【アニメ】『はめふら』のFORTUNE LOVERにおける攻略キャラクターについて徹底解説

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…
出典 「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」公式HP
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…攻略キャラクターについて徹底解説

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…の話では、乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」の世界に主人公が転生してしまったことから物語がスタートします。
カタリナの活躍もあり本来のFORTUNE LOVERの世界とはキャラクターの性格などが大分変わってきている上に、本来ヒロインであるマリアやライバルキャラとして登場するメアリ、ソフィア達までカタリナにぞっこんですが、元々ゲーム内の攻略キャラクターは全部で5人。
こちらの記事ではこの5人のキャラクターにピックアップしてご紹介していきます。

FORTUNE LOVERにおける攻略キャラクター

はめふらの舞台となっているFORTUNE LOVERでは、正規の攻略キャラクター4人にプラス隠れ攻略キャラクターとして1人が加わり、計5人が攻略対象となっています。
ゲーム内での性格と現在の性格を踏まえて、それぞれのキャラクター達の魅力に迫っていきましょう。

カタリナの婚約者であるジオルド・スティアート

攻略対象の1人目は、カタリナの婚約者であるジオルド・スティアートです。
スティアート王家の第三王子で金髪碧眼が美しい正当派王子様なのですが、爽やかな外見と裏腹に腹黒でドSな性格を持ち合わせています。
ゲーム内と現在で設定上ではさほど変化はありませんが、カタリナの記憶が戻ってからカタリナへ興味を持ち始め、今ではカタリナがいなければ生きていけないほどカタリナにぞっこん。

ゲーム内でのジオルドはマリアにぞっこん

ゲーム内でのジオルドはマリアに出会うまでは物事が全てつまらなく移っており、何事に対しても興味を持てないような人でしたが、マリアの素直で可愛らしい性格や暖かさに惹かれてマリアにぞっこん。
愛しいマリアを虐げるカタリナを疎ましく思い、マリアを救うためにカタリナを国外追放、もしくはカタリナをその手で殺害するのがゲーム内ルートです。
元々ゲーム内でのマリアとの出逢いのシーンは、マリアが道に迷ってしまい木の上に登って周辺を見ようとしていた所を初めて遭遇。
木登りをする女性に初めて出会ったことでマリアに興味を持ち始めるのですが、現実世界では木登りするカタリナを見慣れていたこと、そもそもカタリナにぞっこんだったこともあり、マリアはあくまで友人としてのポジションに収まっています。

義弟のキース・クラエス

攻略キャラクターの2人目はカタリナの義理の弟であるキース・クラエスです。
幼少期にクラエス家に引き取られた彼は、孤独を救ってくれたカタリナにぞっこん。
姉としてではなく1人の女性としてカタリナを愛しており、何とかしてジオルドとの婚約を破棄させようと躍起になっています。
心優しく思いやりのある性格の上に非常に優秀なので、マナーに疎いカタリナのお目付役として幼少期はパーティーに同行していたことも。

ゲーム内でのキース

ゲーム内でのキースは現在のキースとはまるで真逆のタイプで、様々な女性と交流を持つナンパ師に成長しています。
幼少期からカタリナにいじめられ続け家庭内でも更なる孤独に陥った彼は、愛情を知らないまま成長し、魔法学園に入学してから心の寂しさを埋めるために多くの女性と関係を持つようになるのです。
そんな中マリアと出逢い、最初はいつものようにナンパ目的で近づいたものの、マリアの純粋さや素直さに心惹かれ、次第に本気で愛し始めるようになります。
大切なマリアをいじめる義姉のカタリナを憎み、カタリナからマリアを救うためカタリナを国外追放、バッドエンドではカタリナを殺害するというのがゲームのお話です。
当然今のキースは幼少期からカタリナや家族にたっぷりと愛情を受けて育っていますので、ナンパをするようなこともなく、カタリナにそう言った話をされただけで顔を真っ赤にする純情少年へと成長を遂げています。
本来ゲーム内でマリアと出会うきっかけとなった、マリアが落としたハンカチを拾うシーンでも、ゲーム内ではそのままマリアをナンパしていましたが、現実世界では普通にハンカチを拾って返してしまっているため、当然ながら何のフラグもたっていません。

ジオルドの双子の弟であるアラン・スティアート

3人目の攻略対象が、ジオルドの双子の弟であるアラン・スティアートです。
王国の第四王子で、ジオルドとは違い俺様系の魅力を放つ王子様。
ワイルドな容姿や性格と裏腹に、音楽の神の申し子と言われる程の音楽の才能を持っていますが、何でも出来るジオルドに対して強いコンプレックスを抱いていました。
幼少期、婚約者のメアリをカタリナに誘惑されたと怒り狂いクラエス家を訪れたことをきっかけにカタリナと毎日のように勝負をしますが、ジオルドとトラブルになってしまい一時気まずい空気に。
ですがカタリナが無意識のうちに2人の仲を取り持ち、自分のコンプレックスを打ち破り、カタリナを知らず知らずのうちに愛するようになります。

ゲーム内のアラン

ゲーム内のアランはカタリナとは直接的な接点がありません。
ヒロインのマリアと出会う前までジオルドに抱えていたコンプレックスを持ち続けていましたが、マリアを通じてジオルドとの仲も修復に成功。
マリアのライバルキャラとしてメアリが立ちはだかりますが、ハッピーエンドの場合はマリアとアランが結ばれメアリはそれを祝福、バッドエンドの場合でもメアリとアランが結ばれるのをマリアが祝福するという、誰も破滅することがないルートです。

とてつもない魅力を持つニコル・アスカルト

攻略対象の4人目はニコル・アスカルトです。
まるで人形のように整った容姿ととてつもない魔性の魅力や色気を持ったキャラクターで、男性女性を問わずに周囲の人間を虜にしています。
人徳も権力もあるアスカルト伯爵を妬む周囲の人間から、父母の事や妹のソフィアの事を侮辱されやり場のない怒りと焦燥感に駆られますが、カタリナの言葉でその気持ちを救われ、カタリナに心惹かれるのです。
ですがジオルドの婚約者であるためその思いを隠しつつも、許される限り側に居ることを願っています。
学年はカタリナ達よりも1年上で、卒業イベントで学園は卒業してしまいますが、ソフィアの支えもあり何かあるに連れてカタリナの元を訪れている健気なキャラです。

ゲーム内のニコル

ゲーム内のニコルもアラン同様、直接的にカタリナと接点を持つことはありません。
父母や妹の事を蔑む周囲に怒りを覚えているところをマリアに救われ、マリアに心を惹かれるようになります。
本来ソフィアはゲーム内でライバルキャラとして登場するポジションで、ニコル攻略のためにはまず妹のソフィアと仲良くなる事が必須条件とされているのですが、カタリナは無意識のうちにこの条件をクリア。
ニコルルートはあくまであっちゃんに情報を漏れ伝え聞いた程度で、カタリナ自身に関わっていないこともあり、ゲーム内でのエンド分岐は詳しく描かれていませんが、家族を大切に思う心はゲーム内でも現在でも変わっていないようですね。

隠れキャラクタ-のシリウス・ディーク

その甘いルックスはもちろん、成績優秀で侯爵家の一人息子、更には生徒会長としてハイスペックさ満点なシリウス・ディークですが、実はFORTUNE LOVERにおける隠れ攻略キャラクターです。
本名をラファエルという彼は幼少期にとある事情で闇の魔力を持つことになり、自身も闇の魔力に精神を犯され始める事になります。
最初はカタリナを偽善者と思いカタリナ自身を闇の魔力で葬ろうと眠りにつかせましたが、実はカタリナの優しさに心を惹かれており、闇の魔力を打ち破るきっかけを作り自身を救ったカタリナに本格的に好意を伝え、見事ハッピーエンドを迎える事ができました。

ゲーム内でのシリウス・ディーク

シリウスルートも残念ながらカタリナはクリアしていないためあっちゃん情報のみとなりますが、シリウスは闇の魔力保持者でいわゆるヤンデレキャラ。
バッドエンドに向ってしまった場合、カタリナだけではなく、主人公のマリアに登場キャラクター全員がデッドエンドを迎えるというとんでもないストーリーが待ち受けていました。
カタリナのポジションが本来光の魔力を持つマリアでしたが、カタリナの天然ながらも優しさに満ちた発言で救われることになり、学園を去ることにはなりましたが大団円に終わります。

カタリナをきっかけにキャラクターもゲーム展開も大幅チェンジ!

男性陣だけではなく女性陣も、カタリナの行動や言動をきっかけに悩みや心の闇、コンプレックスから救われることになり、本来のゲームとは全く違ったストーリー展開を見せています。
キャラクター一人一人の性格すら変わる程ですので、カタリナの影響力は絶大ですね。
これからアニメ2期でも新キャラクターが登場する予定ですが、FORTUNE LOVERの続編に登場する攻略キャラクターになりますので、ゲーム内容と比べながらキャラクター一人一人を見てみると、よりいっそうはめふらワールドを楽しめるでしょう。

 

コメント