【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【ガンダム水星の魔女】グエルの強さ・ジェリドとの共通点 | 新機体と死亡の可能性

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム-水星の魔女-』は2022年10月から放送中のTVシリーズ最新作の作品です。

本記事ではグエルの強さの本質をジェリドとの共通点も含めながら紹介。
また、アニメ第1クール終盤から第2クールにかけての新機体や展開、結末についても迫ってみます。

本作品の人物相関図は「ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

グエル・ジェタークとは

【ガンダム水星の魔女】グエルの強さ・ジェリドとの共通点 | 新機体と死亡の可能性

出典:あにこ便

グエルはアスティカシア学園の決闘委員会の筆頭であり「ホルダー」という“学園一強い生徒”という地位に立つ形で初登場しました。

 

スポンサーリンク

グエルのプロフィール | 野心家な父親(ヴィム)から生まれた御曹司

学科・学年 パイロット科3年→第9話で退学
宿泊していた寮 ジェターク寮(元・寮長)
搭乗機体(MS) ディランザ、ダリルバルデ

ジェターク家の御曹司として生まれたグエルは父親(ヴィム)がCEOを務めるジェターク社により開発された高性能なMS(モビルスーツ)に搭乗しては多くの生徒たちとの決闘で勝ち続けてきました。

また、第5話まではジェターク寮の寮長として仕切りながら義弟(ラウダ)を始め、女子生徒の後輩たちをまるで自分の部下のように連れ歩くことも多かったです。

しかし、スレッタやエランとの決闘での”三連敗”をした結果、父親の怒りを買って寮から追い出されたため、寮長から一転して“テント生活”というホームレスのような立ち位置へと転落してしまいました。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,960 (2023/02/05 03:38:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

グエルの性格 | 荒々しさと真面目さを併せもつ

本編の第1話までは”ホルダー”の座についていたこともあり、かなり荒々しい性格な上、親同士により決められた婚約者(ミオリネ)に対してもかなり横暴な態度も多く、初登場時は悪役的な印象ばかり見せていました。

しかし、その一方で教師や自分の父親など目上の人間に対しては敬語で話す上「決闘のルールや”勝敗で賭けたもの”は絶対であること」も弁えており、スレッタとの再戦で敗北後には、ミオリネの前で頭まで下げながら謝罪もしていました。
さらに謝罪だけで終わらせず、自分が父親に呼ばれて欠席する中で、ラウダたちに自分が壊したミオリネの農園を修理するように指示までしていたのです。

このような真逆な性格や振る舞いからは、グエルの虚勢本質が混ぜ合わさっているようにも感じられます。
表面上の荒々しさには「ホルダーや御曹司としてのプライド」が、そして第4話での敬語や謝罪には「グエル自身の真面目な本質」が見られますね。

 

スポンサーリンク

グエルの声は声優「阿座上洋平さん」が担当

グエルの声を担当している声優さんは「青二プロダクション」に所属されている阿座上洋平さんです。

阿座上さんは青二塾東京校31期の卒業生であり、2011年に放送された『ギルティクラウン』の男子生徒役で声優デビューを果たされました。
そして2016年に放送された『クロムクロ』の青馬剣之介時貞役初主演を果たされました。

阿座上洋平さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『スプリガン』ジャン役
  2. 『新サクラ大戦』神山誠十郎役
  3. 『あんさんぶるスターズ!!』天城燐音役
  4. 『デジモンサヴァイヴ』富永リョウ役

 

グエルの恋愛事情 | スレッタへの求婚やミオリネへの想いとは

【ガンダム水星の魔女】グエルの強さ・ジェリドとの共通点 | 新機体と死亡の可能性

出典:あにこ便

グエルも学園内にいた頃まではさりげない恋愛事情もありました。
そこで、本編でスレッタミオリネに見せた想いについて考えてみます。

 

スポンサーリンク

決闘後にスレッタにプロポーズした理由とは

第3話での再戦でも敗北したグエルですが、この決着後にした「スレッタへの突然のプロポーズ」がファンや視聴者たちの間で大きな話題となりました。
次の第4話でスレッタのことなど好きじゃないなどと怒鳴りますが、あれは単なる照れ隠しでしかなく、本心ではスレッタのことを少なからず想い始めていたはずです。

しかし、グエルのスレッタへの想いとは「自分を二度も負かす程の強さ」「自分の親(プロスペラ)との仲が円満であることへの羨ましさ」によるもので、純愛というわけではないでしょう。

再戦後にしたプロポーズは、グエル自身もスレッタの強さに惹かれ過ぎたことで、無意識のうちに「結婚してくれ」などと言ったはずです。
もしも、スレッタへの好意が全くないのであれば、第5話での「エランとのデート場所」にまで、わざわざ駆けつけることもないはずですし、浮かない顔のスレッタを見た時にエランに対して「コイツに何をした!?」などと強く問い詰めないでしょうからね。

また、ミオリネ社長が立ち上げた”株式ガンダム”やシャディク隊との集団戦闘にも本当は「スレッタ達に協力してやりたい」という気持ちもあったはずです。
しかし、この時はまだ父親からの”退学”を言い渡される前であり「父親からの命令は守らなければならない」という思いの方が強かったためでしょう。

スレッタの本当の正体については「【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体は姉妹やクローンではない理由 | 呪いから解放される方法も考察」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体は姉妹やクローンではない理由 | 呪いから解放される方法も考察
...
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
小吾郎

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント