【決定版】おすすめアニメ120選

【ガンダム水星の魔女】ノレアの声優・性格と死亡までの役割 | カミーユと言われる理由

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム-水星の魔女-』は2022年10月から第1クールが放送されたTVシリーズ最新作の作品 で、2023年4月からは第2クールが放送中です。

本記事ではノレアの性格や声優を解説。
さらにソフィとの死別も絡めた上で「ノレアが死亡までに果たすべき役割」やガンダムファンたちから「カミーユと言われる理由」についても考察してみます。

本作品の人物相関図は「ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説」の記事をご覧ください。

 

ガンダム水星の魔女(第1クール)の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説
...

 

ノレア・デュノクとは

ノレアアーシアン(地球育ち)の少女で、反スペーシアン組織「フォルドの夜明け」に所属しています。
リーダーのナジの指揮の下、相棒のソフィ(地球の魔女)と共に任務やMS戦を続けてきました。

普段は日本の拠点(廃墟と化した学校)でナジやソフィ達と一緒に過ごしてきましたが、プラントクエタ襲撃作戦の後からソフィと共にアスティカシア学園へと編入してきました。
学園への編入は戦闘でなく“スパイ任務”のためでしたが…
その任務中でソフィ以上の冷酷さや意外な一面も見せています。

 

スポンサーリンク

ノレアの主な役割はスパイ活動とソフィのサポート役

ノレアの役割は主にスパイ行為と相棒であるソフィのサポート役です。

いつも自由奔放で本能のままに動いてばかりのソフィに対して辟易しながらも、これまでに参戦した任務(プラントクエタ襲撃や学園の偵察)ではソフィのことを陽動役としながら自身の任務は迅速かつ的確にこなしてきました。

ソフィの過去や能力・死亡については「【ガンダム水星の魔女】ソフィの過去と生い立ち・家族 | 死亡の理由・ノレアとの関係性
」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】ソフィの過去と生い立ち・家族 | 死亡の理由・ノレアとの関係性
...

 

スポンサーリンク

ノレアの元ネタやモチーフは山口百恵さん?

ソフィの元ネタが松田聖子さんとされているのと同じく、ノレアの“癖の強いボブヘア”に対しては山口百恵さんを意識されたファンも多かったそうです。

確かに80年代のアイドルブームをリアタイで堪能した世代の方々にとっては、ノレアのショートカットや冷静かつミステリアスな雰囲気を見ただけで山口百恵さんと重ねて見えてしまっても不思議ではありませんよね…。

 

スポンサーリンク

ノレアの声は声優「悠木碧さん」が担当

【ガンダム水星の魔女】ノレアの声優・性格と死亡までの役割 | カミーユと言われる理由

https://www.animatetimes.com/tag/details.php?id=773

ノレアの声を担当している声優さんは「青二プロダクション」に所属している悠木碧さんです。

悠木さんは4歳の頃から芸能界入りされており、子役として多くの映画やテレビドラマに出演されてきました。
そして、2003年に放送されたテレビアニメ『キノの旅』のさくら役で声優デビューも果たされました。

悠木碧さんの代表作(キャラクター)は、以下のとおりです。

  1. 『幼女戦記』ターニャ役
  2. 『ペルソナ5 ロイヤル』佐倉双葉(ナビ)役
  3. 『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役
  4. 『異世界おじさん』メイベル役

 

ノレアの性格 | 冷静さと冷酷さを併せ持つ

ここではノレアのもつ“冷静さ”と”冷酷さ”による両極端な性格について解説します。

 

スポンサーリンク

冷静な性格と対応でエラン(強化人士5号)をも軽く遇らう

ソフィとは真逆に自分たちの任務に忠実なノレアはスレッタに学園案内をしてもらっている中でも、学園内の光景や生徒たちをジックリと観察していました。

そんな中で行き合ったエラン(強化人士5号)から軽く口説かれることもありましたが…
すぐ狼狽えてしまうスレッタとは違い、キッパリと断る上に軽い皮肉まで浴びせていました。
ちなみに、この時にエラン(強化人士5号)からも言い返されていましたが、まだ面識が薄いうちからお互いの本心を言い合える面を見ると、今後の場合や状況によってはソフィとはまた違う形での名コンビプレイを発揮できていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

スペーシアンへの強い憎しみや嫉妬心を抱く

プラントクエタ襲撃作戦までは涼しい表情ばかりだったノレアですが、ソフィと共に学園に編入してから思わぬ一面を見せ始めます。

酷い環境下にある地球で育てられた自分たち(アーシアン)とは真逆に、恵まれた環境の学園やそこで楽しく過ごす生徒たちへの嫉妬心を見せ始め、そこから湧き出た憎悪を学園内での決闘に参戦した生徒たちやニカ姉へと向けられました。

 

スポンサーリンク

キレた時の冷酷さはソフィ以上

ソフィとは正反対に普段は冷静なノレアですが…
日頃から抑えてきた不満や怒りを爆発させた時の怖さは半端なく、状況によってはソフィをも超える冷酷さを露わに出すこともありました。
第14話でのバトルロイヤル中では自身の搭乗機であるルブリスソーンでソフィのルブリスウルと共に途中から乗り込んでは生徒を機体ごと破壊する形で殺してしまったのです。

それでもソフィとは違い、エアリアルのパーメットスコア6に達したことで発せられた「ガンドビットジャック」と”範囲の制限”にはいち早く気づけたことで冷静さを取り戻したかのように自機を踏みとどまらせながら、その範囲外へと離脱します。
また、エアリアルを追い続けるソフィにも早く離脱するように呼びかけ続けていました。

しかし、ノレアからの呼びかけも空しく…
自分の本能と欲望に正直すぎたソフィを助けることはできませんでした。

エリクトとスレッタの別人説やエアリアルについては「【ガンダム水星の魔女】エアリアルの正体はエリクト? | スレッタとの別人説が確定した理由」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】エアリアルの正体はエリクト | 死因・最後にスレッタと迎える結末とは
...

 

ノレアが死亡までに果たすべき役割とは

第14話でソフィと死別させられたノレアは「自分もガンダムの呪いで殺されること」を悟った上でスレッタにも話していました。

ここまでの時点でノレアもまた、最終話までの時点で死亡する可能性ほぼ確実と言えるでしょう。
とはいえ、ノレアには自身が死亡するまでに果たさなければならない役割もあります。

スレッタの本当の正体については「【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体は姉妹やクローンではない理由 | 呪いから解放される方法も考察」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】スレッタの正体はエリクトのクローン体 | 最終話で死亡せずに背負った呪い
...

 

スポンサーリンク

ノレアには死亡した”ソフィの代弁者”という任務が課された

第14話での決闘では自分の方だけが生き残ってしまったノレアですが、だからこそ「ノレア自身が死亡するまでに果たさなければならない役割」も追加された感もあります。

それこそが「ソフィの代弁者になること」であり、ソフィが生きているうちに伝えきれなかった想いや願いを今後はノレアがソフィの代わりに学園やスレッタ、さらにベネリットグループを含めた宇宙に対して伝えていくべきと思います。
この辺りはノレア役の声優(悠木碧さん)も月刊ガンダムエースでのインタビューで仰っていた内容と被りますが、ソフィと最も身近に接してきたノレアにしか出来ない役割のはずです。

created by Rinker
¥780 (2024/06/23 02:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

スポンサーリンク

地球の子供たちへ恵まれた環境を与えることも重要

決闘でソフィと死別させられた後の第15話では”フォルドの夜明け”にソフィやノレア以外にもまだ幼い子供たち(シーシアやセド達)がいることが判明しました。

その子たちはソフィを”英雄”のように見ながら慕っており、彼女の死亡を悲しみながらお墓に集まって弔う場面も描かれました。
ちなみにソフィはエアリアルとの戦闘中、死ぬ間際に”お腹いっぱいの食事”や”フカフカのベッド”など自分の欲しい物を数多くスレッタに言い続けていましたが、これらはソフィだけでなく「地球の幼い孤児たち全員の願望」とも捉えられます。

そう仮定した場合、フォルドの夜明けと共に過ごす子供たち全員が「ソフィなら自分たちの願望を叶えてくれる」と期待および信頼していたのではないでしょうか?
しかし、そのソフィが死亡した今、それらの願望またノレアの方に強くのしかかっているはずです。

ノレアも口には出さないものの、そのことを心の何処かで自覚しているはずですが、自身の死期が近いことも悟っており、どのように伝えるべきかで悩んでいるのかもしれません。
それでも決闘後も学園を追い出されず、シャディク隊の女生徒たちと一緒に過ごせていることが不幸中の幸いです。
つまり、自身が完璧な代弁者となれずともニカやシャディク、サビーナ達ソフィや子供たちの想いを代弁しておき、自分が死亡後もその想いを彼女たちに広めてもらうという手段です。

とはいえ、スペーシアンとはあまり交流したがらないノレアにとっては、その通過点こそ最大の難関になりそうですよね。

シャディクの強さや能力、目的については「【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】シャディクの声優・目的と新機体 | ニカやミオリネとの関係性
...

 

スポンサーリンク

クワイエット・ゼロで死亡後にソフィと再会できる可能性もある?

第14話で死別した以上、生身の状態ではもうソフィと会えなくなったノレアですが、今後の展開次第では再会できる可能性も決してゼロではありません。

それこそがデリング総裁プロスペラが極秘裏に進めてきた計画「クワイエット・ゼロ」です。
この計画も現時点では89%まで進んでおり、最終話までの段階で実現される展開も目に見えています。

クワイエット・ゼロ実現後の結果や内容にもよりますが、宇宙全ての人類の魂を“生体データ”という形に変化させることで、ソフィを始めとした既に死亡した者たちも「生体データ状で蘇り保管される可能性も高い」と考えられます。
このように仮定した場合、ノレアが死亡またはデータ化に変化させられた後にお互いに生体データとなった状態ソフィとの再会も可能」となるのではないでしょうか。

クワイエットゼロの詳細や目的・起こりうる結果については「【ガンダム水星の魔女】クワイエットゼロの目的と結果 | エアリアルがトリガーとされる理由」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】クワイエットゼロの目的と結果 | エアリアルがトリガーとされる理由
...

 

ノレアがカミーユと言われる理由とは

先の項目でノレアの元ネタやデザイン元が山口百恵さんであることを紹介しましたが、その一方で「カミーユに似ている」という声も多く上がっています。

ここでは、ノレアとカミーユの共通点も比較しながら「カミーユと言われる理由」についても解説していきます。

 

スポンサーリンク

髪型や髪色、雰囲気がカミーユと似ているため

ノレアがカミーユと言われる最も大きな理由とは、やはりノレアの髪型や髪色、雰囲気が『Zガンダム』の主人公カミーユと似ているため」とされています。

確かに青系カラーの髪色と癖の強いボブヘアという共通点だけでも、ノレアとカミーユの雰囲気が大きく似ていますよね。

 

スポンサーリンク

ニカ姉への暴行はカミーユの修正をも超えた?

ノレアのキレた時の表情や衝動的な行動もまた、カミーユに強く似ています。

カミーユといえば、クワトロ大尉(シャア)に怒りながら放った“修正”が有名であり、強烈な拳の一撃だけでクワトロ大尉を泣かせました。
ノレアの場合はソフィを失った後に起こしたニカ姉に対する暴行が印象的ですが、これまで以上に険しい表情で怒りながら強烈な蹴りを何発も喰らわせていました。

同じガンダムシリーズとはいえ、時代や世界が全く違うカミーユの修正とノレアの暴行を一緒に捉えてしまうのもナンセンスですが…
考えようによっては違う世界線の中で「ノレアがカミーユの雪辱を果たしたのでは?」とも考えられます。
『Zガンダム』後半(劇場版では3作目)では、ハマーンの手で監禁された大型戦艦(グワダン)から脱出するための猿芝居としてカミーユがクワトロ大尉から理不尽な暴行を受け続けていました。
一緒にいたウォンさんからは2人の芝居をすぐに理解されていましたが…
クワトロ大尉は芝居では済まない程の強さで殴る蹴るなどをしていたのです。
(やられた方のカミーユは本当に痛そうでしたからね)

そのため『Zガンダム』視聴した直後に『水星の魔女』15話でのニカ姉への暴行シーンを見ると、ノレアがカミーユの無念や雪辱を果たしてくれたのでは?とも考えた視聴者も少なからずいたのではないでしょうか?

ニカの能力や正体・闇落ちや結末については「【ガンダム水星の魔女】ニカ姉の正体は地球からのスパイ | 裏切りの結末・声優と代役」の記事をご覧ください。

 

【ガンダム水星の魔女】ニカ姉の正体は地球からのスパイ | 裏切りの結末・声優と代役
...

 

まとめ

今回はノレアの性格や組織での役割を解説しながら
「ノレアが死亡までに果たすべき役割」についても考察してみました。

また、多くのガンダムファンたちから「カミーユと言われる理由」についても迫りましたが、ニカ姉への暴行シーンや怒り心頭な表情を露わに出したことにより『ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカをも超える”カミーユタイプ”の座に君臨した感もあります。

自身からスレッタに話した通り、ソフィの後を追うように死亡する展開も目に見えてしまっていることなど、かなり辛い状況に追い込まれているノレアですが…
それでも地球に学校を作ることで、孤児たちを恵まれた環境で勤勉および生活できるように導いてくれる展開というのも見たかったですよね。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人

アニメ・漫画を始めとしたネタバレやキャラクターの考察記事をメインに執筆しております。
ここ最近ではライトノベル関連も担当するようになり、過去に視聴していた作品のリピートをしながら人気作品の新作展開にも関心を持っています。

Follow Me!
機動戦士ガンダム
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!

コメント