【決定版】おすすめアニメ120選

【アニメ】ハクション魔王2020はアニメが原作!ハクション魔王2020へと続く作品の詳細を解説

ハクション大魔王2020
出典:「ハクション大魔王2020」公式HP
スポンサーリンク

ハクション大魔王2020の50年前を舞台にしているコミック

実はハクション大魔王にはコミック本があります。
ご紹介しましょう。

  • ハクション大魔王 完全版:タツノコプロ
  • ハクション大魔王傑作回COMPLETE DVD BOOK:ぴあ
  • ハクション大魔王(テキスト):タツノコプロ

読んでみたい人は本屋さんやAMAZONで探してみて下さい。
ハクション大魔王は「週刊ぼくらマガジン」や「たのしい幼稚園」で連載されていました。

週刊ぼくらマガジンにはハクション大魔王の原作が載っていた

ハクション大魔王が載っていた週刊ぼくらマガジンは少年漫画の雑誌です。
タイガーマスクや仮面ライダーなど、当時の少年たちがわくわくするような漫画が掲載されていました。
ハクション大魔王もタツノコプロの社長吉田竜夫の作品として掲載されていたのです。
人気漫画ばかりの雑誌なのでハクション大魔王の人気ぶりが分かります。


『週刊ぼくらマガジン』(しゅうかんぼくらマガジン)は、『週刊少年マガジンの弟分』として講談社より発行されていた漫画雑誌である。1969年1号(11月18日)から1971年23号(6月1日)まで発行された。
当時、『週刊少年マガジン』が大学生にも読まれるようになるなど、まんが読者層の高年齢化が進行していた。そのため低年齢層向けの雑誌として、幼年向け月刊雑誌『ぼくら』を誌名変更・週刊化して創刊されたが、およそ1年半で『週刊少年マガジン』に統合される形で廃刊となった。
対象年齢層を考慮し、掲載作品にはヒーロー漫画やSF漫画が多く、テレビ作品とのタイアップにも積極的な傾向が見られた。

出典:「週刊ぼくらマガジン」wiki

楽しい幼稚園にもハクション大魔王の原作が載っていた


『たのしい幼稚園』(たのしいようちえん)は、講談社が発行している幼児向け雑誌。1956年11月に創刊。前身は1936年12月創刊の『講談社の繪本』(こうだんしゃのえほん)。これが、1938年3月に雑誌扱いとなり、のち『コドモヱバナシ』(こどもえばなし)から戦後の『こどもクラブ』、『幼稚園くらぶ』(ようちえんくらぶ)を経て現在に至る。『たの幼』(たのよう)と略す。

出典:「楽しい幼稚園」wiki

たのしい幼稚園はその名の通り幼児向きの雑誌です。
ウルトラマンや仮面ライダーシリーズなどの有名なヒーローものが載っています。
1969年11月号から1970年10月号に連載していました。
週刊ぼくらマガジンとは雰囲気が全然違うほのぼの系です。
現在もある雑誌です。
あしたのジョーや天才バカボンなど話題になっているもので、幼児がみるものを載せています。
こういう雑誌に載るのは子供たちに人気のある証拠でしょう。

ハクション大魔王2020へと続くアニメの歴史

ハクション大魔王は1969年に1年間放送され、そのあとに「アクビガール」や「よばれてとびでてアクビちゃん」「おはようハクション大魔王」という続編を経てから2020年版になりました。

そんなハクション大魔王のアニメの歴史を1969年版と2020年版で紐解きましょう。

ハクション大魔王の世界

 

ある日、小学生のカンちゃんこと、与田山かんいちは屋根裏でホコリを被った壺を発見する。壺の前でクシャミをすると、その壺の中から何とも奇妙な魔法使いのハクション大魔王が飛び出して来た。
この大魔王はクシャミをすると壺の中から呼び出され、相手がクシャミをもう一度するまでは壺には帰れない。しかも、呼び出した者(ご主人様)の願い事を叶えなければならない。
カンちゃんは早速、願い事を叶えさせようとするが、大魔王の魔法は役立たずで何をやっても失敗ばかり。更にあくびをすれば、大魔王の娘でお転婆なアクビも壺から飛び出して、ご主人様の言うことも聞かずにイタズラし放題。ドジな大魔王とやんちゃなアクビが、街中で大騒動を巻き起こす。
シリーズ前半では、カンちゃんは大魔王とアクビの存在を両親に隠していたが、後半では両親に受け入れられて、家族同然となる。
本編中のエピソードの大半は多少の哀感はありつつもギャグに徹していたが、最終回は一転してシリアスな展開で締めくくられる[1]
大魔王とアクビは「壺の掟」により大々魔王の命令で魔法の壷に100年間封印される事となり、ふたりは号泣しながらカンちゃんに100年の間、会えなくなることを告げる。カンちゃんをはじめとする登場人物たちは大魔王とアクビが魔法の壷に戻ることを阻止すべく様々な策を講じるが、壺の持つ強力な魔力の前には無力で、親子共々壷の中へと引き戻されてしまう。大魔王とアクビはカンちゃんたちに別れを告げ、魔法の壷は月の彼方へと飛び去って行った。

出典:「ハクション大魔王」wiki

大人気だったハクション大魔王でした。

主人公を助けてくれる魔法使いが居候するというパターンはこのアニメから始まったのではないでしょうか。

人気アニメのドラえもんよりも先でした。

1969年というと、まだ戦後を引きずっているような日本。

カンちゃんのお父さんも戦争経験者、お母さんは専業主婦という設定に昔を感じます。

私は再放送で何度も見ました。

放送を終えてからの再放送が多いということは、それだけ人気があるということ。

どこにでもいるような小学生のカンちゃんと魔法を使う大魔王の組み合わせは当時の子供にとって新鮮だったのです。

このように言うことを聞いてくれる頼もしい存在は子供にとってのあこがれだったのでしょう。

ハクション大魔王2020の世界

 

 

ある日、小学5年生のカンちゃんこと、与田山カン太郎が学校から帰宅すると、自分宛ての小包が配達されてくる。小包の中には奇妙な壺が入っており、壺の近くであくびをすると、その壺の中から魔法使いのアクビが飛び出して来た。
アクビは魔法の世界の女王になるため、父のハクション大魔王の命令で人間の世界で魔法の力を磨く修業をするのに、50年前にお世話になったかんいちの孫であるカン太郎の家におしかけてきたのだ。
アクビは早速、修業のためカン太郎の夢を魔法で叶えようとするが、カン太郎には叶えたい夢や将来なりたい職業がなく、修業にならず困らされる。そんな時、カン太郎がくしゃみをすると、今度は大魔王が壺から飛び出しカン太郎の夢を叶えようと世話を焼き始める。しかし人間の世界を離れた50年の間に世の中が様変わりし、科学の力で人間の願いが殆ど叶っていることを知って、大魔王はもう魔法の力は要らないのではないかと落胆してしまう[2]
そこでアクビは修業の目的をカン太郎の将来なりたい職業を見つけることに変更し、カン太郎のお世話をすると決めるのだが、おならで壺から呼び出される弟のプゥータのイタズラで大騒ぎが巻き起こる。

出典:「ハクション大魔王」wiki

2020年版のハクション大魔王は1969年版から50年たった21世紀の現在が舞台です。

1969年版で大魔王がお世話したカンイチさんの孫のカン太郎君が主人公のハクション大魔王の娘アクビちゃんといっしょに夢を見つけるという話。

カン太郎君はどこにでもいるような令和の現代っ子の小学生です。

昭和の現代っ子だったおじいちゃんと違い、勉強も運動もそこそこにできます。

しかし、夢がないという設定。

そんなカン太郎君の夢を見つけたいとアクビちゃんが奮闘したり、弟のプゥータのいたずらがあったりと大騒動になります。

職業体験もするのでちょっとした社会派のアニメといえるでしょう。

ハクション大魔王からハクション大魔王2020へと続く理由

1969年のハクション大魔王からハクション大魔王2020までは50年もたっています。

なぜ、この時期になのかと私なりに考えてみました。

多分、コロナでダメになってしまったけれども、オリンピックにぶつけたいという制作側の意図があったのではないでしょうか。

オリンピックというと夢があります。

そこにカンちゃんの夢をコラボさせたかったのではないかと・・。

ただ、コロナウィルス感染を避けるためにオリンピックが延期になってしまい残念です。

まとめ

ハクション大魔王はタツノコプロで作成されたアニメが原作です。

コミックはこのアニメを元に描かれています。

このアニメが50年たった今、第2期目として始まったのにはオリンピックという夢舞台と夢を探す主人公カンちゃんをうまくリンクさせたかったからではないでしょうか。

悲しいことにアニメ制作にかかわったタツノコプロの社長、吉田竜夫さんは45歳の若さで亡くなってしまいました。

しかし、子供のための漫画を描きたいという彼の希望が実現されたハクション大魔王はこうして2020年まで受け継がれています。

 

ハクション大魔王2020が何クールまで放送されるのか知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました