【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【呪術廻戦】真人の強さ・術式 | 正体や嫌われている理由を解説

呪術廻戦
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『呪術廻戦』は、人間と呪霊との戦いを描いたダークファンタジーです。

作中で主人公たちの敵である真人は、『呪術廻戦』に出てくる登場人物の中でも一際インパクトのあるキャラクター。
戦いの中で次第に成長し強くなっていく彼は、虎杖を含めた呪術師たちを大いに苦しめます。

この記事では、「真人」に焦点を当てながら彼の性格や強さ、正体や嫌われている理由などを解説していきます。

アメリア
アメリア

単行本15巻まで・小説版のネタバレを含むから気を付けてね♪

特級呪霊・呪物
両面宿儺
両面宿儺
真人
真人
漏瑚
漏瑚
花御
花御
脹相
脹相
壊相
壊相
血塗
血塗
陀艮
陀艮
折本里香
折本里香
化身玉藻前
化身玉藻前

 

スポンサーリンク

真人とは?

真人は、身長185cmほどの灰色の髪をした、人間の負の感情から生まれた特級呪霊です。

姿は人間に見えますが、身体は継ぎ接ぎだらけであり、常に黒いローブを纏っています。

見た目のインパクトもさることながら、なにやらゾクゾクするような狂気的な雰囲気の持ち主です。

性格はまるで子ども

誕生して間もない彼は好奇心旺盛で、まるで無邪気な人間の子どものような性格をしています。

そのため、人間に対してひょうきんに接する一面もありますが、真人が用無しと判断すると、跡形もなく殺してしまうような残忍さも持ち合わせています。

しかし、子供じみている本質とは逆に、読書家であり「人間とは何なのか?」を日々探求しています。

小説版では、「魂が代謝していない」人間を初めてみた真人は気まぐれに話しかけたり、観察したりすることで、いままでのどのパターンにも当てはまらなかった人間を観察をしています。

そのことから、「人間とはなんなのか?」という哲学的な問いを追いかけながら、人間が書いた本を読み、未知のものは観察・実験をするなど理知的な行動をとっています。

真人は、研究者に近い性質を持っているのかもしれません。
そのため、自分の興味があるもの(研究対象)に関しては純粋な反応をしてしまうのではないでしょうか?

アメリア
アメリア

マッドサイエンティスト的な、科学者っぽい印象があるよね。
「人間は考える葦である」ともいうくらいだし、真人は人間の思考能力を深く引き継いで生まれたのかも。

ファンから嫌いと言われている

そんな真人ですが、どうやらファンから嫌われているようです。

いったいなぜ嫌われているのでしょうか?

それは、おそらく自分に都合のいいように人を利用するだけ利用して、存在価値がなくなったらいとも簡単に殺す、血も涙もない気質のせいだと考えられます。

そんな彼のサイコパスな気質が表れた出来事を2つほど紹介します。

アメリア
アメリア

真人は呪霊ではあるけど、人間サイド的に一番理解ができない意思疎通が可能な呪霊なんじゃないかな!

吉野順平の件

真人が嫌われるきっかけとなった順平にした数々の悪行ですが、とくに嫌われる要因となったポイントは「順平の母親を殺した」ことと、「虎杖の目の前で順平を殺した」2点ではないでしょうか?

真人は順平と知り合ったのは、人間を学ぶために映画館を訪れていた真人がマナーの悪い高校生を容赦なく殺し、その光景を順平が見ていたことがきっかけです。

いじめられっ子の順平は、力欲しさに真人に接触し手ほどきを受け、順平は毒を操る術式を手に入れました。
順平の術式は「毒」であったため、毒を使用できるクラゲの式神「澱月(おりづき)」を使役できるようになります。

そのため、順平は真人を先生のように見ており、非常に信頼していました。

しかし、真人にそそのかされる形でいじめっ子の伊藤を死ぬ間際まで追い詰めた順平ですが、元々母親を殺したのは夏油一派のしわざ…つまりは真人のせいです。

希望を見出し始めた順平の信頼を裏切り、不登校になった順平を受け入れるような善人である順平の母親を、ためらいなく殺してしまう点が真人の嫌われポイントでしょう。

アメリア
アメリア

マッチポンプみたいになっちゃってるところとか、嫌悪感や殺意湧くよね。

また、真人は順平を殺しており、その際の虎杖とのやり取りも真人の嫌われポイントだと思っています。

いじめっこの伊藤は、順平に殺される前に虎杖が止めに入り、彼と戦うことになります。
戦いの最中、虎杖の説得によってなんと心に折り合いをつけられた吉野でしたが、そんな彼を真人は化け物の姿に変え容赦なく殺しました。

さらに、虎杖が宿儺に順平への反転術式を頼み込みますが、あっけなく断られるシーンを盛大に笑っているシーンは醜悪です。

順平殺しは真人最大の嫌われポイントではないでしょうか?

アメリア
アメリア

虎杖とせっかく友達になれたのに、不憫でならないよ…。

メカ丸の件

メカ丸の件

出典:サブかる

真人が嫌われている原因として、メカ丸の気持ちを踏みにじって殺しているところがあると考えます。

元々、メカ丸は呪術高専側の内通者でしたが、内通者を行っていた理由は「身体を治して京都校のみんなに会いたい」という願いからくるものでした。

メカ丸の願いを叶えるべく、彼は以下の2つの条件のもと、呪術高専の情報を偽夏油傑に流す縛りを設けていました。

  • 真人の無為転変で身体を治すこと
  • 京都校の人間には危害を加えないこと

彼は生まれつき右腕と膝からの下の肉体と腰から下の感覚がないメカ丸は、月の光にも焼けてしまうほど皮膚が脆く、全身が包帯で覆ったうえで地下で暮らしています。生命維持装置が無ければ生きられず、メカ丸の環境は想像を絶するほど過酷なようで「呪力を失って身体が戻るなら、喜んで呪力を捨てる」とまで言っているほどです。

「身体を治して京都校のみんなに会いたい」と願っているメカ丸は、願いを叶えるために身体を治そうとしていましたが、交流会で呪霊たちが京都校の人間を襲ったことに怒りを覚え、偽夏油傑たちの内通者を辞退。
メカ丸と偽夏油・真人は、「縛りがなくなれば殺す」という意見の一致から、殺し合いに発展します。

準一級術師であるメカ丸が、溜めに溜めた呪力で一時的に特級並みの呪力を得て真人を迎え撃ちますが、勝ったかと思われた瞬間、無為転変を受けて死亡します。

京都校のみんなの気持ち、メカ丸の京都校に対する想いや、さらにはメカ丸のささやかな願い・恋心をすべて踏みにじった真人は、ファンから嫌われてしまったのでしょう。

アメリア
アメリア

利用価値がなくなったら用済みってことだね。恐ろしいかも…。

スポンサーリンク

真人の強さ

真人の強さ

出典:思い通り

真人は、まだ生まれてから日が浅い呪霊です。
人間でいうと幼少期といったところでしょうか。

しかし、好奇心旺盛な彼は成長スピードが異様に早く、戦いの中でどんどん強くなっていきます。

その好奇心とトライ&エラーの繰り返しによって、戦い方を洗練させアップデートしていくところが、彼の強さの秘訣なのかもしません。

七海建人(ナナミン)と互角に戦える

七海建人(ナナミン)と互角に戦える

出典:MARVEOL❤

映画館での高校生3人の変死体事件の後、真人と七海建人は初めて交戦します。
生まれて間もなく呪霊として未熟でしたが、それでも互角の戦いをみせています。

この戦いでは、七海の術式で壁が崩落し、勝負の決着はお預けに。

それでも真人のポテンシャルの高さを伺い知ることができます。

攻撃特化の術式を持つ七海にとって、真人への攻撃手段がなかったことが最大の要因ですが、数回七海に触れることが出来た時点で、かなり戦闘能力が高い呪霊と言えるでしょう。

呪術の奥義にあたる領域展開を、戦いの中で習得するポテンシャルの高さは、主人公並の成長速度です。

アメリア
アメリア

ナナミンは一級術師だもんね♪

ナナミンに対抗できるのって、すごい!

両面宿儺の指何本分の強さ?

両面宿儺の指何本分の強さ?

出典:BiBi

特級の呪霊の強さは、宿儺の指の何本分かを基準に強さをはかることができます。
では、真人は両面宿儺(りょうめんすくな)の指何本分くらいの強さなのでしょうか?
偽夏油から「漏瑚で甘く見積もって8,9本分」だと言われています。

漏瑚と真人がどっちが強いかという話になってきますが、結論から言うと漏瑚の方が強いのではないでしょうか?

真人の弱点は、「触れなくては術式を発動できない」だと思います。
その点、漏瑚は火力・呪力量で押し切ることもできれば、音を使用し連鎖して爆破を起こすこともできるほどです。

なにより、「自分が死んでも良い」と思っている点が漏瑚の強さと言えるでしょう。
真人は逃走を選択しますが、漏瑚は最後の一滴まで相手を殺そうとするので、その違いですね。

五条悟や宿儺など規格外の連中としか戦っていないため、漏瑚の強さはかりにくいですが、戦闘経験の豊富さや炎という守備力が高い相手ではない限り負けない呪霊であるため、真人よりも実力は上だと感じています。

真人の場合、最終的には「自分の魂の本質」を掴みます。
その強さは、虎杖の攻撃を通さないほどの「防御力の高さ」や、人間観察や今までの経験・知識から得た「接近戦の上手さ」だと思いますが、結局は黒閃で破られています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
呪術廻戦
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク