【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダムSEED(通称は”種”)』は”21世紀のファーストガンダム”として2002年〜2003年までテレビ放送された人気シリーズ作品であり、続く2004年〜2005年には続編となる『ガンダムSEED DESTINY(通称は”運命”)』が放送されました。
そして20年以上もの年月を経て、2024年1月26日(金)から更なる続編となる『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(フリーダム)』が上映開始されます。

本記事ではシンの出生や家族、種割れ(覚醒)も含めた上での強さや能力を紹介。
また、多くのガンダムSEEDファン達から嫌われ続けた理由や劇場版で搭乗する新機体について迫ります。

本作品の人物相関図は「ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】」の記事をご覧ください。

 

ガンダムSEED FREEDOM(劇場版)の人物相関図!勢力図・キャラクターの一覧を解説【ネタバレ注意】
...

 

目次

シン・アスカとは

シンはキラやアスランに続く“第3の主人公”として登場し、続編として制作された『ガンダムSEED DESTINY』の前半では実質的な主人公という立ち位置でした。

しかし、後半に入ってからはシン自身のキャラ人気やストーリー進行の都合などで再びキラが主人公に帰り咲いたため、キラやアスランと敵対する“敵役”という立ち位置に変更されました。

 

スポンサーリンク

シンのプロフィール | オーブでの戦争で家族を失う

人種 コーディネイター
生年月日 C.E.57年9月1日
星座 乙女座
血液型 O型
年齢 16歳(DESTINY)→18歳(劇場版)
身長 165cm(SEED)→ 170cm(DESTINY)→不明(劇場版)
体重 55kg(DESTINY)→不明(劇場版)
出身地 オーブ連合首長国
趣味 読書
所属組織 民間人→ザフト軍
搭乗機体(MS) インパルスガンダム(DESTINY)
デスティニーガンダム(DESTINY)
不確定(劇場版)

シンは研究者である両親から生まれ、妹のマユ・アスカと共にオーブ連合首長国にて平和な生活を送ってきました。

しかし平和な生活はアズラエルと大西洋連邦によって起こされた戦争により、あまりにも突発的に破られました。
一家揃って逃げる中、マユが落とした携帯電話(ガラケー)を拾いに離れたシンを除いた3人が戦闘により発射された流れ弾を当てられたことで一瞬のうちに家族と死別させられたのです。
(前作で起こされたオーブでの戦争に、シンの家族も巻き込まれていたわけです)

 

HDリマスター版では『ガンダムSEED』にもシン達が登場した

TV放送版では『DESTINY』から登場したシンですが、放送10周年を記念して制作された“HDリマスター版”では1作目の劇中にシン達の場面も少しだけ追加されました。

オーブ戦でシンが家族と共に逃げる場面や士官学校でレイやルナマリア達と共に過ごしていた光景が、その追加シーンにあたります。

created by Rinker
¥30,828 (2024/06/21 22:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

シンにとってステラは妹(マユ)の生き写し?

『DESTINY』劇中で出会ったステラを大切にしてきたシンですが、この2人の関係性は少し特殊なものでした。
シンはステラに対して死別した妹(ステラ)の面影を見ていましたが、あくまでも別人であることは理解していました。

また、恋愛関係にまで発展しなかったものの『Zガンダム』でのカミーユとフォウに似た関係性を彷彿した視聴者も多かったはずです。
しかし、シンにとってのステラはあくまでも「守らなければならない存在」という域に留まり、ステラの本命もネオ(フラガ)だったため、仮にステラも死亡せず最後まで生き延びたとしても、シンとステラが結ばれた結末にならなかった点は変わらなかったでしょう。

 

スポンサーリンク

シンがザフト軍のパイロットになった理由

家族を失いながらも1人でオーブから脱出できたシンは自分を気遣ってくれたオーブ軍人のトダカ一佐からの勧めでプラントに移住し、その後に士官学校に入った上でザフト軍に入隊しました。

本放送された当時は、シン自身が戦争のせいで家族を奪われた故に人一倍戦争を嫌いなのに軍人になったことへの矛盾や疑問を抱いた視聴者も多かったようです。
この理由も劇中で明かされており、シン自身は戦争以上に「大切な存在(家族)も守れない弱い自分許せずにいました。

弱い自分を変えるためには敵や周囲を倒せる“強さ”が必要であり、その強さを得るために士官学校でレイやメイリン、ルナマリアと共に学んだ後、同じザフト軍で共に戦い続けます。

 

スポンサーリンク

キラやアスランとの出会いがシンの破滅を招いた?

インパルスやデスティニーに搭乗して戦いながら多くの戦果を挙げてザフトに貢献してきたシンですが、彼自身の強さと性格が災いするように最終的には破滅的な展開や結末を迎えさせられました。

また、シンをそのような辛い状況や結末に追い込んだ原因が「アスランとの共闘」「キラやフリーダムとの確執」だったのです。
それに加えてデュランダル議長からも良いように使われ続けた点もシンの結末において大きなマイナス点だったと言えます。

もしもシンが劇中の前半から終盤にかけて、キラやアスランと少しでも解り合えていたなら『Zガンダム』のカミーユのように少しずつ良い方向に成長できていたかもしれません。
確かに戦争で家族を失ったことによりシンの人生が大きく狂わされたことは紛れもない事実です。
それでも最終話まで死亡せずに生き残った上、カミーユのような精神崩壊まで起こさずに済んだ点は不幸中の幸いと捉えるべきですね。

 

スポンサーリンク

シンの声は声優「鈴村健一さん」が担当

シンの声を担当している声優さんは「インテンション」に所属する鈴村健一さんです。

鈴村さんは代々木アニメーション学院や日本ナレーション演技研究所などを経て、1994年に放送されたテレビアニメ『マクロス7』のモーリー役で声優デビューを果たしました。
さらに、同じマクロスシリーズでは後の2002年〜2004年に発売されたOVA作品『マクロスZERO(ゼロ)』の工藤シン役主演も果たされました。

鈴村健一さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『X-エックス-』司狼神威役
  2. 『真月譚 月姫』遠野志貴役
  3. 『おそ松さん』イヤミ役
  4. 『鬼滅の刃』伊黒小芭内役

 

シンが嫌われる理由をキラやアスラン、カガリ達との関係性から分析

本放送中の時期から多くのファンや視聴者たちから嫌われ続けた印象も強いシンですが、それは彼自身がキラやアスラン、さらにカガリに対して起こした行動や接し方が最も大きかったのではないでしょうか?

ここでは、シンを嫌うファンが多い理由について迫ります。

 

スポンサーリンク

キラへの撃墜や逆恨みが最も大きい?

シンが嫌われた理由で最も大きかったのが「キラへの逆恨み撃墜だったと思われます。

キラはTVシリーズ1作目『ガンダムSEED』の主人公で初登場した時から絶大な人気を誇り、その高い人気は続編(『DESTINY』)でも衰えてませんでした。
さらに2000年代に入ってからは“キャラ萌え”を最優先にしてTVアニメを視聴する人も増えており、そのような方々からすれば如何なる理由や事情があっても「シンにキラを殺された」という怒りや辛さをどうしても抱いてしまうわけです。

そんなシンがキラやフリーダムへの恨みを抱く発端とは、やはり「キラ(フリーダム)の攻撃でステラを殺されたこと」になります。
キラも人を殺すことを好まず、戦闘中でも出来る限りは敵パイロットたちまで殺さぬように撃墜してきた少年ですが、ステラが乗るデストロイガンダムの巨大さや絶大な火力の前では流石のキラとフリーダムでも搭乗者だけを救う形で撃墜(または足止め)すること不可能だったのです。
とはいえ、このままステラとデストロイの暴走を許しては更に多大な被害を出してしまうことも目に見えています。

このような事情をシンも頭の中では理解できていたものの、彼の中では「キラとフリーダムにステラを殺された」という憎悪の方が高まってしまいます。
その後のエピソードでシンならではのトリッキーな戦法も含めてフリーダムを撃墜しており、同じザフトの兵士たちから褒められた代償のように、キラ推しの女性ファンたちからの怒りや反感強く買ってしまったわけです。

created by Rinker
バンダイナムコフィルムワークス
¥33,909 (2024/06/21 21:45:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

アスランの話や事情も聞かぬまま撃墜したため

一度はザフト軍に復帰したアスランと共に戦ってきたシンですが、メイリンも連れて脱走するアスランからの話や事情も聞かぬままデスティニーの大剣で撃墜したこともまた、シンが嫌われた原因と言えます。

確かにシンやレイ達から見たアスランの行動は”裏切り行為”と変わらず、裏切り者や反逆者の捕縛や撃墜もまた軍人の務めとなります。
しかし、アスランも好きでザフトから脱退したわけでなく、シン達にも知らされていないデュランダル議長の恐ろしい目的や真意(デスティニープラン等)を知ってしまったためにやむなく起こしたことです。

それでもシンがアスランからの話を全く聞こうともしないまま撃墜してしまったわけですから…
キラ推しに続き、アスラン推しファン達からも強い反感や顰蹙を買ってしまいました。
それでも結果的には、キラもアスランも死亡せず生き延びたことが唯一の救いだったとも言えますね。

アスランのその後、カガリやメイリンとの結婚や恋愛関係、劇場版での新機体については「【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】アスランのその後・カガリやメイリンとの恋愛関係 | 劇場版での新機体について
...

 

スポンサーリンク

家族を失った恨みをカガリにぶつけてきた

シンはオーブ出身であると同時に自分の故郷で大切な家族(マユたち)を失ったため、首長となったカガリへの憎しみも本人の前でハッキリと見せていました。

前作で起きたオーブでの戦争で家族を奪われたシンの辛さも分かりますが、この時の戦争はウズミやカガリの意思でなく、連合側のムルタ・アズラエルが起こしたものです。
さらにウズミやカガリは街や住人たちの安全のために避難までさせたわけですから、シンが本当に恨むべくは連合やアズラエルのはずです。

シンはカガリとも最後まで険悪な関係性や雰囲気を出していたものの、キャラクターとは違って声優さん同士(鈴村さんと進藤尚美さん)の仲は良好だったことが不幸中の幸いだったとも言えますね。

カガリの種割れや劇場版での声優変更については「【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】カガリの種割れ・その後 | 劇場版での声優変更の理由について
...

 

スポンサーリンク

シン自身の性格が嫌われる結果を作り出した?

キラやアスラン、カガリとの関係性を踏まえた上で、シン自身の「キレやすい性格」がファンたちから嫌われる結果を作ってしまったのではないでしょうか?
このようなキレやすさも突然の戦争で家族を失わされた辛さや悲しみが原因からできたものの、シン自身からキレて起こした行動によってキラ達との確執を生み出してしまったことも否めません。

同じSEEDシリーズの主人公でも、キラがファーストのアムロタイプだったのに対して、シンは『Zガンダム』のカミーユに近い性格や性質寄りに生み出された主人公だったと言えます。
ただ、シンにはこれまでのシリーズ作品の主人公たちとの“決定的な違い”があり、それが「自分を成長させてくれる良き大人たちに恵まれなかった点」です。

前作のキラを始め、アムロやカミーユも初期ではまだ10代という年齢ゆえ、人間的に未熟である要素も多く出してきました。
それでも彼らはブライト艦長や良き先輩たち(フラガやクワトロ等)に恵まれたおかげで、戦闘などを重ねながら少しずつ成長できたわけです。
しかし、シンの場合は自分を良き方向に導いてくれる大人たちに恵まれなかったことが、シン自身の性格や性質を悪い方向へと成長させてしまったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

シンが嫌われキャラにされたのは敵役に変更させるためだった?

シンの場合『DESTINY』のストーリー開始時からキレやすさや“口や態度の悪さ”を出していたものの、それでも前半ではまだ「仲間思いな少年」として描かれていました。
しかし後半に入るとキラやアスランに起こした行動が原因で“身勝手すぎる”“自己中過ぎ”などと思われる場面が増加しており、このような傾向もまた多くのファンや視聴者たちに悪い印象を与えたのです。

このようなシンの悪い面が強調されたことにはストーリー進行の都合上で「キラを再び主人公の座に復帰させるため」として、制作側の意思行われたこととも捉えられます。
そのように考えると、シンを悪役や敵役のポジションに変更させるため「敢えて嫌われやすいタイプのキャラクターに変更させた」とも解釈できますね。

また、シンが後半期で搭乗したデスティニーガンダムもフリーダムやジャスティスとは違って“悪役な顔”でデザインされた点もまた、視聴者に対して「後半からはシンが敵役に変わったこと」分かりやすく解釈させたいためとも考えられます。

それでも、主題歌やコミカライズを担当した方々からは「シンの良き本質など」をしっかりと理解されていたようです。
確かに劇中では悪役や敵役と捉えられてしまったシンでしたが…
そのように見られたのは、シンの行動により生じた“誤解”が大きく、彼自身のキレやすい性格や行動こそがファンや視聴者たちからの誤解を招いてしまっていたことも否めません。

 

スポンサーリンク

放送終了後にシンの評価が変わり始めた理由

本放送中では嫌われ続けたシンですが、放送終了後に制作された真の結末(『FINAL PLUS』やスペシャルエディションに収録)の影響で、シンに対する印象や評価が少しずつ好転していきました。

さらに、シンの人気が上がり始めた理由には「進化を果たした立体商品」も見逃せません。
一例を挙げると2019年に発売されたHGCEデスティニーが多くのガンプラ好きから支持されており、この商品のクオリティの高さもまた「シンのキャラ人気上昇」に一役買っていると思われます。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,227 (2024/06/21 20:34:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

シンの強さと種割れ(覚醒)における強化と恩恵について

『DESTINY』の前半では主人公の座に君臨して多くの戦果を挙げてきたシンですが、全体的な戦闘能力は彼よりも先に戦い続けてきたキラやアスラン、イザークよりも劣ります。
それでもシンには彼らにはできない独特な戦法などで「キラ達には持ち得なかった強み」もあったのです。

ここでは、種割れ(覚醒)も含めた上でシンの強さや操縦能力について解説します。

 

スポンサーリンク

近接戦闘ではキラやアスランをも上回る?

マルチロックオンも含めた射撃能力ではキラやアスラン、フラガに一歩劣りますが、その一方で近接戦闘ではシンの方が絶大な強さを見せていました。
オーブ攻防戦の中で初めて発現した“種割れ(覚醒)”による強化も含めながら、インパルスの大剣で連合の艦隊をたった一機で壊滅させたのです。

さらに後半で乗り換えたデスティニーでも大剣でアスランとメイリンが乗るグフの腹部を貫きながら殲滅しました。
機体性能の差やアスラン達が逃げること優先で戦意がなかったためでもありますが「裏切られた」という怒りの感情を込めた一閃は紛れもなくシンの実力です。

SEEDシリーズで近接戦闘に長けたキャラクターとして、イザークを筆頭に挙げるファンも多いと思いますが…
もしもシンがイザークと1対1で戦った場合にも機体性能の差もありますが、種割れ(覚醒)まで出来るシンの勝利で終わる可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク

トリッキーな戦法でキラのフリーダムを撃墜した

キラやアスランですら思いつかないトリッキーな戦法ができる点」シンの強みと言えます。

キラのフリーダムと1対1で戦った時、実力では劣るシンが押され始めた中、インパルスにある“機体分離の性能”を活かしたことでフリーダムの撃墜に成功しました。

MS戦で攻め合う中で自機を分離させたシンの戦法にはキラでさえも“完全に予想外な行動”であり、大いに驚かせていました。
この戦法は『ガンダムZZ』最終話のハマーン戦でジュドーが使っていましたが、機体の合体や分離という“共通点”を活かした上で踏襲されたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

シンが種割れ(覚醒)で得られた恩恵とは

シンもオーブでの攻防戦で初めて種割れ(覚醒)を起こせましたが、シンの種割れ(覚醒)にはキラやアスラン達にはない“大きな恩恵”があります。
それこそが冷静さの取得」であり、怒りの感情をトリガーとして種割れを起こしながらも「普段以上に冷静に自分をコントロールできること」により視野が狭くなることがありません。

“怒り”と”冷静さ”という少し矛盾した組み合わせにより、シンもまたキラと同じように広い視野を保ちながら戦闘能力の向上が可能となります。

キラの種割れや劇場版での赤い目、ラスボス化については「【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での赤い瞳や闇落ちからラスボス化?」の記事を参照ください。

 

【ガンダムSEED】キラの種割れ・その後 | 劇場版での新機体・赤い瞳や闇落ちからラスボス化?
...

 

スポンサーリンク

劇場版ではシンも自在に種割れ(覚醒)をおこせるように?

シンの場合は『DESTINY』最終話までにかけて「自分の意思で自在に種割れ(覚醒)を起こせない」という欠点も残しています。

しかし、デスティニープランを阻止した後に果たした“キラやアスランと和解により、劇場版ではシンも自在に種割れ(覚醒)を起こせる程に成長している可能性も高いです。

 

シンのその後 | 所属組織やルナマリアとの結婚や関係性について

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体

出典:You Tube

劇場版では『DESTINY』最終話から2年後の時代を舞台にストーリー展開されていきます。
ここではシンが過ごしてきた“劇場版までの空白の2年間”について迫ります。

 

スポンサーリンク

ザフト軍に所属したままキラやルナマリア達と共に紛争撲滅に努めてきた?

公式から公開された予告PV映像により、シンはルナマリアと共にザフトに所属したままであることが分かります。
しかしTV版までとの大きな違いもあり、それがキラたちと共通した“階級章”です。
劇場版での階級章がキラたちと同じ”長方の三角形”に変わっているため、一部のファンたちからは「コンパス」という仮称で広まっているようですね。

また、シンたちの着る制服の色分けは階級だけでなく「コンパス(仮称)の中での陣営分け」をファンや視聴者たちに分かりやすく伝えるための配慮とも言われています。
シンとルナマリアの場合はザフト軍でありながら、キラやフラガ達と共に協力しながらラクスの護衛など務める「特別な組織や陣営」に属したとも考えられますね。

さらに予告PVでの台詞により、デスティニープランを阻止できた後も戦争を完全になくせたわけでなく、世界各地で小さな紛争が起こり続いている状況です。
その辺にもシンとルナマリアが新たな陣営に属した理由が入っており、彼らもキラ達と共に新MSで出撃しながら各国の紛争を撲滅する活動を始めていたものと考えられます。

 

スポンサーリンク

シンとルナマリアとの結婚は劇場版の結末や以降の時代に果たす?

劇場版が『DESTINY』最終話から続く物語として制作される以上、シン推しのファンにとって最も気になる点とは「シンとルナマリアの結婚についてではないでしょうか?

確かに2人は士官学校時代から親しい関係性として共に戦ってきたことに加えて『DESTINY』最終話でルナマリアとの恋愛関係決定的なものになりましたが…
先に触れた空白の2年間の世界情勢やシンたち自身の活動内容から考えて、劇場版の時代でもシンとルナマリアはまだ正式に入籍まではしていないものと思われます。

劇場版の結末でキラ達が望んできた「本当の平和」が訪れる可能性についてはまだ断定できない状況ですが…
シンとルナマリアが結婚して正式に結ばれるのは、早くても劇場版より更に後の時代になりそうですね。

 

シンの新機体 | ギャンやジャスティスからインパルスに乗り換える?

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体

出典:You Tube

キラのライジングフリーダムと違い、シンが劇場版で搭乗する新機体についてはまだ確定されていません。
さらに予告PV(第3弾)や新作ガンプラとして公開された新MSたちの中に、シンが搭乗する可能性が高い機体が複数にわたっている状況です。

ここでは劇場版でシンが搭乗および乗り換える新機体について予想してみます。

 

スポンサーリンク

劇場版の序盤ではギャンで戦う可能性が高い

キラにライフリ以降にも新機体が用意されてストーリー途中で乗り換える可能性が高いことと同じく、シンはキラ以上に複数の機体に乗り換える可能性が高いです。

まず序盤ではシンの近接戦闘力の高さを存分に活かせるであろうギャンに搭乗しながら再登場し、ルナマリアが搭乗していると思われるゲルググメナースと共に世界の紛争を止めるために戦い続けていると考えられます。

 

スポンサーリンク

一時的に乗り換えたイモジャをアスランに託す役割に?

ライフリと同じく劇場版ではアスランのために用意されたであろうジャスティスガンダムの後継機「イモータルジャスティス」も発表されました。
しかし劇場版でのアスランがキラ達から離れての単独行動を続けている可能性が高いため、アスランよりも先にシンが一時的に搭乗する展開も考えられます。

それでも戦場での再会(または合流)を果たした後に、シンの方からこの機体(イモジャ)には、あんたが乗った方がいい!」などと叱咤しながらアスランに託すのではないでしょうか?

シンがジャスティスに搭乗しても種割れ(覚醒)も含めた上で高い戦闘力を発揮しながら、大きな戦果を上げられるはずです。
それでもTV版から追い続けたアスラン推しにとって、ジャスティス系の新機体にはやはり「アスランにこそ乗ってほしい」という願望も大きいですからね。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,980 (2024/06/22 12:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ギャンやイモジャを経て、最後には再びインパルスに搭乗する?

【ガンダムSEED】シンが嫌われた理由・その後 | 劇場版での新機体

出典:You Tube

シンの高い戦闘能力を最も活かせる機体とは、やはり『DESTINY』後半から終盤にかけて搭乗していたデスティニーガンダムです。

それでも劇場版ではデスティニーではなく、ギャンやイモジャを経て、最後には再びインパルスに搭乗してラスボスに挑む可能性が高いです。
新作SEEDガンプラとして、唯一RGとしての発売が発表された「フォースインパルス SpecⅡ」でなら大剣などの使用による近接戦闘も存分にこなせますし、インパルス自体がシンにとって最も馴染み深い機体ですからね。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥6,980 (2024/06/22 12:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

シンが劇場版でデスティニーに搭乗しない理由とは?

先の項目や新作ガンプラの発表を見て「なぜ劇場版ではデスティニーに搭乗しないのか?」という疑問を抱いたファンも多いはずです。
それはデスティニーの機体に搭載されていた「ニュートロンジャマー」「ミラージュコロイド」が大きく関わっております。
SEEDシリーズの世界では上記2つの使用“ユニウス条約”によって禁止されています。

『DESTINY』後半から搭乗したデスティニーやレジェンド、さらにストフリにもユニウス条約を無視した形での高性能化を実現させた一方、最終的にはデュランダル議長が目論むデスティニープランの進行を許してしまう結果となりました。
そのため、シンのデスティニーは最終話での敗北の後、機体そのものを放棄されています。
さらにキラ達と共に世界の紛争を阻止する者たちが条約で禁止されている機能やシステムが搭載された機体を使っていては、紛争を起こす者たちへの示しもつきません。

そのように考えることで、劇場版でのキラやシンが『DESTINY』後半での愛機を敢えて切り捨てた形で戦い続けている点にも納得がいくわけです。

 

まとめ

今回はシンの出生や種割れ(覚醒)も含めた上での強さや能力を紹介しながら、本放送された当時は多くのファン達から嫌われ続けた理由について解説しました。
確かに同じSEEDシリーズのキラやアスランよりも“幼い印象”を抱かれても仕方なかったシンですが、その本質は妹想いな“優しい少年”であり、その優しさ故に精神の波状が含まれていた点も忘れてはいけません。

劇場版ではキラ達と和解してからの活躍となる上、搭乗する新機体もキラやアスランよりも多く乗り換える可能性が高い点もまた、注目すべきポイントですね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント