【決定版】おすすめアニメ120選
スポンサーリンク

とある科学の超電磁砲の人物相関図!登場人物・キャラクターの一覧を解説

とあるシリーズ

 

食蜂操祈(cv.浅倉 杏美)

食蜂操祈(cv.浅倉 杏美)
常盤台中学二年生。学園都市第五位の『超能力者』で、能力は記憶操作から読心まで精神操作なら何でもござれな『心理掌握メンタルアウト』。 中学生らしからぬ抜群のプロポーションのみならず、常盤台最大勢力を誇る『派閥』の長として大きな影響力を持っており、構成員からは「女王」と呼ばれることも。 美琴に対しては牽制のためか、からかうように絡むことが多く、その能力を含めて警戒心を抱いている。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

キラキラした瞳に長い金髪と可憐な見た目とは裏腹に、性格は陰湿で常識に欠けているところがありますがそのギャップが面白いキャラクターです。
しかし根は悪い人ではないらしく、派閥メンバーから慕われています。
美琴とは反りが合わない所が多く、ちょっとした犬猿の仲っぽいです。
黒子達から美琴に関する記憶を消したりととんでも無いことをしでかしてくれましたけど、それもまた理由があったからこそと分かって一安心。
意図せず御坂妹をかくまってくれていたりもしましたし、ドリーとの話を見てもなんだかんだで悪い子じゃないんだろうなぁ。
VS木原戦での頭の回転の早さが凄まじすぎて、あの木原を出し抜くことに成功した時にはついこちらまでガッツポーズしちゃいました(笑)

 

婚后光子(cv.寿 美菜子)

婚后光子(cv.寿 美菜子)
常盤台中学二年生。能力は空気の流れを操る『空力使いエアロハンド』で、強度レベルは『大能力レベル4』。婚后航空のひとり娘として、並々ならぬ努力の末に常盤台中学に編入。周囲の名立たるお嬢さま方に後れを取るまいと必要以上に強がることも多く、当初は『派閥』形成に躍起になっていた。自信過剰で高慢に見えることもあるが、基本的に友達想いの素直な娘。純粋培養のお嬢様ゆえに世情に疎い部分もあり、勘違いが重なってトンデモな行動をとることも。現在はかつて父から授かったアドバイスの本当の意味に気付き、友人との関係構築を大事にしている。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

最初は美琴の引き立て役のような存在でしたが、1期の最終話、最後の決戦でも登場しヒロイン級の活躍へと昇格していった人気メンバーの一人です。
美琴との二人三脚では息ピッタリのシーンを見せつけ、華麗なるゴールを決めていましたね!
初登場シーンのことを思いだすと、今の性格の良さを見て成長を感じます。
今回なんて、黒猫ちゃんをかばって馬場にボコボコにされるシーンを見たときには、いつの間にこんなに心優しい女の子になったのかとつい感動しちゃいました。
美琴がボロボロになった婚后さんの姿を見て激怒したのもよく分かります。

 

湾内絹保(cv.戸松 遥)

湾内絹保(cv.戸松 遥)
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。水の流れを操る『水流操作ハイドロハンド』系の能力で、強度レベルは『強能力レベル3』。以前、繁華街で絡まれていたところを美琴に助けられたことがあり、陰ながら彼女を慕っていた。常盤台純正のお嬢さまらしく素直でおおらかな一方、多少のことでは動じない肝の太さも持っている。裏表のない性格ゆえか思ったことは素直に口に出すようで、ときに大胆発言が飛び出す天然さんな一面も。現在は自分を『派閥』に誘ってくれた婚后と良好な友人関係を築いている。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

お嬢様、のはずですがどこか抜けていて、派閥入りした理由も馴染めずに婚后に誘われたからというネガティブなものでした。
ですが今では本当に婚后さんのことを慕っていて、今回婚后さんが馬場にやられた時には、見事馬場を撃退。
泡浮との相性がばっちりで共闘するシーンが素敵でした。

 

泡浮万彬(cv.南条 愛乃)

泡浮万彬(cv.南条 愛乃)
常盤台中学一年生で黒子のクラスメイト。水泳部所属。能力は対象の周囲の浮力を操る『流体反発フロートダイアル
』で、強度レベルは『強能力レベル3』。同じ部の湾内と行動することが多く、偶然、転入してきたばかりの婚后に誘われた『派閥』に興味を持ったことから友人となる。湾内同様、包み込むような温かさで婚后に接しており、よい友人関係を継続中。慎ましやかで穏やかな常盤台の一般的な生徒だが、婚后や美琴との交流を通して影響を受けているようで、たくましさを身に付けつつある様子。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

ケンカしたことがなく温厚な性格ですが、婚后のために怒りを露わにするなど友達思いのシーンが印象的です。
湾内と同じ水泳部に所属しており、能力は浮力を操る力。

 

上条当麻(cv.阿部 敦)

上条当麻(cv.阿部 敦)
第七学区のとある高校に通う高校一年生。成績は赤点レベルの補習常連、『無能力者レベル0』で能力は不明だが、どんな異能の力も打ち消す『幻想殺しイマジンブレイカー
』という力を右手に宿している。困っている人を見過ごせない性格で、美琴と知り合うきっかけもお節介から。その際に右手で電撃を防いでしまったことで目を付けられ、何かにつけて美琴に勝負を挑まれている。極度の不幸体質で大小さまざまなトラブルに巻き込まれまくる。例外的に女性との出会いに恵まれているが、女心の機微に疎く、幸運を享受できていない。

出典 「とある科学の超電磁砲」公式HP

とある魔術の禁書目録シリーズにおける主人公
無能力のレベル0とされていますが、実はどんな能力も打ち消すことができる能力を右手に宿しており、とあるシリーズではこの能力が炸裂しています。
超電磁砲シリーズでは美琴を助けるために登場する事が多く、成敗するときは男女を問わず顔面パンチを食らわすなど、男女平等主義者といえますね。
温厚な性格の持ち主でのほほんとしてる印象がありますが、かなりの不幸体質でトラブルに巻き込まれることが多々。
美琴をはじめ女性に好かれる事が多いですが、その辺りはかなり天然で鈍感で、今回も美琴と大覇星祭後のダンスシーンでもときめきな展開には至らず…。
黒子に邪魔されなかったらもしかしていい感じになってたのかもですが、まだまだ先は長そうです(汗)

アメリア
アメリア
スポンサーリンク
   

お知らせ

アニメ雑談部屋をLINEオープンチャットで作成しました。誰でも歓迎!アニメ好き大歓迎。 ぜひ気軽に参加してください(匿名OK)
ここから入れます↓
この記事を書いた人
星原

アニメ、声優、ゲーム全て最新の情報を把握しています。そしてライトノベル、コミック、月刊誌、週刊誌等、アニメなどの人を楽しませるメディアを大事にしています。最近は過去にあったアニメやゲームも楽しんでおり、最新だけではなく昔も大切にしています。

Follow Me!
とあるシリーズ
スポンサーリンク
参考になったらSNSでシェアして下さいね!!
アニメガホン

コメント

スポンサーリンク