【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダム 閃光のハサウェイ】ギギの最後と結末・年齢と声優 | クェスやケネスとの関係性

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム-閃光のハサウェイ-』は1989年から1990年にかけて発表された小説作品で『逆襲のシャア-ベルトーチカチルドレン-』から続く物語として執筆されました。
また、小説発売から30年もの時を経てアニメ化が決定しら2021年6月に劇場版アニメの第1部が公開されています。
さらにテレビシリーズ『水星の魔女』第1クール最終話の後、2023年1月には第1部をテレビサイズ化する形で『サンダーボルト』や『ガンダムNT』と共に放送されました。

本記事では、ギギの年齢や声優、最後に迎える結末について解説。
さらにクェスとの違いも含めながらの能力や、本編の結末後の人生についても考察してみます。

本作品の人物相関図は「ガンダム閃光のハサウェイの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

ガンダム閃光のハサウェイの人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ギギ・アンダルシアとは

ギギ「創業者(カーディアス)の愛人」として登場した金髪の美少女です。
本編では搭乗するハウンゼンの中で同じ便に乗っていたハサウェイやケネスと運命的な出会いを果たしました。

 

スポンサーリンク

ギギの性格 | 悪女でなく小悪魔的な存在

原作小説やアニメ本編に触れたガンダムファンからは「悪女」と呼ばれながら嫌われてきた印象も強いギギですが、それにはギギ自身の言動による影響が大きいと思います。

劇場版アニメ第1部で例を挙げると、出会ったばかりの異性(ハサウェイ)と同じホテルの部屋で泊まろうと言い出して実行した上、無防備に着替えながら不意に見られたことをハサウェイのせいにしていましたからね。
さらにマフティー(ハサウェイ)の作戦で出撃したガウマンとキルケー部隊とのMS戦でハサウェイの手引きで逃げ切れたにも関わらず、その後に合流できたケネスへと泣きつく始末です。

特にハサウェイの目の前でケネスに泣きつく姿や、その前のダンスにもケネスを誘うなどの行動には『ガンダム0083』のニナを強く彷彿した人も多かったようです。

それでも”悪女”として名高いニナやカテジナさんと比べれば、ギギの言動はまだ可愛い方です。
ガンダムシリーズにニナとカテジナが存在する限り、ギギやクェスは”悪女”の域には及んでいないため「小悪魔」のような地位やポジションと見るべきかもしれません。

 

スポンサーリンク

劇場版アニメで年齢が引き上げられた理由とは

ギギは劇場版アニメで年齢が19歳に引き上げられました。
(ギギ自身がケネスのオフィスで渡された書類に「19 years old」と記載していました)

原作小説では18歳に設定されていたギギの年齢をアニメ化において実行された“年齢の引き上げ”には「村瀬監督の希望」が大きかったそうです。
確かにアニメ版のギギは原作やゲーム作品(Gジェネ等)以上に大人びた顔立ちのキャラデザに変更されていますが、それでも”大人の色気”においては、ニナやセイラさんよりは劣ります。

それでも「妖艶さと幼さの両方」を兼ね備えながら「大人の男性たちを惑わす容姿」も惜しみなく表現するためには、アニメ版で実現された”年齢の引き上げ”も必要だったと捉えるべきですね。

created by Rinker
¥3,752 (2024/07/10 17:09:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

ギギ(三代目)の声は声優「上田麗奈さん」が担当

『閃ハサ』の劇場版アニメでギギの声を担当している声優さんは「81プロデュース」に所属している上田麗奈さんです。
上田さんはこれまでに「色気と二面性をもつ”情緒に揺らぎある女性」のキャラクターを多く演じられており、ギギのようなタイプの女性キャラは、まさに“ハマり役”とも言われています。

上田麗奈さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『ばくおん!!』佐倉羽音役
  2. 『無職転生』アリエル役
  3. 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』グレイ役
  4. 『チェンソーマン』レゼ役

 

過去にギギ役を担当された声優さんたち

原作の発売から劇場アニメ化までに30年もの年月が経過した『閃ハサ』ですが、この間の期間に発売されてきたスパロボやGジェネシリーズ等のゲーム作品では複数回にわたり参戦してきました。
その主体はどうしてもハサウェイとΞガンダム、そしてレーンとペーネロペーでしたが、Gジェネシリーズではケネス達と一緒にゲスト参戦したギギの台詞にも声が収録されていました。

2000年に発売された『GジェネF』では林原めぐみさん(初代ギギ)が、そして『Gジェネ魂』以降のシリーズ作品では川上とも子さん(二代目ギギ)が演じられてきました。

created by Rinker
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
¥3,519 (2024/07/10 17:09:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

ギギの愛人や恋愛模様を解説

カーディアスを始めとして、ハサウェイやケネスとも恋愛的な関係を築いたギギですが、彼女の異性関係は他シリーズ作品のヒロインとは少し違って特殊なものでした。
ここで、ギギが本編で見せてきた異性関係について解説していきます。

 

スポンサーリンク

ギギがカーディアスの愛人として生きる理由

大手の保険会社の創業者であるカーディアス愛人であることが判明したギギですが…
ギギは本編よりも前の時期から”初老の愛人”として生きてきました。

本編で見せてきた言動の数々に「家族がいない生い立ちや人生であったこと」を想像させられますが、それ故に「大金持ちの男性に自分の身を売ること」でしか生きていける手段を見出せなかったものと思われます。

ギギ程の美貌であれば、メイスのような接客業で活躍しながら自活することも可能なように見えますが…
ギギには「生きることに執着していない」という無気力な性質もあり、その辺もまた自分で無理して働くよりも”愛人”として生きる方が楽であることを悟っていたためとも思われます。

 

スポンサーリンク

ケネスとは恋愛関係にまで発展しない理由

ストーリー進行と比例しながらケネスとの距離も近くなり、ハサウェイと別れた後からは2人の心の距離が更に縮まります。
それでもギギとケネスが最後まで恋人同士とならなかった理由は「お互いが恋愛感情までは抱いていなかったため」です。

同じハウンゼンで出会ったケネスから積極的に言い寄られますが、それはあくまでもギギのもつ“鋭い勘”高く評価されていただけに過ぎません。
「勝利の女神」とまで呼ばれながら側にいることを願われたのも「マフティー捕縛の確率や可能性を上げる”おまじない”」のように見られていたためです。

一方、ギギの方もタサダイホテルでハサウェイと同じ部屋に宿泊する中でもケネスを誘っていましたが、あれはギギが仕掛けた「ハサウェイへの当てつけ」に過ぎませんでした。
本心ではハサウェイと一緒にダンスホールで楽しみたかったものの、肝心のハサウェイの方が乗り気になってくれなかったため「ケネスを使ってでも動揺させてやろう」という策略だったのです。

 

スポンサーリンク

最後までハサウェイと結ばれなかった理由

劇中でハサウェイとお互いに惹かれ合いながらも、最後まで恋人同士として結ばれないまま終わりました。

それにはハサウェイの死亡(銃殺)という以前に、ハサウェイから「ケネスや連邦からのスパイなのでは?」“強い警戒心”を抱かれながら疑われ続けたことが原因とされています。
ギギは持ち前の鋭い勘により、ケネスよりも早い段階でハサウェイの正体(マフティーであること)を見抜いています。

しかし、その鋭さとは裏腹に自分が感知したことや思ったことを躊躇なく口に出してしまう性質もあり、それもハサウェイから警戒心を抱かれてしまう原因となったのではないでしょうか?
『ガンダムUC』でもバナージマリーダに対して「あなた達は直線的すぎるんだ!」と言う場面もありましたが…
ギギにもマリーダ達とは少し違う意味で「直線的すぎる性質」「自分の感情に正直すぎたところ」もあった感もあります。

また、ギギもクェスとは違う形で「ハサウェイと出会った時期が悪かった」と言わざるを得ません。
『閃ハサ』でのハサウェイは既に“マフティーのリーダー”という地位と責任感の中で生きており『逆シャア』のクェスの時と違って自分の感情だけで突っ走ることもできなくなっている状態です。

劇中でハサウェイばかりを意識しながら動くギギに対して、マフティーのリーダーとして大勢のメンバー達を守りながら活動していかなければいけないハサウェイ…
この2人の見るものも大きく違っており、エアーズロックで再会した時も自分の想いまでは伝えれず、エメラルダにより仲を取り持ってもらってもハサウェイとの心の溝は埋まらないまま終わってしまったわけです。

ハサウェイの人生や能力、結末の詳細は「【機動戦士ガンダム】ハサウェイの搭乗機 | 死亡と結末・ギギやケリアとの恋愛」の記事を参照ください。

 

【機動戦士ガンダム】ハサウェイの搭乗機 | 死亡と結末・ギギやケリアとの恋愛
...

 

ギギとクェスの共通点と違い

ハサウェイと恋愛関係を築いた共通点として、多くのファンたちからもクェスと重ねて、または比較されることが多いギギですが、実際にはクェスとは違う点の方が多いです。

 

スポンサーリンク

ハサウェイにとっては「クェスの身代わり」

ハサウェイにとって、ギギは「クェスの身代わり」という印象が強いです。

劇中のハウンゼンでハイジャック事件に巻き込まれる中で、ギギが声をかけただけでもハサウェイからは“クェスのに聞こえていたのです。
その後の展開でもハサウェイからは“クェスと重ねて見られること”も複数にわたってありましたが…
クェスの存在を知らないギギからすれば、他の女性と重ねて見られてもいい迷惑でしかありませんよね…。

それでも一度はケネスと別れ、エアーズロックにまでハサウェイに会いに来た展開にはギギの行動力や優しさも感じられます。

 

スポンサーリンク

【クェスとの違い①】ギギの鋭い勘はニュータイプ能力ではない?

ギギが劇中で見せた鋭い勘をニュータイプ能力と捉える人も多いようですが、それは少し違っている感もあります。

ニュータイプ能力の発動においてはアムロやカミーユが分かりやすく、彼らは戦闘中などに脳内で”ピキーン”と閃きながら予想外な攻撃などで敵MSを圧倒してきました。

しかしギギがハサウェイのことを”マフティー”と言い当てたことにおいてはニュータイプのような特別な能力でなく、あくまでも年頃の女性たちが持つ「女の勘」に近いものと思われます。
そのため、仮にギギがヤクトドーガやαアジールに搭乗したとしても…
クェスと同じように直感や閃きを素早く働かせながらファンネルを自在に操ることは難しいはずです。

ただ、ギギの方はクェスとは違って一度もMSに搭乗して戦わなかった影響もあり、最後まで死亡させられずに生き延びられたことは幸いというべきでしょうか…。

created by Rinker
¥407 (2024/07/10 17:09:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

【クェスとの違い②】ギギは異性との距離感を理解しながら行動している

クェスとの大きな違いとして「異性への接し方」も挙げられます。

クェスの場合はハサウェイやギュネイ、さらにシャアに対しても自分の感情に任せて自分勝手に動き続けてきた印象があります。
そんなクェスに対して、ギギの方は愛人として生きながらもハサウェイやケネスとも「ある程度の距離感を保ちながら接していた印象」の方が強いです。
確かにストーリー序盤や劇場版アニメの第1部ではクェスと似た直線的な性質も多く見られましたが、ギギの方はストーリー進行と同時に少しずつ自分の感情をコントロールし始めてきていました。

さらにギギは誰よりも早くハサウェイの正体(マフティー)に気づいた女性でもあり、ハサウェイの抱える事情考慮した上で自分の想いも告げられずに終わってしまったとも考えられます。
もしも、この時にハサウェイと再会したのがギギでなくクェスだったらと想像すると…
ハサウェイの事情や立場などお構いなしに自分の想いや感情の方を優先しながら動いていたと思います。

 

ギギがケネスと共に迎えた最後 | 結末後の人生も予想

最後は劇中でギギが迎えた結末について解説しながら、その後の人生についても簡単に予想してみます。

 

スポンサーリンク

ハサウェイ死亡後はケネスと共に日本へ向かった

アデレート空港での襲撃作戦や戦闘をギギも見届けており、ケネスの作戦やレーンの行動を見抜けぬままΞガンダムごとハサウェイが捕らえられた瞬間も目撃しています。

そして、ハサウェイの処刑(銃殺)を否定しながらケネスに詰め寄りながらも、結局は連邦を退役したケネスと共に日本の九州と向かいますが…
その後の人生においては原作でも触れられていません。

 

スポンサーリンク

日本(九州)でもケネスと共に過ごした可能性が高い

ケネスに同行しながら日本に向かったギギですが、その行動は「カーディアスとの決別」も意味します。
(いくら高齢とはいえ、カーディアスの方も他の男と一緒によその国へ移り住む女を養い続けようという気にはなれないはずですからね…)

とはいえ、これまでまともに働いてこなかったギギが日本で生き続けるためには、また新しい”愛人”を見つけて養ってもらわなければいけません。
しかし、ここでギギが目をつけた男性こそがケネスであり、自身の鋭い勘はケネスからも最後まで買われていました。

連邦を退役したケネスにもまた“新たな目標”ができており、ギギも彼の目標を果たすためにできる限りの協力をしながらケネスと一緒に暮らし続けた末に天寿をまっとうする形で人生を終えたものと思われます。

 

まとめ

今回はギギの年齢や声優、最後に迎える結末について解説しました。
また、劇中で見せた”鋭い勘”についてクェスとの違いも含めながら迫りました。

ニナやクェスを始め、ガンダムシリーズには「自分に正直すぎた女性キャラ」も登場しており、ギギも例外ではありません。
しかし、ギギの場合はクェスたちとは違い、持ち前の勘の良さを活かした点と、内心では距離感を保ちながら異性と接してきたことが最後まで生き延びられた要因だったようにも感じられます。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント