【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

両面宿儺の強さ・術式・領域展開 | 伏黒との関係や虎杖と結んだ契約について考察

呪術廻戦

『呪術廻戦』の主人公 虎杖悠仁に受肉している両面宿儺は、史上最悪の「呪いの王」であり、呪術師全盛期の呪術師が総出で滅しようとしてもできなかったというとんでもない化け物です。

両面宿儺とはどんな存在なのか、性格や術式の紹介や、伏黒との関係、また虎杖と結んだ契約について考察します。

アメリア
アメリア

ネタバレを含むから、要注意してね。

特級呪霊・呪物
両面宿儺
両面宿儺
真人
真人
漏瑚
漏瑚
花御
花御
脹相
脹相
壊相
壊相
血塗
血塗
陀艮
陀艮
折本里香
折本里香
化身玉藻前
化身玉藻前

 

両面宿儺(りょうめんすくな)とは?

両面宿儺(りょうめんすくな)とは?

出典:呪術廻戦公式HP

両面宿儺は、「呪いの王」と呼ばれる化け物です。

虎杖が元いた学校の百葉箱にあった不気味な指を、困難を乗り越えるために宿儺を飲み込みました。

これをきっかけに、両面宿儺は虎杖に受肉し、現世によみがえったのです。

アメリア
アメリア

宿儺の指は本来猛毒であるため即死するはずなのに、虎杖が1000年に1人の逸材と言われる毒の耐性を持つ特異体質だったから、こんな形で受肉したの!

created by Rinker
アルジャーノンプロダクト(ALGERNON PRODUCT)
¥440 (2022/11/24 11:47:24時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

「呪いの王」を彷彿とさせるヤバい性格

「呪いの王」を彷彿とさせるヤバい性格

出典:呪術廻戦公式HP

宿儺の性格は、一言でいえば「天井天下唯我独尊」です。
自分がよければよし、不快ならだめ、それが宿儺の生きる指針です。

最悪だと思うのが、女性や子供を殺すことが最高の楽しみとしているところでしょう。
通常、こうしたものすごく強いタイプはあまり深く考えないことが多いのですが、宿儺は頭がいいのです。
頭の切れもよく、伏黒と戦った時は虎杖の心臓をもぎ取り、心臓を人質にするなど狡猾なところもあります。

虎杖は呪術高専上層部と五条との約束で、20本の指を全部体に取り込ませて秘匿死刑となることが決定しています。
宿儺にとって虎杖は20本の指を見つけるために必要な存在であり、自分が受肉しているのですから大切にしなければならないはずです。

しかし、宿儺は吉野順平が真人に殺されたとき、虎杖に「お前のせいだ」と面白がりわざわざ現実を突きつけるなど、悪意に満ちた行動をとっています。心も体もまごうことなき「悪」こそ宿儺なのです。

アメリア
アメリア

言わなくていいことをわざわざ言うあたり、虎杖の善性を崩そうとするのを楽しんでいる節があるよね。

吉野順平や真人に関する詳細は以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

【呪術廻戦】吉野順平の性格や術式・いじめの経緯とは | ひどすぎる結末を解説
【呪術廻戦】に登場する吉野順平の性格や術式・ひどすぎる結末をご紹介!生存はあり得るかを考察。
【呪術廻戦】真人の強さ・術式 | 正体や嫌われている理由を解説
...
スポンサーリンク

現在は虎杖悠仁の内にいる

現在は虎杖悠仁の内にいる

出典:呪術廻戦公式HP

宿儺が寿命となって死んでも、宿儺の呪いは弱ることなく、死蝋(死体が蝋化したもの)となった20本の指も(宿儺は腕が4本ある)実に1000年かけても消すことができませんでした。

それほど強い呪物を取り込んでも猛毒に負けることなく生きていられた虎杖悠仁は、確かに異質中の異質です。

宿儺は偶然にも1000年に1人といわれる特異体質を持った虎杖悠仁に取り込まれたことで、現生に顕現できました。

普段は虎杖悠仁の中にいて、虎杖が出てきてほしいと思うとき出てくることもあれば出てこないことも。
時折、虎杖の顔に宿儺の目、手の甲に宿儺の口が出てきます。

アメリア
アメリア

宿儺もまさか虎杖の身体で受肉するとは思ってなかったのかも…?

死ぬ前から、どこかのタイミングで受肉することを予定に入れていたのかな?

わからないことが結構多いよね。

スポンサーリンク

両面宿儺の本当の姿は?

両面宿儺の本当の姿は?

出典:Twitter

作品『呪術廻戦』117話の扉絵に、両面宿儺の姿が描かれています。

両面宿儺は生前、4本の腕を持ち、右目が板状に変形した人間でした。
1000年以上前、呪術全盛期と言われた時代にいた呪詛師であり、当時の呪術師が総攻撃をしても全く勝つことができなかったといわれています。

『呪術廻戦』でも両面宿儺は仮想の鬼神とされていますが、虎杖に受肉した宿儺は「呪いの王」と呼ばれる世界最強の呪詛師です。

アメリア
アメリア

倒せなかったって時点で強すぎるよね。

両面宿儺の元ネタ

両面宿儺というのは『呪術廻戦』で創作されたものではなく、日本書紀、仁徳天皇時代に飛騨に現れたといわれる人間の姿が元ネタとなっています。

いくつかの逸話が残されていますが、日本書紀では「1つの胴体に2つの顔、それぞれ反対側を向き、頭がくっついているのでうなじがなく胴体それぞれに手足があり、膝があるけれどひかがみ(膝の裏、くぼんでいるところ)と踵がなかった」と書かれています。

動きが素早く力もあり、剣術にたけていた、天皇の命にも従わず略奪の限りを尽くしていたようです。
鬼神ともいわれたこの人物は屈強な豪族だったのではないかなど色々と言われていますが、姿を想像しただけでも恐ろしいですね。

アメリア
アメリア

宿儺は、いきなり虎杖の身体で受肉したけどどうなんだろうね。

動きづらくなかったのかな?

スポンサーリンク

元ネタから考察できる両面宿儺と五条悟の関係

上記に張ってあるTwitterは、宿儺と五条の関係性については仏教における大自在天なのでは?という説は類似点が多く、非常に感銘を受けた考察の一つです。

Twitterを張っておきますので、ぜひ読んでいただきたいです。

   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
稲田

元GMSのチラシ校正員で、現在はWEBライター兼主婦業をしています。アニメは勿論、映画も洋画もよく見ててきました。本は雑食で金融学からなろう系ライトノベルまで様々。

Follow Me!
呪術廻戦
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント