子さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『真月譚 月姫』シエル役
  2. 『BLEACH(ブリーチ)』朽木ルキア役
  3. 『コードギアス 反逆のルルーシュ』シャーリー役
  4. 『新あたしンち』立花みかん役

 

メイリンの幅広い情報操作能力について

メイリンが本編で見せてきた情報操作能力一介のオペレーター達を遥かに超える高さと幅広さを誇ります。
それ故にアスランの脱走の手助けとなった上、レイからも「情報能力のエキスパート」とまで言わせていました。

 

スポンサーリンク

レイからも恐れられた高く幅広い情報操作技術とは

メイリンは持ち前の高い情報操作技術を駆使する形で、ザフトのネットワークに保管されている上層部しか知り得ないはずの組織やMSなどの機密情報まで暴いて獲得していたようです。

そこまで高いメイリンの情報技術はレイからも理解されていたと同時に、メイリン自身がアスランと共に脱走した時には「新機体(デスティニーとレジェンド)の機密情報まで握られたのでは?」恐れられたで撃墜することをデュランダル議長に提案させた程でした。

 

スポンサーリンク

メイリンが起こした”フェイクの警報”がアスラン脱走の大きな手助けとなる

休息中には想い人であるアスランの個人情報まで探ることも行なっていたメイリンですが、そのアスランを助けるために自身の操作によってホストコンピューターに侵入しては「フェイクの警報を鳴らす」などの荒技までやってのけてしまいます。

可愛い容姿とは想像できない程のえげつなさも併せもつメイリンですが…
このような大きなギャップもまた、多くのファンたちから強く支持された要因にもなったのです。

 

メイリンのその後 | アスランとの恋愛や結婚について

『DESTINY』最終話以降からも劇場版の時代までにかけてアスランと共に行動してきたメイリンですが、多くのファンたちが気になるのは、やはり「アスランとの恋愛や結婚、子供などについて」ではないでしょうか?

ここでは『DESTINY』最終話以降から劇場版までの空白の2年間に絞る形で「メイリンとアスランの状況や関係性」について迫ります。

 

スポンサーリンク

『DESTINY』最終話以降にメイリンからアスランを”好き”であることを名言していた

OVAや劇場版、スペシャルエディション等を除くとSEEDシリーズ本編はあくまでもTV版2作品のみですが、本放送終了後に発売され続けてきたドラマCDや10周年記念ボックスの特典などで“各キャラたちの今後”も垣間見ることができており、それはメイリンも例外ではありません。

特に放送10周年記念として2014年に発売されたHDリマスター版に付属したブックレットには「アスランとメイリンが共にオーブに所属していること」が明かされた上、ボックス4に付属していたオマケドラマでも、メイリン自身の口から「アスランを好きであること」名言していました。

created by Rinker
バンダイナムコフィルムワークス
¥33,909 (2024/06/21 21:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

メイリンが抱いた”アスランへの恋心”は既に冷め始めていた?

先に触れたHDリマスター版に付属していたドラマやブックレットで『DESTINY』最終話以降の時代でもメイリンがアスランと共に行動し続けていることが判明した一方、空白の2年間や劇場版の時代でも2人が結婚はおろか、恋人同士としても結ばれていない可能性の方が高いです。

それには『DESTINY』終盤でのメイリンの中にある「アスランへの想い見方の変化が大きく影響しています。

確かにアスランへの好意や強い信頼感を抱き続ける一方で、メイリンにとってアスランが「恋愛対象ではなくなった可能性」も考えられます。
ミネルバで共に戦ってきた純粋な好意から一転し、戦闘以外での日常時でのアスランが見せた“煮え切らなさ”や”女性への優柔不断さ”も多く見せられたメイリンの方がアスランのことを「少し面倒くさい」というドライかつ冷静な評価も下していました。

英雄としてのアスランの強さを認める一方で、メイリンの方が「英雄(アスラン)を恋人にすることの大変さや敷居の高さ」実感したため『DESTINY』本編で見せてきた恋心も少しずつ冷めてしまったものと思われます。

アスランのその後、カガリやメイリンとの結婚や恋愛関係、劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について
...

 

スポンサーリンク

劇場版でもアスランを”サポートする対象”と割り切っている?

『DESTINY』終盤でキラたちと共に宇宙へ上がるメイリンは、オーブに残ったカガリから「あいつ(アスラン)を頼む」と告げられながらアスランのことを任されていました。

この時にカガリから言われたことは最後のメサイア戦だけでなく、それ以降の人生のことも含まれていたかもしれませんが…
メイリンにとってアスランはあくまでも「自分がサポートしなければならない対象」でしかなく「恋愛や結婚までは考えられない」という気持ちだったのでしょうね。
そのため『DESTINY』終了後からもアスランをサポートするために共に行動し続けており、そのような人生や関係性が劇場版でも続いたいたと捉える方が賢明かもしれません。

ちなみに『DESTINY』本放送終了後に公開された「メイリンとアスランの2人が子供と一緒にいるイラスト」も大きな話題となりましたが、あのイラストは公式からでなく、あくまでもファンの人が描いた創作による作品です。

カガリの種割れや劇場版での声優変更については「【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について
...

 

メイリンの結婚相手や子供 | 劇場版での容姿の変化や立ち位置について

メイリンはTV版から劇場版にかけて“最も容姿(キャラデザ)が大きく変わった少女”である上、姉のルナマリア以上に大人びた容姿に対して「人妻感が半端ない」などと多くのファンたちから言われ続けております。

ここでは劇場版や結末以降でのメイリンの結婚相手や子供などについて予想してみます。

 

スポンサーリンク

劇場版でのメイリンの結婚相手はアーサー?

先の項目で解説した通り、アスランと結ばれた説が薄いながらも人妻感が大きい容姿に変化したメイリンですが、それでも劇場版の時代でも既婚者となった可能性は薄いと思います。

デスティニープランを阻止できた後も戦争を根絶できていない現状で、メイリンもアスラン以外の男性との新しい出会いを求める余裕もないはずですからね…。
それでも、もしもメイリンが結婚および子供までもっていたと仮定した場合、最も高い候補者として“アーサー”とは考えられないでしょうか?

アーサーは『DESTINY』の時代でミネルバの副艦長を務めた青年であり、移動中や戦闘中では常にメイリンやタリア艦長と共に戦ってきたため、アスランを除いた中でメイリンにとってもアーサーこそが“最も身近な男性”だったとも捉えられます。

 

スポンサーリンク

劇場版でのメイリンの子供(養子)はウィリアム?

メイリンの結婚相手がアーサーと仮定した場合、メイリンもタリアが残した息子・ウィリアム養子に取った形で育てているのかもしれません。
アーサーは『DESTINY』最終話で爆散するメサイアの中で消えたタリア艦長が残した息子「ウィリアムの後見人」となりましたが…
アーサーが1人で働きながら子育てまでこなすのは少し難しい印象もあります。

そこでオーブ軍に属しながらもザフト復帰まで果たしたメイリンもアーサーと一緒にウィリアムの面倒を見ながらアスランのサポート役もこなしているとも考えられます。

劇場版でのキララクス達が「コンパス」という組織で世界各国での紛争を止めるための活動を続ける中、メイリンもアスランと共に「ターミナル」という隠密組織に在籍して国家間の情報伝達などを担っています。
メイリンがあくまでもカガリやコンパスとは別行動で前線には出ていないような容姿や服装に変化したのも、アーサーと共にウィリアムの面倒を見始めた影響も考えられます。

 

まとめ

今回はメイリンの経歴や能力、アスランとの関係性について解説しました。
ガンダムシリーズ作品において、オペレーターはどうしてもモブ扱いされがちな立ち位置でしたが…
メイリンの高い人気によって、オペレーターという立ち位置に対する見方や意識が大きく変わった人も多かったのではないでしょうか?

『DESTINY』ではアスランとの脱走などで大変な思いもさせられたメイリンですが、これらの出来事もまた、メイリン自身を成長させるために必要な経験だったかもしれません。
劇場版での容姿の変化が大きな物議をかもし出していますが、キラ達とは違って予告PVに一切登場していない点もまた、ファンたちを大きく驚かせる立ち位置や再登場の仕方をしてくれるかもしれませんね。

キラの種割れや劇場版での赤い目、ラスボス化については「【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での赤い瞳や闇落ちからラスボス化?」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での新機体・赤い瞳や闇落ちからラスボス化?
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント