【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム-水星の魔女-』は2022年10月から放送中のTVシリーズ最新作の作品です。

本記事ではシャディクの強さや能力、ニカやミオリネとの関係性を紹介。
また、目的や黒幕説、さらに新機体について考察してみます。

本作品の人物相関図は「ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

シャディク・ゼネリとは

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

シャディクグラスレー社のCEOサリウスの養子であり、次世代の幹部候補でもあります。

また、グエルやエランと同じ決闘部に所属しており、彼らにも退けを取らない強さを誇りますが、シャディクの場合は”ホルダー”の地位には興味なく、基本的には”挑まれた決闘”でしか戦いません。

 

スポンサーリンク

シャディクのプロフィール | 孤児として生きる中でサリウスから拾われた

学科・学年 パイロット科3年
宿泊する寮 ブリオン寮
搭乗機体(MS) ミカエリス

シャディクは孤児として施設生活を送る中でサリウスから拾われ、アスティカシア学園へ入学しました。

その見た目で一見はチャラそうなイメージが強いですが、学園生活と会社での仕事を上手く両立しながら数々の実績を上げています。
また、その優秀さはミオリネからも認められています。

 

スポンサーリンク

シャディクの声は声優「古川慎さん」が担当

シャディクの声を担当している声優さんは「トイズファクトリー」に所属している古川慎さんです。
『鉄血のオルフェンズ』のビトー役やザック役も担当された経歴もあり、ガンダム作品とはとても縁の深い声優さんです。
また、声優を志したキッカケも『ガンダムW』の主人公ヒイロ役を担当された緑川光さんの声に憧れたためとされています。

専門学校へ通い始め、2011年のWebアニメ『武装中学生』の吉野サトシ役で声優デビューを果たされました。

古川慎さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『転スラ』ベニマル役
  2. 『憂国のモリアーティ』シャーロック・ホームズ役
  3. 『虚構推理』室井昌幸役
  4. 『魔法少女マジカルデストロイヤーズ』オタクヒーロー役

 

シャディクの強さと能力 | その本質は異才な頭脳

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

ここでは本編でシャディクが見せてきた強さや能力の“本質”について迫ります。
第9話での集団戦闘ではミカエリスで驚異的な強さを見せましたが、シャディクの強さの本質とは努力によって得た「異才な頭脳」にあると思います。

 

スポンサーリンク

頭脳を活かしての交渉や経営能力が優秀

シャディクの優秀さで真っ先に挙げられるのが、やはり交渉経営・分析能力」でしょう。

第7話でのパーティー会場で会ったミオリネの優秀さを褒めていましたが、実際にはシャディクの方が優秀かつ高い結果や功績を残しています。
まだ本編開始の時点では地球への逃亡ばかり考えていたミオリネに対し、シャディクの方はこの時点で難関な契約を取っていた上、プロスペラへの審問会の席でも父親(サリウス)の隣で颯爽と“エアリアルの分析”などをテキパキ進めていました。

また、ミオリネが魔女裁判にかけられたスレッタを救うために切り出した「株式会社ガンダムの設立」におけるプレゼンを聞きながら「ミオリネに足りないもの(権力や存在感)」を速攻で見抜いていたのです。

スレッタの本当の正体については「【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体は姉妹やクローンではない理由 | 呪いから解放される方法も考察」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体はエリクトのクローン体 | 最終話で死亡せずに背負った呪い
...

 

スポンサーリンク

シャディク隊への的確な指示と人選能力

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

第9話での集団戦闘により、本編ではミカエリスに搭乗しての”初の戦闘シーン”を見せてくれたシャディクですが、ここで注目すべきなのはシャディク隊の女生徒パイロットたちでしょう。

シャディク隊の全員がパイロット科で上位の成績をもつ強者たちであり、実戦慣れした高い戦闘能力や連携能力でスレッタ側のザウォート達を瞬殺してしまいますが、このような連携や戦果にもまた「シャディクが駆使した人選指導力が活かされていたと思います。

また、シャディクは学園内でも屈指のモテ男であり、自分に寄ってくる女生徒たちも単に容姿の可愛さだけでなく、1人1人の強さや能力を熟知した上で決闘メンバーとして出戦させたはずです。
その中でもシャディクの右腕として補佐役まで務めるサビーナの能力は特にズバ抜けており、ミオリネへの新たな契約の申し出に同行させる程に強く信頼されています。

 

スポンサーリンク

ミオリネをも出し抜く先読みと行動力

シャディクの特筆すべき能力として「ミオリネをも出し抜く“先読み”“行動力”も見逃せません。

ニカやチュチュ達アーシアンの協力も得た上で株式会社ガンダムの経営を本格的に始めようとした矢先で「突然の校則変更」により、ミオリネさえも予測不可能な妨害を実行していました。
そうした上でミオリネ社長へ“自分にもプラスとなる内容の取引”まで持ち込んだわけです。

ファーストでもシャアが「戦いは二手三手、先を見て行うもの」という名言を残しましたが、シャディクの場合は戦闘以外の面でシャアも顔負けしそうな”先読み”を駆使した上での行動力を発揮した場面と言えます。
また「出る杭は打たれる」という諺もありますが、シャディクの場合は「杭(ミオリネの会社)の頭角が出た途端に打ち止めしてしまった」と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

地球での人脈も駆使してスパイ活動やデリング暗殺まで実行してしまう

第10話での通信会話で地球の組織とも繋がっていることが判明しましたが、このような“人脈の広さ”もシャディクの強みだと思います。

ただ、アーシアンへの依頼や取引では“スパイ活動”や”デリング暗殺”など、かなり危ない橋を渡り始めています…。

デリングの死亡や年齢などについては「【ガンダム水星の魔女】デリングの死亡と年齢 | 娘(ミオリネ)の会社経営を容認した理由」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】デリングの死亡と年齢 | 娘(ミオリネ)の会社経営を容認した理由
...

 

シャディクの目的により新たな黒幕説が浮上?

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

第10話で判明したシャディクの目的、そして起こした行動と取引により、アニメ第1クールの“黒幕的な存在”がまたもや変わりそうな気配を出しています。

 

スポンサーリンク

シャディクの目的の意味や詳細を考察

シャディクの目的「ベネリットグループの解体であることが判明しましたが、これだけではシャディク自身が具体的に何をしたいのかまでは掴み切れません。

そこで簡単に考察してみた結果、ナジとの取引でデリングを殺害した後でサリウスを総裁の座に君臨させる形での新たなMS開発グループの設立」を目指しているように見えます。

本来はミオリネ社長との契約を締結させた上で、自身もスレッタエアリアルに深く入り込みながら実行できることが最も理想的だったかもしれません。
しかし結果的にはミオリネからの拒否と”集団決闘での敗北”により、それはもう実現できない状態です。

そのため、解体にせよ新たなグループ立ち上げにしても、まずは1番の障壁となるデリングを死亡させなければ先に進めないと判断した上で“ナジへの依頼をかけたのでしょう。
また、ミオリネのガンダム会社に投資してくれたデリングが死亡することで他の者たちからの投資も止まり、ミオリネの会社経営を停滞または破綻に持ち込みことによって、医療技術の促進や新たなガンダム開発を阻止させることも可能となるわけです。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,049 (2024/04/17 09:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

シャディクに新たな黒幕説が上がった理由

プロローグや本編が放送開始されたばかりの頃はデリングプロスペラばかりに”黒幕”の立ち位置を見ていた人も多かったと思います。
しかし実際にはヴィムやプロスペラに続き、シャディクまでも“デリング暗殺”を自分の口で言いながら行動を起こす展開へ進んでしまいました。
さらに、シャディクやナジもまた“プロスペラとのつながり”をもっている可能性も考えられます。

ヴァナディース事変により、エリクトやルブリスと共に水星へ逃げ延びた後のプロスペラ(エルノラ)は地球と水星を往復する生活を送ってきました。
そんな中でナジと出会い、お互いの目的のために以前から何かしらの取引や契約関係を結んでいる可能性も充分に考えられます。
また、サリウスの右腕として多くのCEOたちもいる中で働いてきたシャディクもプロスペラに接触して取引を持ちかけていたとしても不思議ではありません。

第10話ラストでプロスペラがデリングよりも先回りした形でプラント・クエタに到着していた状況も深く関係している可能性も考えられます。
つまり、シャディクの依頼内容の本質とはプロスペラにデリングを殺害させ、その後にナジと一緒にいる2人のルブリス搭乗者が乗っ取った輸送船を使ってプロスペラを連れて逃走させること、またはプロスペラも殺害することだったようにも感じ取れます。

仮にこの作戦が成功した場合、デリングやプロスペラ殺害を実行したシャディクこそが“真の黒幕”という立ち位置になりそうですね。

エアリアルについては「【ガンダム水星の魔女】エアリアルの正体はエリクト? | スレッタとの別人説が確定した理由」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】エアリアルの正体はエリクト | 死因・最後にスレッタと迎える結末とは
...

 

スポンサーリンク

デリング殺害こそがシャディクの二度目の決闘

第10話でのサリウスとの会話で「次は勝ちます」と話していたシャディクですが、それはグエルがダリルバルデでスレッタに挑んだ再戦とは全く違うものになるはずです。
おそらくは、これまで解説してきた「デリング殺害」や「自分の目的を達成させること」こそがシャディクにとっての再戦および(本編の中での)二度目の決闘なのでしょう。

そのため、この決闘ではシャディク自身は表舞台には出ず、依頼をかけた相手たち(ナジと2人の少女)を表舞台で動かし、必要に応じて少女たちのルブリスウルとルブリスソーンで戦わせる方法も取るはずです。
その一方で依頼主であるシャディクの方は状況把握など、あくまでも裏で暗躍し続ける方法を取るはずです。

グエルの強さや新機体、結末の予想については「【ガンダム水星の魔女】グエルの強さ・ジェリドとの共通点 | 新機体と死亡の可能性」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】グエルの強さ・ジェリドとの共通点 | 新機体と死亡の可能性
...

 

シャディクの新機体もガンダムになる可能性が高い

アニメ第1クールの物語が終盤に入ったことと、新たに発表された新作ガンプラも視野に入れながら、ミカエリスに続くシャディクの新機体についても予想してみます。

 

スポンサーリンク

ニカから得た情報を基に新型ガンダム開発を開始する可能性が高い

ディランザソルやガンダムシュバルゼッテと一緒に発表された新型ガンダム(正式名称は不明)のガンプラも発表されましたが、この機体こそが“シャディクの新機体になりそうな予感が高いです。

これまでニカを”連絡係”として使い、スパイ行為までさせたことで得た「スレッタやエアリアルの情報」を基に秘密裏に新型ガンダムの開発を始めている可能性も高いですよね。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,495 (2024/04/17 13:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

シャディクがニカにスパイ行為をさせた理由とは

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

シャディクがニカを使ってスレッタ達へのスパイ行為をさせている理由とは意外とシンプルなもので「ニカこそが最も適任だったから」と見做したためでしょう。

まず、ニカにもシャディク自身が納得できる程の操縦能力があるならサビーナ達と同じように”シャディク隊のメンバー”に加入させた上で集団決闘にも参戦させていたかもしれません。
しかしニカはメカニック科の生徒である上、操縦よりも整備や技術系の方が優れているタイプです。
さらに編入してきたばかりのスレッタとも仲良しである状況も踏まえた上で「スレッタ達へのスパイ役として使った方が有用と捉えたはずです。

実際にやらされているニカの方は納得いかない様子ですが、自分のお父さん役であるナジがシャディクと契約関係を結んでいることを始め、決して逆らえない理由や事情も抱えているのでしょう。

 

スポンサーリンク

シャディク自身が”ガンダムへの執着”をまだ捨てていないため

第9話での集団戦闘での敗北により、ミオリネの会社やエアリアルに干渉しないことを誓ったシャディクですが、この約束事には裏があり、スレッタミオリネの方もその真意まで読み切れていなかった印象もあります。
シャディクが干渉しないことを誓ったのは、あくまでもエアリアルやガンダム会社のみであり「全てのガンダムそのものに干渉しない」とまでは言ってませんからね…。

それに第8話ラストでシャディク隊の女生徒たちの前で「ガンダムが必要」とまで言っていた場面もあり“ガンダムへの執着”までは完全に捨てていないはずです。
それは即ち「ミオリネやエアリアルが駄目ならば、自分の手新型ガンダムを開発および製造すれば良い」という思考に方向転換したとも考えられます。

 

スポンサーリンク

義父(サリウス)には秘密裏に進めている可能性が高い

シャディクが本当に独自に新型ガンダムの開発および製造を進めている場合、彼にとっては“義父(サリウス)の存在”最も大きな障壁となるはずです。

プロローグの時点で全てのガンダムを禁止したデリングでさえも本心では「ガンダムへの期待や可能性」を抱いていたのに対し、サリウスの方は「心の底からガンダムを否定および危険視」しています。

それでも孤児だった自分を拾ってくれた“サリウスへの恩”本心であるはずでですし、ガンダム開発に邪魔だからと言って殺害に及ぶこともないです。
そんな状況の中「どうやって義父(サリウス)から阻まれずに新型ガンダムを完成させるのか?」と疑問を抱く人も多いと思います。

しかし、その辺もシャディクにとっては意外と簡単なはずであり、要はプロスペラやペイル社のCEO4人と同じように「上手く誤魔化し通せば良いだけのこと」です。
もちろん安易な誤魔化し方でサリウスを欺くことはできません。
それでも頭脳明晰なシャディクなら資料の内容を綿密に記載した上で一部の表記を偽ることや、交渉能力も駆使した上で偽りの説明内容を義父でも納得できるように上手く話し通すことも可能なはずです。

 

シャディクの恋愛 | ミオリネへの好意と結末

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性

出典:あにこ便

最後はシャディクとミオリネの恋愛関係にも触れたいと思います。

 

スポンサーリンク

シャディクは純粋にミオリネを想っていた

シャディクが以前からミオリネに好意を寄せていたことが第9話で明かされましたが、それは真逆な言い方をすればシャディクだけがミオリネを”トロフィー”としてでなく「1人の女性として愛していた」ということです。

しかし、本編開始される前まではデリングの決めたルールにより、ミオリネを”ホルダー”と結婚させるとされていた上、シャディク自身は無理してホルダーを目指す気になれず、仕事の方で義父(サリウス)に報いることの方が大切だったのです。

そのような状況や思考が災いしてしまい、サブタイトルにあった「あと一歩」を踏み出せずに終わりました。
とはいえ、ミオリネは父親のルールに従うことを拒み、ホルダーや同じ学園の生徒と結婚したくない気持ちもあったため、仮にシャディクが決闘でグエルスレッタに勝利してホルダーの座につけたとしても結局はグエルと同じように拒絶されて終わってしまっていたと思います。

ミオリネの能力や成長・母親の正体については「【ガンダム水星の魔女】ミオリネの能力・母親の正体 | 会社の新型ルブリス搭乗者も予想」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】ミオリネの能力・母親の正体 | 会社の新型ルブリス搭乗者も予想
...

 

スポンサーリンク

シャディクとミオリネが結ばれる方法とは

シャディクがミオリネの農園から去った後、ミオリネがまだ実っていないトマトの茎を切った場面が描かれましたが、これは2人の恋愛実ることなく終わったこと」を表現していたものと思います。

さらに、この時の台詞でミオリネの方もわずかにシャディクへの想いを抱いていたことも判明したため、この2人が何とか結ばれる展開や結末を望む視聴者も多いかもしれません。
しかし本編での出生や境遇、立場などによって、シャディクとミオリネが結ばれる方法は“無し”と言わざるを得ず、この2人は生まれた時点で「結ばれることのない運命」とされていたわけです。

そんな中でも苦肉の策として思いついたのが2人揃って本編とは全く異なるタイプとして”転生”を果たした上で「学園やグループ以外の場所で出会うこと」が出来れば、少なからず結ばれる可能性も上がります。
しかし、あくまでも現実主義的なガンダムシリーズ作品で異世界転生アニメのような展開を期待すること自体がナンセンスなため、その辺はファンたちの手で作る同人誌などで考察や願望も込めたストーリーを自分の中で思い描いていくしかありません。

 

まとめ

今回はシャディクの強さや能力を本質、ニカやミオリネとの関係性について解説しました。
また、本編で口にしていた”目的の詳細”や第10話での行動(地球への依頼)から読み取れる黒幕説、そして今後の展開で乗り換える可能性の高い新機体について考察してみました。

御三家の御曹司3人の中で、ある意味では最も優秀な印象もある上、最も家族や会社に貢献してきたシャディク故、本当はスレッタやミオリネ以上に報われて幸せになってほしい想いもありますが…
アニメ第1クール終盤から危ない橋を渡り始めているため、彼にもまた不幸な結末が待ち受けている予感が消えないんですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント