【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダムUC】アンジェロの過去・強化人間説を考察 | 最後に見せた表情とその後

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』は宇宙世紀を舞台とした新たなシリーズ作品として月刊ガンダムエースで連載されていた小説作品です。
原作の完結後にはOVAやTVシリーズとして、アニメ化も果たしました。

本記事では、アンジェロの過去を辿りながら「フロンタルに心酔した理由」を紹介。
さらにアニメ本編で最後に見せた表情の意味と強化人間説や”その後”についても迫ります。

本作品の人物相関図は「機動戦士ガンダムUCの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

機動戦士ガンダムUCの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
機動戦士ガンダムUCに登場するキャラクター達の人物相関図を作成しました。各登場人物・キャラクターを一覧形式でそれぞれの解説も行っています。

 

アンジェロ・ザウパーとは

【ガンダムUC】アンジェロの過去・強化人間説を考察 | 最後に見せた表情とその後

出典:テレビアニメ「機動戦士ガンダムUC RE:0096」公式サイト

アンジェロはネオジオン(袖付き)で親衛隊の隊長を務めるパイロットであり、上官のフロンタルに心酔している点も大きな特徴です。

 

スポンサーリンク

アンジェロのプロフィール

生年月日 U.C.0077
年齢 19歳
階級 中尉(エピソード0)→大尉(ガンダムUC本編)
搭乗機体(MS) ギラドーガ(エピソード0)
ギラズール
ローゼン・ズール

アンジェロはサイド3の都市グローブで両親と幸せに暮らしてきましたが、その幸せも後に起きる“グローブ事件”によって引き裂かれてしまいました。

それから数年後にフロンタルと出会ったことがキッカケで“袖付きの親衛隊隊長”となり戦うことになります。
ちなみに『ガンダムUC』本編で連れていた2人の部下(セルジとキュアロン)も、アンジェロが入隊した時から共に戦い続けてきました。

created by Rinker
¥15,709 (2024/05/18 20:45:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

アンジェロの性格 | 冷静さと情緒不安定な性質を併せもつ

アンジェロは基本的に冷静な性格ですが、上官であるフロンタルに魅入られていることが災いして情緒不安定な性質”も併せ持っています。

特に、バナージに対して見せた「強い憎悪嫉妬心は半端なく、それはフロンタルが自分でなくバナージにばかり強い興味矢関心を抱き続けることへの悔しさや屈辱感から来ています。

 

スポンサーリンク

アンジェロの声は声優「柿原徹也さん」が担当

アンジェロの声を担当している声優は「Zynchro」に所属している柿原徹也さんです。

高校の社会実習として幼稚園の先生を経験した中で、アニメキャラの声真似をしたことで子供たちが言うことを聞いてくれるようになったことがキッカケで声優の仕事を志すようになりました。

柿原徹也さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『天元突破グレンラガン』シモン役
  2. 『アオペラ』四方ルカ役
  3. 『弱虫ペダル』東堂尽八役
  4. 『FAIRY TAIL』ナツ役

 

アンジェロの過去 | フロンタルに心酔した理由とは

【ガンダムUC】アンジェロの過去・強化人間説を考察 | 最後に見せた表情とその後

(機動戦士ガンダムUCバンデシネEpisode0第2巻 福井晴敏・大森倖三/角川コミックスエース)

アンジェロには、あまりにも残酷な形で両親と引き離されてしまう壮絶な過去がありました。
さらに、その過去がキッカケでフロンタルとの出会いを果たしたのです。

 

スポンサーリンク

グローブ事件の最中に精神崩壊を起こしてしまう

グローブ事件とは、一年戦争終結直後の時代にサイド3の都市グローブにて、占領政策に不満を抱いた連邦兵たちによって起こされた虐殺行為です。

アンジェロの父親も連邦兵たちの手で虐殺されてしまいます。
さらに、母親も兵士たちからの性的暴行を受けてしまい、その状況を目の当たりにしたことで精神崩壊を起こしてしまったのです。

 

スポンサーリンク

アンジェロ自身も義父からの暴行で男娼となる

母親はグローブ事件後に再婚を果たしたものの、今度はアンジェロが義父からの性的暴行を受けてしまいます。

そのような生活に耐えきれず家を出たアンジェロですが、特に行く宛もなくスラム街へ流れ着いた後からはアンジェロ自身が男娼として生きるようになります。

 

スポンサーリンク

フロンタルとの出会いで袖付き(ネオジオン)に入隊した

【ガンダムUC】アンジェロの過去・強化人間説を考察 | 最後に見せた表情とその後

(機動戦士ガンダムUCバンデシネEpisode0第2巻 福井晴敏・大森倖三/角川コミックスエース)

男娼として生き続ける中で堕ちていくアンジェロでしたが、彼を尋ねてきたフロンタルと出会い、助けられました。

解放されたアンジェロは、そのままフロンタルに連れていかれる形で袖付き(ネオジオン)に入隊して、MSパイロットとなったのです。
ここまで辿ってみると、壮絶な過去や自身を救ってくれた者の部下として働き始めた点においては、マリーダとも共通していますよね。

マリーダのラプラス宣言やバナージ達との関係性については「【機動戦士ガンダムUC】マリーダの正体と過去 | 人気の理由・死亡時の名言の意味とは?
」の記事を参照ください。

 

【ガンダムUC】マリーダの正体と過去 | 人気の理由・死亡時の名言の意味とは?
...

 

スポンサーリンク

フロンタルの強さに魅入られながら心酔していく

袖付き(ネオジオン)に入隊してからも自分を救ってくれたフロンタルには感謝しているものの、それでもアンジェロ自身にはまだ腑に落ちないことがありました。

それはフロンタル「本当に自分たちの総帥に相応しい存在か否か」という点です。

確かにフロンタルには「シャアの再来」という呼び名ばかりが先走りしてしまい、アンジェロ以外の兵士たちも彼と同じく疑念を抱いておりました。

そんなアンジェロたちの疑念を大きく晴らしたのが、フロンタルを筆頭に繰り広げられた「シナンジュ強奪作戦」での戦闘を見せられた瞬間でした。
ギラドーガ改やシナンジュ・スタインに搭乗したフロンタルが見せつけた強さと速さは連邦や自分たちの次元を遥かに超えており、この瞬間からアンジェロは心からフロンタルに魅入られ始め、心酔していきます。

 

アンジェロが最後に見せた表情の意味を考察

原作小説では、最終戦の後にもバナージと接する場面がありました。

 

スポンサーリンク

最後までバナージを拒否した上に自殺まで図ろうとした

原作ではバナージからユニコーンのサイコフィールドでアンジェロとも解り合おうとしてきますが、アンジェロの方がこれを拒否してしまいます。

その後に自分の搭乗機体(ローゼンズール)を破壊して自殺まで図ろうとしていました。
それでもアンジェロは死亡することなく、更なる精神崩壊を起こしました。

 

スポンサーリンク

最後の表情に込められていたのは嬉しさと寂しさ

完全に精神崩壊した後、バナージとリディにより破壊されたシナンジュの残骸がアンジェロの前へと流れてきます。

アンジェロは自分のMSから出てシナンジュのコクピットに入り、フロンタルの死体を抱きしめます。
この場面はアニメ版でも描かれていましたが、この時に見せたアンジェロの表情が悲しみではなく“嬉しさと寂しさ”を合わせたような表情をしていたのです。

この時はアンジェロも精神崩壊を起こしていたため、おそらくフロンタルが死亡していることにすら気づけていなかった可能性も高いです。
そのため、再び自分の元に帰還してくれたと感じた“嬉しさ”と、最後までバナージ程の興味を自分には抱いてくれなかった“寂しさ”が込められていたのでしょう。

 

アンジェロの強化人間説について考察

【ガンダムUC】アンジェロの過去・強化人間説を考察 | 最後に見せた表情とその後

出典:テレビアニメ「機動戦士ガンダムUC RE:0096」公式サイト

原作やアニメがまだ展開中だった頃は、アンジェロを「強化人間ではないのか?」という予想や考察もしたファン達も多かったようです。

しかし、結論として「アンジェロは強化人間でないニュータイプにもなれぬまま退場した」と言えます。

 

スポンサーリンク

強化人間と思われたのはバナージへの強い嫉妬心と憎悪のため

アンジェロを強化人間と感じたファンや視聴者たちが多いのには、劇中で何度も見せてきた「バナージへの強い嫉妬心や憎悪」が原因だったと思われます。

確かにフロンタルや部下たちの前では冷静に振る舞ってたにも関わらず、バナージやユニコーンを前にした時の怒り方や取り乱し方が常軌を逸していましたからね。
しかし、アンジェロが情緒不安定なのは、先に触れた“壮絶な過去”によって精神崩壊を起こしたためです。

バナージのその後に関しては「【機動戦士ガンダムUC】バナージが死亡しなかった理由|その後やミネバとの結婚も考察」の記事を参照ください。

 

【ガンダムUC】バナージ・リンクスが死亡しなかった理由 | その後やミネバとの結婚も考察
...

 

スポンサーリンク

フロンタルやモナハンにより強化人間にされた可能性もあり得たため

本編ではストーリー開始時から最後まで”フロンタル直属の部下”であった点も、アンジェロを強化人間と疑ってしまう理由として挙げられます。

アンジェロを助けたフロンタル自身が強化人間である上に、彼の生みの親であるモナハンもまたあんなもの(フロンタル)は、いくらでも作り出せる」と言っていたため、アンジェロ1人を強化人間に変えることも充分に可能だったはずです。
または、モナハンにとってアンジェロは万一フロンタルが戦死した場合の保険と捉えていたのかもしれません。

フロンタルの声優や演説、バナージとの結婚に関しては「【機動戦士ガンダムUC】フル・フロンタルの正体と能力 | シャアのクローン説を考察
」の記事を参照ください。

 

【ガンダムUC】フル・フロンタルの正体と能力 | シャアのクローン説を考察
...

 

スポンサーリンク

最終的には自らニュータイプになれる活路を閉ざした

アンジェロにもニュータイプとして覚醒できる素質は充分に持っており、それはバナージとの最終戦で心を通わせる中“自分の壮絶な過去”を見られた場面で証明されています。

しかし、アンジェロの方が最後までバナージに対しては心を閉ざしていた上、解り合おうとしてきたバナージをも拒絶してしまいました。
この拒絶により、アンジェロは自分から「ニュータイプになれる機会や活路を閉ざした」と言えますよね。

 

アンジェロのその後 | 鉄仮面(カロッゾ)説が出た理由とは

アンジェロの『ガンダムUC』以降の人生を考察すると共に「鉄仮面(カロッゾ)説が出た理由」についても迫りたいと思います。

 

スポンサーリンク

鉄仮面(カロッゾ)説は複数もの共通点が存在したため

アンジェロと『ガンダムF91』に登場した鉄仮面(カロッゾ)には複数もの共通点があり、これが原因で「アンジェロの鉄仮面(カロッゾ)説」を考察したファンも多かったものと思われます。

この2人おいては年齢が一致している点」から始まりカロッソの実子(ドレル・ロナ)アンジェロの容姿が似ていること」さらには“花”をモチーフにした機体に搭乗した点」など、確かに2人が同一人物であると考えてしまうのも仕方ありません。

 

スポンサーリンク

アンジェロと鉄仮面(カロッゾ)における矛盾点とは

アンジェロと鉄仮面(カロッゾ)の共通点が多い一方で、この2人と同一人物と見切れない矛盾点もあります。

まずは、鉄仮面(カロッゾ)の本名が「ビゲンゾン」であり、元々は“バイオコンピューターの研究者”でした。
一方、アンジェロは入隊時からパイロットとして戦ってきており、少なくとも『ガンダムUC』本編や前日譚(エピソード0)では何かの研究に没頭する様子はありませんでした。

さらに鉄仮面(カロッゾ)が貴族主義者であったのに対して、アンジェロはあくまでも一般家庭の出身であり、薔薇を大切にしてきたのも「自分の母親が好きな花」であっただけに過ぎません。
それでも劇中で薔薇の手入れをする場面には少しエレガントな雰囲気も漂わせており、このような行動もまた「アンジェロが鉄仮面(カロッゾ)なのでは?」と感じさせてしまう要素だったのでしょう。

確かに「アンジェロの鉄仮面(カロッゾ)説」が真実であった方が宇宙世紀シリーズの繫がりとして面白いですが、大きな矛盾点もあるため、やはり同一人物とまでは思えないんですよね…。

 

スポンサーリンク

『ガンダムUC』以降はフロンタルを抱きながら死亡した可能性が高い

バナージミネバとは違い、アンジェロは続編の『ガンダムNT』には全く登場しなかったもまた「アンジェロの鉄仮面(カロッゾ)説」が流れたことに拍車をかけた一因だったかもしれません。

確かにフロンタルの亡骸をパラオ等で手厚く葬った後に、また新たなMSでバナージへの復讐に走る可能性もゼロとは言い切れません。
しかし、自身が敗北後にフロンタルを抱いていた時のアンジェロは完全に戦意喪失したような表情」にも見えていました。

そのため、ラプラス事変終結後にもパラオ等には戻らず、永遠にフロンタルの亡骸を抱いたまま流される中、アンジェロもまたフロンタルの後を追うように疲れ果てた末「誰からも見られない中で死亡した」と考えた方が自然と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回はアンジェロの壮絶な過去を紹介しながら、フロンタルとの出会いや「フロンタルに魅入られた理由」にも迫ってみました。
また、最後に見せた表情や”鉄仮面(カロッゾ)説”も含める形での「その後」についても簡単に考察してみました。

アンジェロの家族や人生まで奪った「グローブ事件」は、宇宙世紀シリーズの中でもかなり後付けされた事件らしいですが、この時点から”連邦の腐敗”も進行していたと同時に”ティターズへの前触れ”とも感じてしまいます。

もしも、この事件さえ起きていなければ、アンジェロも荒んでしまうことなく、家族や友人たちと幸せに暮らし続けられたと考えると、やるせない思いにさせられてしまいますね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント