【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダムSEED】ラクスのその後・劇場版でのキラとの結婚や結末 | 偽物(ミーア)との違い

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダムSEED(通称は”種”)』は”21世紀のファーストガンダム”として2002年〜2003年までテレビ放送された人気シリーズ作品であり、続く2004年〜2005年には続編となる『ガンダムSEED DESTINY(通称は”運命”)』が放送されました。
そして20年以上もの年月を経て、2024年1月26日(金)から更なる続編となる『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(フリーダム)』が上映開始されます。

本記事ではラクスの出生や魅力、キラ達とは大きく異なる強さや能力について解説。
また、偽物(ミーア)との違いや劇場版でキラと共に迎えそうな結末についても迫ります。

本作品の人物相関図は「ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

目次

ラクス・クラインとは

ラクス『ガンダムSEED』シリーズのヒロインの1人で、桃色の髪色によるロングヘアが特徴的で外見・性格ともに気品のある美少女です。

TV版で初登場したばかりの頃はおっとりした雰囲気や話し方で“天然なお嬢様”という扱われ方でしたが『ガンダムSEED』後半からはエターナルの艦長となってキラアスランたちと共にザフトや連合との戦争にも自ら出戦しました。
(ラクスの能力や活躍については後の項目で解説します)

 

スポンサーリンク

ラクスのプロフィール | 議長の一人娘かつ歌姫として絶大な支持を得る

人種 コーディネイター
生年月日 C.E.55年2月5日
星座 水瓶座
血液型 B型
年齢 16歳(SEED)→18歳(DESTINY)→20歳(劇場版)
身長 158cm(SEED)→ 160cm(DESTINY)→不明(劇場版)
体重 53kg(SEED)→46kg(DESTINY)→不明(劇場版)
出身地 プラント アプリリウス市
搭乗機体(戦艦) エターナル(SEED〜DESTINY)
アークエンジェル(DESTINY)
ストライクルージュ(MS)
ミレニアム(劇場版)

プラントの最高評議会議長であるシーゲル・クライン一人娘として生まれたラクスですが、それと同時に「プラントを代表する歌姫として、プラントに住む人々やザフト兵たちから絶大な支持を得ていました。

さらに親同士(シーゲルとパトリック)が決めたこととはいえ、初登場時では「アスランの婚約者という立ち位置でもありました。
しかし『ガンダムSEED』後半で自身が起こした行動により”追われる身”となった時点でパトリックの怒りを買いながらアスランとの婚約関係も破談されています。

アスランのその後、カガリやメイリンとの結婚や恋愛関係、劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について
...

 

スポンサーリンク

歌姫から一転してエターナル艦長となってキラ達と共に戦う側に

ラクスはある意味で『ガンダムSEED』の前半から後半にかけて、最も立ち位置が大きく一転したキャラクターでもあります。

前半では歌姫としてプラントやアークエンジェル艦内で優しく歌う姿ばかりが目立っていましたが、後半からは自ら起こした反旗により「エターナル艦長」となった上、マリュー達のアークエンジェルやカガリ達が乗るクサナギとの“三隻同盟”を締結した上でキラやアスラン達と共闘することで戦争の終結に大きく貢献しました。

created by Rinker
¥30,828 (2024/06/21 22:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

暗殺や戦争なども乗り越えてキラとの恋仲も深めていった

ラクスは自分の反旗が原因でアスランとの婚約関係を抹消された後からはキラとの関係を深めていきながら『ガンダムSEED』終盤で「キラと恋人同士の関係」となりました。

最終話で戦争が終結してからはキラやマリュー達とともにカガリが首長となったオーブに移住し、キラや多くの子供たちと密やかに暮らしてきた中でもキラとの恋仲を少しずつ深めていきます。
2年後の『DESTINY』の時代ではデュランダルの手配により暗殺されかけたところを皆で逃れてからは再びアークエンジェルやエターナルに搭乗してキラ達と共に戦った末、デュランダル議長が目論むデスティニープランを阻止することにも成功しました。

そのため、ラクスもカガリとはまた別の意味や形で『SEED』以上に辛く大変な状況に追い込まれることもありましたが…
それでも自分と共に戦ってくるる仲間たち、特にキラの存在があったからこそラクス自身も再び生き延びた上で乗り越えられたのでしょう。

キラの種割れや劇場版での赤い目、ラスボス化については「【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での赤い瞳や闇落ちからラスボス化?」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での新機体・赤い瞳や闇落ちからラスボス化?
...

 

スポンサーリンク

ラクスと最も関わりが深い男性キャラはバルトフェルド?

ラクスと最も深い関係性をもつ男性キャラとして、真っ先にキラアスランを挙げるファンも多いかと思いますが…
実は、ある意味でキラやアスラン以上に深い関わりをもつ男性キャラがいることも忘れてはなりません。

その人物こそが“砂漠の虎”の異名をもつバルトフェルドであり、彼の協力なしではラクスも『SEED』でのプラント脱出や『DESTINY』で自分が決めた「デュランダルの調査」も実行できないまま終わっていたと思います。
もしも生き延びていたバルトフェルドが複数もの部下や仲間たちと一緒に協力してくれなかった場合、ラクスは最終戦やキラとの恋愛どころか、プラントからの脱出もできないまま“反逆者”の汚名を着せられたまま殺されて死亡していたはずです。

 

スポンサーリンク

ラクスの声は声優「田中理恵さん」が担当

ラクスとミーアの声を担当している声優さんは「オフィスアネモネ」に所属する田中理恵さんです。

田中さんは小学生の頃に行っていた紙芝居がキッカケで声優を志すようになりましまが、学生時代から歌の活動も本格的に行っていた関係で歌手デビューの後に声優デビューをされました。
そして1999年に放送されたテレビアニメ『デュアル!ぱられルンルン』の真田三月役初のメインヒロイン役を果たされました。

田中理恵さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『花右京メイド隊』マリエル役
  2. 『グランブルーファンタジー』ロゼッタ役
  3. 『転スラ』トレイニー役
  4. 『無職転生Ⅱ』エリナリーゼ役

 

ラクスのかわいい魅力 | 人気の秘密にも迫る

ラクスは数多いガンダムシリーズに登場した女性キャラ達の中で絶大な人気を誇り続けており、これまでTVや雑誌などで開催されてきた「人気キャラランキング」の女性キャラ部門では常に上位の座に君臨し続けています。

ここでは、多くのガンダムファン達から高い人気や支持を保ち続けるラクスの魅力について迫ります。

 

スポンサーリンク

純粋な容姿のかわいさがガンダムシリーズでは斬新だった?

ラクスがSEEDだけでなく、これまで多く制作されてきたガンダムシリーズ作品の中でも屈指の美少女であることは多くの人達が認めている事実だと思います。

しかし、これまでガンダムシリーズに登場してきた人気の女性キャラとはファーストのセイラさんのような”ミステリアス感ある女性”や『Zガンダム』のフォウのような”情緒不安定さも兼ね備えたタイプ”など、他のアニメ作品の美少女キャラたちとは違う強い個性で一癖も二癖もある女性たちばかりだった印象もあります。
(もちろん、そのような個性もまた彼女たちの大きな魅力であり、高い人気を得た要因でもありましたが…)

しかし、ラクスのようなおっとりした天然タイプかつ純粋な可愛らしさをもつ女性キャラは意外と少なく、そのような斬新さが逆にラクスが多くのファンや視聴者たちから支持された要因となった感もあります。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥3,890 (2024/06/21 15:51:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ストーリー進行に合わせて変化し続ける髪型や服装も魅力的

ラクスが見せた他の女性キャラたちにはない大きな魅力として、『SEED』本編でのストーリー進行や自分の立ち位置の変化と共にラクス自身が「髪型や服装の変化」を続けてきたことも挙げられます。

初登場時ではピンク色のロングヘアを普通に下ろした上でゆるふわなドレス姿だったのに対し、自身が追われる身となってアスランと再会した時には「ツインテールの髪型」に変化していました。
更にエターナル艦長となった最終局面からは「長髪を縛ったポニーテールに和服姿(通称は”侍ラクス”)」という、本放送時は誰もが予測不可能だった意外な容姿に変化したわけです。

女性なのだから自分の髪型や服装を何度も変化させることは何も不自然ではありませんが、ガンダムシリーズ作品の中で、ラクス程に自分の髪型や服装を極端に変えてきた女性キャラも意外といなかったんですよね。

 

スポンサーリンク

初登場時の天然さとストーリー後半で魅せる凛々しさのギャップもかわいい

ラクスの大きな魅力として、ストーリー前半と後半における“ギャップの大きさ”もまた、ラクスを引き立てている要因と言えます。

ゆるふわな天然キャラだったラクスが追われる身となってから一変して、かつての婚約者(アスラン)に銃を向けられても「強い眼差しや凛々しさ」を見せながら強い口調で話す時の表情や雰囲気は、もはや別人といっても過言ではありません。

しかし、このような変化における大きなギャップもまた、ラクスの大きな魅力と言えますね。

 

スポンサーリンク

涙を流しながら悲しむ姿もかわいい

実は芯の強い一面をもっていたラクスですが、自分のせいで父親(シーゲル)を殺害されたことで死亡を知らされた時やミーアを守りきれずに死亡させてしまった時などには悲しみを抑えきれず、キラの前でを流します。

肉親の死亡に対して泣きながら悲しむことは何もおかしなことではありませんが…
それでもエターナルに搭乗してからの強さや凛々しさばかり見せられた後に涙を流すラクスに対してキラだけでなく、多くの視聴者たちが「守ってあげたい」と思えたはずです。

 

ラクスの多彩な能力や種割れ(覚醒)について

元々、プラントの歌姫として生きてきたラクスにはキラ達と違ってMS(モビルスーツ)での戦闘や操縦能力は皆無です。
しかし、ラクスが駆使した持ち前の高い行動力絶大すぎるカリスマ性もまた、TV版2作での戦争を終結させるために必要不可欠なものでした。

 

スポンサーリンク

行動力の高さで反旗を翻しながら強い味方たちを得た

ラクスが持ち前の“行動力の高さ”を発揮し始めたのが『ガンダムSEED』中盤であり、自身が看病していたキラの「戦争を止めたい」という意思に賛同したことでザフトが秘密裏に開発していたフリーダムガンダムを奪取する形でキラに託したことを皮切りに、初登場時とはまるで別人と思えてしまえる程行動を続けました。

フリーダムをキラに譲ったことで“反逆者”として追われる身とされながらも、プラントに住む人々への「反戦を促すメッセージ」を送り続けながら、バルトフェルドを始めとした“クライン派”と呼ばれる複数もの味方たちの協力も得た上でエターナルに搭乗して奪取しながら「プラントからの脱出」まで実行してしまいます。

そのような高い行動力は2年後の『DESTINY』でも健在であり、不信感を抱くデュランダル議長の実情を調べるために自ら宇宙へ上がった上、キラとの再会時には自ら戦場に入りながらストフリに乗らせることで窮地まで救っています。

 

スポンサーリンク

絶大なカリスマ性が大勢の仲間や民衆たちを奮起させる

ラクスにはプラントで歌い続けてきたことで培ってきた「絶大なカリスマ性」もあり、このような高いカリスマ性を活かしながらキラやアスランたちだけでなく、地球やプラントに住む多くの人々の心まで動かしてきました。

キラにフリーダムを譲った時に話した「思いでも力だけでも…どちらが欠けてもいけない」という名言をキラだけでなく多くのファンや視聴者の心や脳裏に深く焼きつけたラクスですが、自身の戦闘能力の皆無さを持ち前の行動力やカリスマ性で存分にカバーできていたと言えます。

エターナルの艦長になった後も戦闘中での行動(砲撃や回避など)はバルトフェルドに委ねていたものの、戦闘前の作戦行動はラクスも練っていました。
また、時にはバルトフェルド達ですら躊躇するような行動も指示しながら無茶な行動に出させることもありましたが、そのような無鉄砲さもまた「ラクスが多くの味方たちを惹きつけた高いカリスマ性の1つだった」とも捉えられます。

 

スポンサーリンク

ラクスの強い心や眼差しの強さを名言から解説

ラクスが本編で見せてきた高い行動力やカリスマ性の根本には「ラクス自身の強い心眼差しの強さがありました。
さらに、そのような強さはラクスがアスランやカガリに発した名言からも汲み取ることができます。

反逆者となった自分に対して銃を向けてきたアスランに対しても全く怯まず、初登場時からは想像もできないような“強い眼差し”で「自分(アスラン)が本当に守りたいもの」を問いながら本人に悟らせたことで、後半や終盤での“キラとアスランの共闘”も実現されたのでしょう。

また、首長でありながらユウナやオーブから去り悩み続けるカガリに対しても「まずは決める、そしてやり通すこと」を悟らせたことで、カガリ本人の悩みや迷いも完全とはいえないながらも解消させることに役立っていました。

もちろん、ラクス自身も窮地に陥ることも何度もありましたが…
本心では不安や恐怖に落とされながらも持ち前の強い心を捨てなかったことで窮地を脱しながらキラ達を救ったりデュランダルのデスティニープランを阻止することに成功したとも言えます。

 

ラクスの心の強さには寛大さや寛容さも含まれている

ラクスの心の強さには寛大さや寛容さによる“優しさ”も含まれており、そのような一面はTV版でのキラやアスランとの会話などで複数にわたって描かれてきました。

そのようなラクスの優しさは“自分の偽物(ミーア)”に対しても存分に出されており、デュランダルからの手配や指示でも自分の容姿や姿を勝手に使ってきたミーアにも惜しみなく出されていたのです。
(ミーアや彼女との関係性については後の項目で解説します)

 

スポンサーリンク

ラクスが種割れ(覚醒)で得る特殊な能力とは

キラシンと同じコーディネーターであるラクスも『ガンダムSEED』での最終戦(第49話)の最中に“種割れ(覚醒)”を起こしています。
しかしMSに搭乗しないラクスの”種割れ(覚醒)”の効果は戦闘能力でなく「ラクス自身の思考言語の向上」という解釈が広まっているものの、彼女の”種割れ(覚醒)”によって戦況で特に大きな変化や影響までは及ぼしていません。

そのため、現在でもファン達の間では色々な考察や解釈が広まる特殊なものですが、一説では「ラクス自身の”種割れ(覚醒)”に大きな意味まではないこと」「あくまでも劇中の演出のために起こした」という線が大きいです。
キラ達のようなパイロットと違い、かなり特殊な意味をもっていたと信じたいところですが…
劇場版では「ラクスの”種割れ(覚醒)”の意味」について判明もしくは何かしらのヒントが出てくる展開にも期待したいところですね。

シンの強さや種割れ、劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体
...

 

ラクスと偽物(ミーア)の違いについて

『DESTINY』ではラクスと瓜二つの少女ミーアが登場したことでも大きな話題となりました。
ここでは「本物(ラクス)と偽物(ミーア)の違い」などについて簡単に解説していきます。

 

スポンサーリンク

ミーア・キャンベルとラクスが別人かつ赤の他人である理由

ミーアとはデュランダル議長により、プラントを去った「ラクスの替え玉かつ影武者として手配された少女です。

しかし、容姿は瓜二つでもラクスとミーアの両親や生まれた場所なども全く違っているため完全な“別人”かつ“赤の他人”であり、2人における姉妹関係や血縁関係はありません。
また、ミーアがラクスと瓜二つの容姿として登場したのは、あくまでも「顔のみを整形しただけ」に過ぎません

ミーアの“整形前の素顔”も自身の死に際に写真としてラクスに見せたことで判明しましたが「黒髪ロングヘアにそばかす顔」であり、ラクスとは全く似ていなかったのです。

 

スポンサーリンク

ラクスとミーアの外見における微妙な違い

素顔は瓜二つでも、ラクスとミーアでは“微妙な違い”があった点も視聴者の目からすぐ分かる形で表現されていました。

それが2人が装着している“髪飾り”と持ち歩いていた“ハロの色”でした。
髪飾りにおいてはラクスがウェーブの形状だったのに対して、ミーアの方は星形でした。
また、ラクスは本編でピンク色のハロを持ち歩いていましたが、ミーアが持つハロの色は赤色だったのです。

 

スポンサーリンク

ラクスと違いミーアには”ライブ専用MS(ザクウォーリア)”まで用意された

ラクスと違ってミーアには自身のライブ用として「ピンク色のザクウォーリア」が用意された上、ミーア自身もライブではザクの手の上で踊りながら歌う場面が数回描かれています。

しかし、ミーアのために用意されたザクはあくまでも彼女のために塗装された“ライブ専用機”に過ぎず、武装などは完全に解除されているため、戦闘などで利用することは不可能です。
それに対して、ラクスが『SEED』時代から搭乗してきたエターナルは全身ピンク色の巨大戦艦かつフリーダムやジャスティスに装着させるための“ミーティア”まで積んでいるのですから様々な意味で桁違いと言えます。

created by Rinker
バンダイナムコフィルムワークス
¥33,909 (2024/06/21 21:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ラクスとミーアの意外な共通点 | 2人とも死亡させられる運命にあった

これまでとは真逆に、ラクスとミーアにおける意外な共通点にも迫ります。
それは2人の“声質”“最終的には2人とも殺されて死亡する運命にあった”という2点です。

まず、ミーアの声質がラクスと似ているのは、彼女自身も本心では「ラクスへの憧れ」を抱きながら歌のレッスンに励んできた賜物でした。
(ミーアの整形はあくまでも素顔だけで、声質における手術まではしていません)

また、デュランダルの手配で暗殺されかけたラクスと同じく、ミーアの方も“最終的にはデュランダルの手筈で殺される運命”にあったということです。
ミーアが初登場時から懸命にラクスを演じてきたのも「自分がラクスとして生き延びるため」に過ぎません。
自分の素性が他人にバレた場合や大衆からのラクス人気が終結した場合にはミーア自身もデュランダルから“不要”と判断された上で、ラクスやアスランと同じように暗殺される形で殺される運命にあったわけです。

ミーアが本物(ラクス)とは違って出会ったばかりのアスランに対しても積極的に迫り続けたことや、アスランから一緒に逃げようと言われた時にも「自分(ミーア)はラクスだから生きていられる」と言いながら必死に拒否していたことなど、内心では「自分がいつ消されるか分からない恐怖」と戦っていたわけです。
しかし、アスランへの行動や台詞も完全に演技や偽りというわけでなく、彼と接するうちに心から「アスランへの好意」も抱いていました。

 

ラクスのその後 | 劇場版でキラとの結婚と同時に死亡する?

【ガンダムSEED】ラクスのその後・劇場版でのキラとの結婚や結末 | 偽物(ミーア)との違い

出典:You Tube

最後は『DESTINY』最終話から2年後の時代でのラクスの人生や立ち位置を解説しながら、劇場版の結末で迎える可能性もあり得る「キラとの結婚および死亡」について迫ります。

 

スポンサーリンク

完全平和のために「コンパス」の総裁となる

『DESTINY』最終話でデュランダル議長が提唱したデスティニープランを否定した上でキラ達と共に止めたラクス、それから2年後となる劇場版の時代では世界平和監視機構「コンパス」の総裁となって活動中です。

そしてキラやシン達も引き連れた上でファウンデーションの女王(アウラ)と謁見しますが、その時に出会った宰相(オルフェ)から興味を抱かれます。

 

スポンサーリンク

ラクスがはめている結婚指輪はキラからの贈り物ではない?

【ガンダムSEED】ラクスのその後・劇場版でのキラとの結婚や結末 | 偽物(ミーア)との違い

出典:You Tube

予告PVで映された“指輪をはめた女性の手”ラクスと捉えて、ほぼ間違いないと思います。
しかし、その指輪がキラから贈られたものとは限りません
その理由には劇場版で初登場するオルフェという男性キャラが抱く“ラクスへの興味”および“キラへの嫌悪感”が強く影響しています。

この辺りは『DESTINY』前半でのカガリと似ており、アスランからの婚約指輪をはめ続けながらも“ユウナとの政略結婚”をさせられそうになった場面やストーリーと重ねてみると分かり易いかもしれません。
さらに一時的に組むファウンデーションとの共闘や同盟なども経て、ラクスもオルフェの策略から逃げられないまま、キラや世界を救うために“オルフェとの結婚”に応じざるを得ない状況にされてしまう可能性もあり得ます。

そのため、予告PVに映された“女性の手”「オルフェから贈られた指輪をはめた(はめさせられた)ラクスが自分から去るキラを止めようともがく場面」とも考えられます。

カガリの種割れや劇場版での声優変更については「【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について
...

 

スポンサーリンク

ED曲の歌詞からラクスとキラの結婚および死亡について考察

劇場版のED曲に決定したSee-Sawの「去り際のロマンティクス」の歌詞にも「ラクスがキラと共に迎える結末」が隠されている可能性が高いです。
「2人の再生の記録」や「これから2人で生きる」など“2人”という言葉が複数回にわたり使われており、この2人とはおそらく「キラとラクスのこと」を指しているものと考察できます。

本来はファウンデーションとの戦争が終結した後にラクスとキラが正式に結婚することで幸せになる結末を予想したいところですが…
これまでのガンダムシリーズ作品では、ハッキリとしたハッピーエンドという結末を迎えられた主人公とヒロインは極めて少ないです。
確かに『Gガンダム』のドモンとレイン、『ガンダムF91』のシーブックとセシリアのように見事に結ばれて幸せになった者たちもいますが、このような幸せな結末は今でもごく少数と言えます。

さらに上映前の現在ではキラの方に死亡説や闇落ち、ラスボス説まで予想される声も多く上がっています。
仮にキラが最後まで死亡せずに済んだとしても、終戦後にラクスと共に皆の前から去り「ラクスとキラが行方不明または消息不明となる結末」で終わる可能性も充分に高いわけです。

『ガンダムSEED』がファーストを踏襲して開始された作品であること、さらに続編の『DESTINY』も経由しての劇場版ではシリーズ3作目という立ち位置になります。
(『ガンダムSEED ASTRY』などのスピンオフ作品を除く)
このような作品の流れはファーストから『逆シャア』までに至る“シャアとアムロの物語”共通しており『逆シャア』ラストでアクシズの落下から地球を救えたアムロですが、最後にはシャアと共に消息不明という結末で幕を閉じました。

このように重ね合わせてみると、SEEDシリーズではライバル同士(シャアとアムロ)から主人公(キラ)と恋人かつヒロイン(ラクス)の2人消息不明となって幕を閉じる可能性も高い」と考えられます。
一部では劇場版だけでSEEDシリーズが完結しないことやファウンデーションとの戦争に勝利しても戦争そのものが完全にはなくならないことを予想されているファンも多いようですが…
その後の時代の戦争や世界平和のことは後の世代の者たちに託した上で、キラとラクスも去っていくのではないでしょうか?

宇宙世紀シリーズでも『逆シャア』ラストでシャアとアムロが去った後の時代からもラプラス事変(『ガンダムUC』)やマフティー動乱(『閃ハサ』)を始めとした戦争や紛争が後の世代の者たちによって起こされ続けてしまっているわけですからね…。

 

まとめ

今回はラクスの出生や魅力、キラ達とは大きく異なる強さや能力を始め、偽物(ミーア)として登場したミーアとの違いについて解説しました。

TV版2作までの時点で危険な目に遭いながらもキラ達と共に頑張って戦ってきたラクスだからこそ、劇場版では普通にキラと結ばれて幸せな結末を迎えてほしいところですが…
これまでのSEEDシリーズやガンダムシリーズ作品の結末を観てきた限りでは、ラクスやキラにこそ「普通の幸せ」を掴み取ることが戦争に勝利すること以上に厳しく難しいものであるかもしれませんね。

おそらく、劇場版でも普通の幸せを掴めずに結末を迎える可能性も高いですが、それでも何とかキラと共に生き残ってほしいものですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント