【アニメ】アイドリッシュセブン Second BEAT!の1話あらすじ・ネタバレ感想 | トップアイドル・Re:valeついに登場!

【アニメ】アイドリッシュセブン Second BEAT!の1話あらすじ・ネタバレ感想 | トップアイドル・Re:valeついに登場! アイドリッシュセブン Second BEAT!
出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」の1話を見た感想とネタバレ。SNSの評判や感想も交えて1話を振り返ってみましょう。

前作の1期で、グループ結成から歌の祭典「ブラック・オア・ホワイト」までの姿が描かれたアイドリッシュセブン。ラストでは強力なライバルTRIGGERと熾烈な競争の末に勝利を手にし、新たな一歩を踏み出しました。

1期の最後ではRe:valeが最後にちらっと登場したところで終わっていましたね。今回はいったいどんな物語が紡がれていくのでしょうか。

スポンサーリンク

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想

出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ

IDOLiSH7にとっては念願だった冠番組が決まり、お祝いムードになる陸たち。小鳥遊社長はバラエティ番組のMCで才能を発揮した三月の功績が大きいと語る。自分が認められた嬉しさで涙する三月。番組宣伝のための仕事も増えることになり、早速トップアイドル・Re:valeの番組に呼ばれる。大先輩であるRe:valeとの本格的な共演はこれが初めて。挨拶のため、ビビり気味で楽屋を訪れた陸たちに対し、百と千の反応は……!?

出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ

2期にあたる今作では、ステージ袖でコンサートの開場を待つアイドリッシュセブン達のシーンから始まります。まるで1期のオマージュのようですが、雰囲気は少し異なります。
場面は開場を心待ちにしていたファンで盛り上がるコンサート会場。しかし、真ん中に立つセンターがいつもと違う事に気づいてファンが徐々にざわつき始める・・なんだか不穏な立ち上がりですが、これからの物語を予感させる印象的な冒頭シーンです。

リアルかつシリアスなストーリーが容赦なく展開されるのは、アニメの1期でお馴染みのスタイル。

これぞアイドリッシュセブン!と思うような始まり方ですね。

ついに冠番組を持つ人気アイドルグループに!

ついに冠番組を持つ人気アイドルグループに!

出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ

姿を消した伝説のアイドル・ゼロについて話し合うアイドリッシュセブン達。

そのゼロが使っていたコンサート会場・ゼロアリーナが改装となりもうすぐこけら落とし公演が行われるそうです。こけら落としとは、劇場が新しくなったときに一番最初にする公演のこと。大物を呼んで華やかに行われる事が多いので、ゼロアリーナにもトップスターが出演するのでは?という予想をして盛り上がっている最中にマネージャーが泣きながら帰ってきます。メンバーがそれぞれ自身が何かやらかしたのではと心配するものの、結局は良いニュースを嬉し泣きしながら報告してくれるというオチでした。

それもそのはず、ついに念願のアイドリッシュセブンが冠のレギュラー番組を仕事を取ることに!
事務所のみんなでお祝いです。それぞれの健闘を労いあうメンバー達。特にレギュラーを取れたのはバラエティ番組でうまく立ち回った三月のお陰だと、メンバー一同口々に三月を褒め称えます。もともと歌やダンスに対してコンプレックスがあった三月。トイレで嬉し泣きしちゃう三月と、気付かないフリでそっとしておいてあげるメンバーのシーンが印象的ですね。

アメリア
アメリア

1期を経てグループの絆を感じられるシーン!

初対面のRe:valeにビビりまくるアイドリッシュセブン

初対面のRe:valeにビビりまくるアイドリッシュセブン

出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ

冠番組が決まって張り切るアイドリッシュセブン。大人気トップアイドルのRe:valeの番組に番宣としてゲスト出演することになります。
Re:valeは明るく陽気でバラエティなどでも大活躍の百、クールで落ち着いた雰囲気で演技派俳優としても大絶賛されている千の2人組として知られています。アイドリッシュセブン達にとっては今回が初共演のため、正式に挨拶するのはこれが初めて。音楽界の大御所として怖い噂もあり、Re:valeへの楽屋挨拶を前に震え上がるメンバー達。まるで討ち入り前のような雰囲気です。

不機嫌そうな顔と威圧的な言葉で話しかける百。やっぱり噂通りの怖い人かと思いきや、実はアイドリッシュセブン達をからかうためのいたずらでした。千も気さくな雰囲気で拍子抜けするメンバー達。良い雰囲気で収録に向かいます。

アメリア
アメリア

すごい優しそうな先輩でよかったー

トップアイドルRe:valeは流石の貫禄

トップアイドルRe:valeは流石の貫禄

出典:「アイナナ製作委員会」公式ページ

リハーサル中に思うように声が出せずテイクを連発させてしまうセンターの陸。プロデューサーから厳しい声が飛ぶなか、すかさず休憩を入れてみては?と場を和ませてくれるRe:vale。休憩の合間にもアイドリッシュセブンのメンバーのそれぞれに優しく背中を押すような言葉を掛けます。

トップアイドルとしての気遣いや意識のレベルの高さに感心しきりのアイドリッシュセブン達。番組の出番を終え、Re:valeのライブパートをスタジオから観覧します。歌でもハイレベルなパフォーマンスを見せるRe:valeにただただ圧倒されるしかありません。

アメリア
アメリア

まさかエンディングがああなるとは!

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』第1話のTwitterでの評判・口コミ

 

#アイドリッシュセブン Second BEAT!

 

『アイドリッシュセブン Second BEAT!』第1話を見た感想まとめ

初登場のRe:valeでしたが、さすがの貫禄でしたね。
1期と同じく、テンポの良い掛け合いで物語がどんどん進んでいくので安定感があります。
演出面では最後のRe:valeがライブ収録を始めるタイミングで、「silver sky」のエンディングがかかりましたね。流れるような場面転換が見事でした。アイドル物ということで歌やダンスシーンも見どころの一つです。今後の展開も楽しみですね!

 

→ 次の話 【アニメ】アイドリッシュセブン Second BEAT!の第2話あらすじ・ネタバレ感想

コメント