【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

【転スラ】アルベルトの強さ・スキル | 過去や死霊になった経緯を解説

転生したらスライムだった件

『転生したらスライムだった件』に登場するアルベルトは、アダルマンに忠誠を誓う元聖騎士長の男性です。

リムルの仲間になってからは実力が認められて迷宮十傑に選ばれました。

地下迷宮ではアダルマンと共に70階層を守護しており、剣士としてはテンペストにおいて最強クラスの実力者です。

この記事ではアルベルトの強さやスキル、過去について解説していきます。

スポンサーリンク

アルベルトとは

アルベルトとは

出典:Amazon

 

アルベルトは、かつて西方諸国で歴代最強と謳われた聖騎士(パラディン)です。

過去に「七曜」という組織に裏切られ、死霊騎士(デスナイト)として復活。

その後は、シュナたちとの戦いを経てリムルの配下になりました。

アダルマンとは仲が良く、腹心の友といった関係です。

忠義にあつい性格であり、アダルマンとリムルを神のように崇めています。

また、野心家なところがあり、迷宮十傑に選ばれた際には期待に応えようと鍛錬を重ねていました。

 

アダルマンの強さやスキルについては以下の記事で紹介しています。

【転スラ】アダルマンの強さ・スキル | 正体や死霊になった過去を紹介
...

アルベルトのプロフィール

名前 アルベルト
種族 冥霊聖騎士(ゲヘナ・パラディン)
スキル 究極贈与「不老不死(イモータル)」

 

スポンサーリンク

アルベルトの保有スキル

アルベルトは2つのスキルを保有しています。

  • 究極贈与「不老不死」
  • エクストラスキル「聖魔反転」

究極贈与「不老不死(イモータル)」

アルベルトはシエルから究極贈与「不老不死」を与えられました。

このスキルにより、魂をアダルマンに預けている間は死ぬことがありません。

アルベルトは、「不老不死」によってダメージを受けても一瞬にして傷がふさがり、魂を預けるアダルマンも不死のような存在であるため、事実上無敵の存在だと言えます。

エクストラスキル「聖魔反転」

アルベルトは「不老不死」のおかげで不死身の肉体になっていますが、実は弱点があります。

それは、聖属性と光属性の攻撃です。

死霊やアンデット系の魔物は聖・光属性の攻撃を受けると死亡してしまいます。

しかし、アダルマンが覚醒進化してスキル「聖魔反転」を獲得すると、アルベルトも加護を受けてエクストラスキル「聖魔反転」を授かりました。

これは、聖属性の攻撃を魔属性に変えるスキルです。

アルベルトはこのスキルによって弱点を完全に克服し、より強くなりました。

スポンサーリンク

アルベルトの強さ・能力|迷宮十傑最強の剣士

アルベルトの強さ・能力|迷宮十傑最強の剣士

出典:Amazon

アルベルトは迷宮十傑で3番目に強い

迷宮十傑で1番目に強いのはゼギオンで、テンペスト全体で見ても最強クラスの実力者です。

また、2番目に強いのはクマラです。

その2人には敵いませんが、アルベルトは近接攻撃が苦手なアダルマンと協力することで弱点を克服し、クマラにも匹敵する実力を発揮できます。

さらに、エクストラスキル「聖魔反転」によって苦手な聖属性の攻撃を無効化でき、実質的に無敵な存在となっています。

剣術に関してはテンペストで最強クラスの実力を誇るため、アルベルトは3番目に強いと言えます。

 

迷宮十傑で上位の実力を持つゼギオンの強さクマラの強さについては以下の記事で紹介しています。

【転スラ】ゼギオンの強さ・スキル | 地下迷宮を守護する80階層の最強戦士
...
【転スラ】クマラの強さ・スキル・過去 | 進化や迷宮十傑になる過程を解説
...
スポンサーリンク

アルベルトの過去・死霊になった経緯

 

アルベルトは勇者の資格を持っていた

実は、昔のアルベルトは「勇者の卵」を保有していました。

「勇者の卵」とは、勇者の素質がある者にだけ宿る証のようなものです。

その卵は条件を満たすことで孵化し、人間離れした能力を獲得します。

アルベルトの場合、勇者の卵は孵化しませんでした。

それでも、アルベルトには類まれなる才能があったため「仙人」として覚醒しました。

ですが、覚醒によって強くなり過ぎてしまったため魔王ルミナスの精神支配が効かなくなりました。

西方諸国を牛耳る組織「七曜」からは、いつかアルベルトが裏切るのではないかと危険視されてしまいます。

 

『転スラ』に登場する勇者一覧と正体については以下の記事で紹介しています。

転スラに登場する勇者一覧 | 正体や強さ・スキル・勇者の卵についてネタバレ解説
...

アルベルトは死霊災害の浄化し駆り出される

上で解説した通り、アルベルトは七曜から危険視されていました。

七曜はアルベルトと腹心のアダルマンをまとめて抹殺しようと、2人に危険な任務を課します。

それは、ジュラの大森林で死霊災害の浄化活動をせよという内容でした。

そうしてアルベルトはアダルマンと他の聖騎士を引き連れ、ジュラの大森林に向かいます。

結果的に、アダルマンがアンデットになったことで作戦は失敗。

大量の魔素を浴びたことで、死亡した全員が死霊に生まれ変わりました。

このように、アルベルトは七曜の思惑により死霊聖騎士となりました。

スポンサーリンク

アルベルトの登場シーン

魔王誕生編

魔王誕生編では、「魔王たちの宴(ワルプルギス)」が開かれていました。

コメント

スポンサーリンク